まだ僕を、愛しているのか。◆スカーレットピンパーネル

skpn.jpg

こんばんは、akaneです。
本日スカピンmy楽でした。寂しすぎる(´;ω;`)

以前ちらりと言ったように、今日は舞台すら見たことのない友人Oを連れて行った訳なのですが。
Oは映画のアリスインワンダーランドを見に行った時に爆寝してたので、今回もそれをされると勿体無いと思い、先にこんな話だよ、というのを説明しました。
わたくし、映画や舞台やなんやらかんやらの説明する時にいつも分かりやすいように登場人物を実際の友人に置き換えて説明します。
という訳で、「あのな、主役の人がパーシーっていうねん。まあ、パーシーはうちな。ほんでショーヴランっていう敵がおるねん。それはアンタな」と傍若無人な説明を始めるakaneさん。
Oは私のそーゆー説明に慣れているので自分が勝手に悪役にされたにも関わらずふんふんと聞いていたのですが、「うちには奥さんがいるねん。じゃあそれはひらやまあやちゃんな」というと却下されました。なんでそこだけガチで可愛い子くんねん、と。しょうがなしに、私とOの共通の友達Tをマルグリットにあてはめました。ちぇー。
「まあ、うちとTの仲をアンタが邪魔しぃするわけ。つまり、アンタ邪魔なわけ」などと話は進み、一通り主要人物を友人に置き換え、1幕の大体の説明をしたわけなのですが。
舞台を見終わった後Oに大好評のakaneさんの説明(笑)「聞いといてよかったわー!」と。しかし突如「説明は分かりやすかったけど、あんな綺麗な人ら捕まえて自分らに置き換えるとか失礼すぎるで」などと真顔で駄目だし(笑)
そして面白かった面白かったと興奮するOに、「すごかったやろ、最後のうちとTのデュエットダンス!」というと「あんなにすごかったのにそう聞くと一気に台無しやわ」と真顔で駄目だし(笑)
まあ、楽しんでくれたみたいでよかったですわ。スカピン万歳。
 
そしてOは花粉症のためマスクをし、私の帽子を勝手に被りながら「ちょ、あたしの格好やばくね?タカラジェンヌと間違われるんじゃね?ていうかさっきからみんな振り返ってね?」とアホなことを言うので、こう言ってやったのさ。違うよ。多分、万引き犯と間違われてるんだよ^^

では以下、感想。

 
今まで散々色々感想書いてきたので、ピンポイントに。
友達や親と見る時はあまりオペラグラス愛を見ないので、今日は舞台全体を見ていました。

アドリブ編。
・おしゃれな衣装をお貸ししよう、のとこでみりおくんに「司会のおねーさんみたいな派手な服着て頭には月のなんかつけるのどーですか」みたいにきりパがいうと、「こんな髭では似合わないので」とみりショーが反撃。「髭にもつけて~」ときりパがいうと、「そんなに長くないので」と反撃するみりショー。そしていちいち二人の台詞がかぶる(笑)そしてみりショーの反撃を「しつこいねー!」終わらせるきりやん。いきなりの上から!(笑)
・そのかプリンスの「プリンスーです!(みやさこ風に)」と「御意にー!」のプリンスのややこしいポーズと同じポーズをとるのがめんどくなっちゃったきりパが「えー…(嫌そうに)御意に。(てきとー)」みたいな感じだったのに超ウケたw

むち編。
やってきましたみりまさビシバシシーン。
以前のみりショー真咲マンの時はみりショーの殴りなれてない感じと、真咲マンの殴られ慣れてない感じが面白かったのですが、今回は大分二人とも慣れてきたようで、それはそれで面白かったです(笑)
みりショーはうらあ!という感じが出ていていい感じに悪役してたんですが、もう真咲がさ、エロ恥ずかしいのよ。
ムチ2発目でぐったりするとこ、みりマンは「ぐはあ!」という感じじゃないですか。何故か真咲くんは「ああ…」という感じなの。なんなの。なにコレ。なにこの感じ。何を狙っているの?え?何なのよ?あ、すみません、取り乱しました。
とりあえず真咲マンのキラキラさと変な前髪と(笑)ピュアな感じと姐さんマリーにホの字な感じがすごく好きです。ああ、もっと見たかったなあまさみりショーアルマン。

マリー姐さん結婚してくれ編。
このたびはすーちゃんがマリーをやっているのですが(今更)もうマリーさんが素敵過ぎて素敵過ぎて、思わずさん付け。笑
だってもう初っ端から超男前なの。そんなに男前やったら横にいるアルマンがへたれなのバレちゃうよ!
強くて優しくて、とても熱い女性。シャルルに「あなたのアルマンもきっパーシーが助けてくれるよ」と言われて涙ぽろりのシーンは思わずこっちもぽろりしそうになります。姐さんんんん!!という感じで。
ああもっと語りたいんですが長くなっちゃうので、後で一人で壁に向かって語ろうと思います。ぶつぶつ。

きりまり最高ひゅぅひゅぅ編。
きりやんとまりもちゃんの声に少しお疲れの色が見えて心配なのですが、本当にこの1ヶ月間走りきったお二人だと思います。まだ終わってないんだけどさ。
何度見ても二人の場面は好きすぎるんだ。「物語のように」を歌いながらきりパに胸を打ちぬかれるまりグリ、「祈り」と「目の前の君」を歌うきりパが大好きすぎるんだ。声がかすれても歌い上げるきりやんに涙が出そうでした。ああもう月組最高だ。
幕間、Oは「いや、分かるで。分かるけどな、でもやっぱT(=まりグリ)居場所教えたらあかんわ。あたし(=ショーヴラン)がそんな約束守るわけないやん。しかもなんでakane(=きりパ)に言わんの?そしてなんでakaneもTに言わんの?もーあんたらはホンマ」などと何故かぶーたら言われる。いやいや、もとはといえばお前(=ショーヴラン)が悪いんだっつーの!

みどころ絵。

grapan.png

グラパンの顔は想像で書いたので適当なんですが、どんだけ毛のイメージ強いねん(笑)
「ひとかけらの勇気」を歌うマルグリットを見つめるグラパンの顔が、パーシーの顔になっているあのシーンが大好きです。

ああ、結構通ったのに早かったなあスカピン楽。
新生月組最高でした。もっともっと見たいぞー。うがー。
そしてついに手元のチケットはゼロに。ひぃぃぃ。どーしよう。

ではでは、またいつか。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する