どうか君が Be my last◆春の雪

hy.jpg

こんばんは、akaneです。
まずは最近の色々。

・「おかしな二人」を見に、東京遠征をするぜ!
だってみつるくんが出るんだぜー!やったぜピーピー!でございますよ。
東京に行った際にはですね、おっさんみたいな歩き方の女性の方がいましたら、それはワタクシですのでどうぞお声をかけて下さい。

・月組全ツが始まりました。
まさるりの愛短を期待半分、ドキドキ半分で見に行く予定です。
千秋楽でわりかし良い席(自分の中でね!皆様からみると大したことないよ!)とったもんねー!まさかの梅田公演が平日の週半ばという鬼スケジュール!無理やり休みとったらその後の勤務が大変なことになったわ!罪なやつねまさるりさん!

・博多座銀英の出演者決定。
主要メンバーの半分が梅田組ということで、役のシャッフルがどうなるのか楽しみです。
多分オヅキくんはオーベルでしょう。まぁくんはキルヒ固定で、ヤンはまさかのカイくんか。ひぃぃいいカイくんがヤン!!(いや知らんけど)これは見に行くしかないか。いけるかなー行きたいなー。一日でトンボ帰りするか!つーか人数が物凄く少ないのだけれどもこれで大丈夫なのかしら。ま、大丈夫か。(適当に言う俺)

・「嵐にしやがれ」に宙組7人登場。
いやー、面白かったです。面白かったので是非みて欲しい。
ほんでもって、まぁくんのイケメンさに震えました。いやいや、まぁくんがかっこいいのは知っていましたけど、どっちかというと声とか立ち姿がかっこいいと思っていたのよ。顔はどちらかというと、目力に圧倒される感じだったんですが、それがどうでしょう。物凄いかっこよかったんだが。イケメンというより、なんだろうな。綺麗なお兄さんというか。いやー、まゆゆ見る目あるわ!(えらそうに)
そして最後のレビューのにのみやさんの娘役トップポジにウケました。なんて気だるい娘役トップなんでしょう(笑)


さてさて、本題へ。
みりおくん主演、「春の雪」に行って参りました。
相変わらず宝塚さんは、ワタクシの知らないものをピンポイントでやってくださいますので、今回もいつも通り原作を全く知りません。
春の雪が映画化した時、流行の映画を見ることにはまっていました。なので、映画の予告で春の雪は何度も見ました。妻吹くんと武内さんが絡み合いながら「いけません…」みたいな感じで、バックにうただひかるのbe my lastが流れていたことは鮮明に覚えています。「見に行きたい!だれかいこーぜ!」と周囲に声をかけていたのですが、誰ものってくれず(akaneさんもしかして嫌われてるんじゃ…)当時は一人で映画に行く度胸のなかったakaneさんは諦めたのであった。たかたんたん。

生田先生って誰だっけ。という所からまず復習。
ふむふむ、ランスロットを書いた人か。ランスロ見にいけなかったんだよなー。そしてakaneさんは驚く。えっ、Bund neon上海の人なの?と。
あのネタ的な面白さがあってエー!マジかよ!エー!ホンマかよ!という展開オンパレードでだいもんのイケメンさがすさまじかったアレか!
そうか…あの生田くんが…。そうか。とても感慨深いです。なぜなら。

春の雪、素晴らしかった。

この一言に尽きる。突っ込みどころや、説明不足なところもあったけれども、舞台の使い方やセットの使い方、音楽、役者の素晴らしさと共に、物凄く魅了されました。どれくらい素晴らしかったかというと、全然泣き所じゃないところでぽろりんちょと涙が出るくらい、akaneさんの琴線に触れていかれました。

それでは感想いきます。
原作を知らないので自分の解釈や感じたまま好き勝手いってますが、原作知ってる人「こいつえらそうに何ゆっちゃってんの!はずかしー!プー!」なんて笑わないでね!

続きを読む »

彼らは鮮やかに去っていく。◆JIN-仁-/GOLD SPARK!

jin.jpg

こんばんは、akaneです。

先日放送されたオールスター感謝祭はなかなかワタクシの涙腺をぶっ壊して下さいました。
はじめこそ、まあ真咲ったら美しいわね!なんでみりおくんは出てないの!まさみり見せてーなまさみり!ひひぃぃぃんんんん!!といなないてた訳です。

ところがどっこい。突然のキムミミオンステージで、キムラさんの優しすぎるクリスタルボイスと、ミミちゃんの美しいお姿に転げまわるakaneさん。そしてキムミミの温かさに、もう死んだよ俺。正直死んだ。(どうでもいい)
キムミミが温かすぎて。素敵過ぎて。なんで宝塚のトップコンビってこんなに素敵なの。なんでこんなに泣けるの!とハンカチ握り締めて見ておりました。もうアレはスタジオじゃなかったよ。銀橋センターだったわよ。そして俺はSS席1列目センター。目が合った。絶対にキムミミと目があったからな!(すいません取り乱しました)

ほんでほんで。
ついに、行ってまいりました。キムミミサヨナラ公演。
発表から随分時間がたって、少しだけ心の準備はできていました。
しかしやっぱり、さびしいなあ。もったいないなあ。こんなに素敵なコンビが、もうやめてしまうのか。もっと夢を見せて欲しいというのは贅沢なんだろうか。

