マスクの奥に真実のカオがある。◆スカーレットピンパーネル

skpn.jpg

こんばんは、akaneです。
先日エリザのDVDを見てたのですが、DVD版てあひルドじゃないですか。私が実際見た時はたまたま2回ともみりルドだった訳です。なので、DVDで見てたらまさみりの絡みを発見。

ひげみりお「おいオヤジ、ワインをくれ」
マサキーニ「はいよっ」

……まあ、特に取り上げるほどでもないんだけどね!(・∀・)

さてさて。
無事、今週もスカピン来れました。
今日はワイルドホーン氏が観劇されており、終演後に組長の挨拶がありました。2階からでしたが必死で見たぜ生ホーン!かっけえ!

ところで、次回いくのは新公なんですがね。
紫くんのショーブランが想像できないんですが。あの優しげで眉の下がった紫くんが悪い紫になるなんて、akaneさんのちっこい脳みそではとても想像つかない。パパショーブランはすぐ想像できるんだけどなー。
りちグリットは楽しみすぎる。パパーシーもあんまり想像つかないんですが、楽しみですねー。
  
 
さて、本日は真咲アルマンにみりおショーブランだったわけですが。

みりおくん◆ショーブラン
みりおショーちゃん、まさかの髭つきです。顎にちょろっと髭がついており、いい感じにワイルドでした。
顔つきも「俺、悪いぜ」みたいな感じでブラックみりお全開。そして歌や声もどんどん男前度を上げていて、最初のショーブランのナンバーでは鳥肌が立ちましたね。ちえショーともまさきショーとも違う、ちょっと賢そうなショーブランでした。
でもまりグリットに振られるシーンはなんかマジでかわいそうだったんですが。「(愛したことは)ないわ」と言われた後、「はーっは…はっ…は…せいぜいなんとかかんとか!」みたいな感じで何かとにかくああ、駄目よまりグリット!彼はガラスのハートなの!まさに今ブロークンハートよ!とハラハラしました。(無駄に)
一番よかったのはマダムギロチンかなあ。鷹のように、も良かったんですが「われらの女神!!」とかかっこよかった。アルマンの時の純朴で優しそうな青年はどこへやら!アゴヒゲのブラックみりおに大変身でした。始まったばかりですから、これからどんどん良くなるでしょうね!

真咲◆アルマン
あの…あのね、ごめんね、一番最初の「ねえさ~ん」がちょっとカツオがサザエさんを呼ぶ時っぽかったんですが。(ごめんごめん)(マジで悪かった)
前回のクールでかっこよく、そしてちょっぴりどんくさい真咲ショーが可愛らしい青年に変身。
きりパ(きりやんパーシーの略です念のため)が「何を隠そう、俺こそがピンパーネルなんやで!」とぶっちゃけた時に「ええー!」みたいにびっくりしてる真咲マンが可愛かったのだ。そして仲間になりたいのにちょっと言い出しにくくてもじもじしてる姿が、何この可愛い奴!ふはははは!という感じでございました。(すいません)
やはり「フランスは近いぞー!」の声が少し枯れ気味で心配ですね。喉は本当にやられてたら治るのには時間と休養がいりますから、今のスケジュールではとても難しいと思う。頼むからジェンヌを大切にしてくれー。
話を戻して、すーちゃんとのカップルは意外と合ってました。むしろ真咲マンはマリーにベタ惚れのように見えたのですが。結婚式でみんなが踊ってる時も、あまり他の人とは話さずにマリーと二人でお喋りし、優雅に二人でダンス。我が家のとこでも幸せそうで、いいね、まさすー!と思いながら見てました。
最後にショーブランが捕まるところは「やったぞー!」みたいに嬉しそうで、可愛かったです。こーいうキャラのまさおくんは久しぶりですね。近年でいうとマジ鬱のレオーに近いのかな。レオーもものっそい好きだったのだ。
ちなみに最後のサーベルでのダンスのところ、真咲とリュウ様が喋れる演出があるのですが、とりあえずオペラグラスで見てると越リュウの言葉に「そーですね」と口の動いた真咲を捕らえました。そしてその後のまさみりは最高でした。二人の貴公子思い出して泣けてきちゃうだろうが。