とりあえずショーの感想から。

プロローグ。
黄金のキムラさんが「いえ~い」だの「へぇへ~い」だと美声を響かせてくれます!ヾ(*´∀`*)ノ
そしてたらキンキラのゴールデンスパークな皆さんが出てきて総踊り!めちゃくちゃまぶしいわよ!
実は今日、キムミミのサヨナラ公演だから!と奮発して珍しく1階前方(端っこですけど)だった訳です。なのでゴールデンスパークな皆さんの客席降りが近くで見れて嬉しかったよー!しかしライトがまぶしくて近くにいたのが誰だかわからんという(まぬけ)
そしてここでakaneさんに大事件が起こります。わたくし、キンキラのちょむ子を探していたのですよ。しかしいっこうに見つからず(´・ω・)ってしてるとですな、なんと銀橋のヒメさんと目が合い、バチコーン!!とウインクを頂いたのです。akaneさんびんぼでいっつも後ろの方とか二階で見てるからさ…ウインクとか始めて食らったんだが……なになに、あれ毎回前方で見てる方大丈夫なの?心臓悪くしないの?俺…俺もうアレなんだけれども。ヒメさんに、本気になりそうなんだが。(割とまじめに)やべえなウインクの破壊力!そして観劇歴の中で初めてもらったウインクがヒメさん!いや、姫様!マイプリンセス舞咲!ラビュー!!!すいません取り乱しました。
というか、いつの間にか雪組さんにはキムラさん以下にチギまっつみっちゃんともみんコマ大ちゃん若手たち…とスターぞろい。おおおおうなんだなんだここに来てスター揃いじゃないの!雪組のってきてんじゃないの!大ちゃんでけえなオイ!

オルフェ
そして突然銀髪ロンゲのまっつが「オルフェとユーリディスは愛し合っていました」と解説を始めだす。なんやねん急におるふぇって誰やねん!なんて突っ込みは無粋です。my初日の人はみんなポカーンでしょうが黙って見ましょう。宝塚ではよくあることです。
ほんでいきなりユーリディス◆ミミちゃんは死んでおり、いきなり二人は引き離され、オルフェ◆キムラさんはミミちゃんを取り戻しに行くぞ☆となります。宝塚ではよくあることです。
悪いやつたちから彼女を取り戻したキムラさんでしたが、まっつが「地上に着くまで絶対に触れてはならない」とフリを行います。えー!そんなん絶対この後触れるんやん!なんて突っ込みは無粋です。そして割とすぐに触れます(笑)キムラさんはミミちゃんを助けようとして触れてしまうのであった!ドドン!絶叫のキムラさん。あらあら…この後どうなるのかしら…と思ったのですが、心配後無用!この場面は終了で次のK-popの場面に移行するのであった。宝塚にはよくあることです☆

Snow Beast
K-pop風味の雪男たちがわらわら。イケメンです。色男がそろっているのですが、やはりここはストレートにCHIGI推しでお願いします。(キリッ)だってこの人マジでかっこいいのよ。美しいのよ。
ちなみにGAOも結構イケてたからね。誰あのイケメン!と思ったらまさかのがおりさんですよ!てかGAOって(笑)ちなみにTOMOも暑苦しくて大好物でございます。結婚して欲しいです。(だが断れる)

Red Bird
エルドラード風味のみっちゃんが、赤い鳥の伝説を語りだします。結構セリフの多いショーですね。
キムミミ率いる赤い鳥たちは自由を求め、黄金の果実を求めて飛び立つ。しかし、その時ともみん率いる悪いカラスどもがなんとキムラさんを取り囲んでつつきまわす!なんて悪いんだ!(笑)
そしてキムラさんはダウン。嘆き悲しむ赤鳥たち。しかし、そこから倒れたキムラさんをの周りで、赤鳥たちはキムラさんだけに向かって歌いかける。客には尻向けてるんだよ。いやあ、いいよいいよどんどん向けてちょうだい。その一瞬は、舞台はゆきんこたちのものだけになった気がしたんだ。うまくいえないけどさ。「進む力をくれた。立ち向かう勇気を」「立ち向かうことが何より大事だと教えてくれた」とか言い出すからもう俺の涙腺ゆるむゆるむ!やめてー!泣かしにかからないで中村A!!(´;ω;`)

フィナーレ
黒燕尾がすばらしかった。本当に雪組の揃い方は圧巻だよ。美しいんだ。キムラさんチギ太まっつみっちゃんの4人の振りもよかった。ここの黒燕尾場面は本当によかった。ええい、うまくいえないので劇場にいくように!(投げる)

デュエットダンス
これが最後のキムミミなんだって思ったらやっぱりちょっと泣けました。幸せそうに踊る二人を見て、ああ、もっと見に行けばよかったなあ。とか、仮面の男やsamouraiも無理やり見に行けばよかった。フットルースなんかあと10回くらい見ときゃよかった。とか思ってたらもう泣ける泣ける。
ミミちゃんは本当に綺麗になった。いや、もともと綺麗ですけどさ。なんというか、本当にトップ娘役なんだわこの人、と思いながらしみじみと。お互いを見る目が本当に温かくて、優しい気持ちにしてくれるコンビだったなあと思います。最後、銀橋に行くときニッコリ笑うキムラさんにとどめを食らいました。ありがとうございました。

パレード
なんとちょむが近くにきてくれたんだよー!しかしなんでこの人最後やというのに下級生より後ろに並ばされてんの!なんで最後までちょむ全開なの!(笑)そしてこん時と同じように、ちょむ!こっちを見るんだちょむ!!!と念力を送りまくる俺!頼むちょむ子!最後なんだコレで!!とガン見していたのですが、だめでございました。笑顔で違う方向を向いておりました(笑)くっそー、最後までサディスティックちょむ子ね!でもそんなお前に惚れてたよ!ありがとうよちょむ子!らぶ!

続いてお芝居。

続きを読む »