そして肝心のみりショーのムチ場面。
ムチを手にしたみりおくんは、真咲をしばくのですが、なんというか「えいやー」という感じで、真咲ショーの「おらあ!」という感じではなかったかな。そういえばみりおくん、ラスプレ新公で紫を殴る時も「えいやー」という感じだったな。とにかくみりおくんのバイオレンスシーンは「えいやー」なのだ。そしてえいやーの後、「あいたあー」みたいなまさきち。あいたあーて。(笑)(←別に言ってねーよ)
まりグリットに「ねーちゃん革命を賛美する歌なんか歌うな!」と言って、真咲マンはみりショーに腹に一発お見舞いされるのですが、それも「あいたあー」という感じでちょっとおもろかったとか内緒である。真咲くん、いてまえキャラばっかやったので攻撃受け慣れてないんでしょうな(笑)でもまあ、期待通りおもろかったです。

きりまり話。
まりグリットは切ない心境をあらわす歌が2曲ありますが、パーシーは「祈り」以来「目の前の君」まであんまないじゃないですか。「愛の絆」は挟みますけど、パーシー単独じゃないし。とりあえず、まりグリットに騙されていたと思い込んでいたパーシーは、グラパンしたりおシャレしたりしながらも、何度も眠れない夜を過ごし、涙で枕を濡らしていた訳で。パーシーの台詞の中で、一番心が見える気がするのは「君とショーブランは、革命の同志だったんだろう」ってとこですね。「ふん、お前らまだ切れてなかったんやろ。俺を騙してたんやろ」と、英雄ではなく、普通の男性としてのパーシーが垣間見れて、結構好きなとこだったりするのだ。
ふふんパーシー、可愛いやつめ。(なんだこのしめ方)

としまな話。
我が家の場面では、カップルがラブラブしていく中、とっしーは一人でまなちゃんを待っています。まなちゃんは待ち合わせ場所を忘れたのか、うろうろ。おっせーなあいつ。迷ってんのかな、ととしくんが探しに行くと、待ち合わせ場所を思い出したのか、さっきまでとしくんが居た所にくるまなちゃん。移動してしまったため、そこにとしくんはいません。んもぉ~探しにいーこぉっと!とまなちゃんが探しに行くと、また戻ってくるとっしー。そこにまなちゃんはいません。俺、捨てられたのかな…としょげていると、まなちゃんがとっしーを発見。「とっしー!」と声をかけると、「あ!遅いよ!」「何よ!私はちゃんと来ました!」みたいな感じでちょっと口論になり、まなちゃんがぷいっとしちゃったんですが「…うそうそ。来てくれて良かった(はあと)」みたいに後ろからとっしーが抱きしめるの。
……何この素敵なカップル!!!はずかしい!

akaneさんのツボ語り。
・きりパの「祈り」で「狂いそうなほど胸は」の歌い方が好きすぎる。よく聞いてみて下さい。
・ショーブランとパーシーを会わせたくないまりグリットが手を広げてあわあわ隠そうとしてるところが可愛すぎる。
・フォークスさんがリアル貴公子でかっこ良すぎるんですが。そのくせ「君さえ良ければ僕の国で愛を育まないか。君が必要だ」がちょっと控えめで謙虚で、自信満々ではないところがまた良いのよ。わかったわかった、君の国に行くよ。(お前は来んな)
・まりグリットが公爵の居所を教えた確信を持った時のもりえったの表情がいい。
・「♪なのに、人間だけは~」のとこ、紫くんのポーズが可愛い。
・彼女sのシーン、りっちー可愛い。そして「でも本当のところ渋いイギリス紳士だという噂」の踊り覚えたい。(無駄に)
・前回も書きましたが、「栄光の日々」のまんたろうが真面目にすごいんですが。かっこいい。これはかっこいいわ。かっこいいのよ!(大事なことなので3回いいました)(見てね)
・よっしーの女装最強。今日もぷんすか帰って行かれました。
・ルイスンの歌は本当に安心して聞いてられますね。強めのサンシール公爵です。
・ルネ◆ほたこが可愛いすぎるー。彼女sに入れてほしかったなあ。
・ファービーが今日自分のことをピポー軍曹ではなくプポー軍曹だと言いましたね。プポーって…!!(笑)
・殿下、可愛すぎる。本当に子供に見えるよ。すごいなーちゃぴがんばれー。

見どころ絵。

inori.png

彼女を信じていた。だからどうしても否定して欲しかった。
だが駄目だった。
彼女は僕を、騙していた。



ではでは。
次回は新公。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する