チャオ、ラテン・ラヴァー◆ヴァレンチノ

717821.jpg

こんにちは、akaneです。
最近なんやかんや忙しく、さっぱりヅカ様から遠のいていました。なのでヅカ情報から超置いてけぼり。昨日ふっと見てみて、まよまよォーー(゜つД`)゜となってました。あのオサレで渋いおっさんまよ子もついに卒業かあ(´;ω;`)ちえごんひとりになってしまうよ(´・ω・`)

さて。
歌劇読む限り芝居で絡みなさそうでしょんぼりしたので敢えてまさみり話をぶっこんでみる。
誰も聞いてないけど私がまさみりラヴァーな理由の一つに、正反対のくせに妙に合ってるとこが挙げられる。真咲くんは個性が強く、たまによく分からん発言をする。多分自分の中では分かってるんでしょうけども。それにチギ太やキシンおじさんやakaneさんは置いてけぼり。ところがみりおくんは「そうなんですよね」と答える。単に分かったフリをしてるのでなく、その続きに自分の意見を述べ、「そうそう~」と真咲が答える。ちゃんとキャッチボールができてる二人が大好きです。はいはい長い長い。

さてさて。
宙組さんDC初日行ってきたよ!(´∀`*)
バウの方は大変難しいよ。みっちゃーん(´・ω・`)

感想です。ネタバレ含むよ。

 
全体的な感想として、なかなか良かったです(*´∀`*)
最初らへんの展開の早さとかリングでの記者会見にはびっくらこきましたが!笑
気持ちが少し重くなる所もありましたが、最後の映画のような終わり方もすごく良くて。ちょっと泣いちゃったよ。いつもどおりだよ。

ぷりてぃーゆひくんには誰も勝てない、の巻。
1幕、とにかくルディー◆ゆひくんが可愛い。なんだあの可愛さ。くっ、思わずリピートしたくなるじゃねえか。(だが金はない)
カタコトのゆひくん、自分の長ったらしい名前をしれっとペラペラ言うゆひくん、デ・ソウル◆ともちんとビアンカ◆えっちゃんの揉め合いにびびりまくるゆひくん、エキストラのオーディションに超頑張ってトライするゆひくん、ジューン◆すみかちゃんの庭のオレンジを盗もうとしてすみかちゃんに銃を突きつけられ、「たんま!」っていうゆひくん。初めてナジモヴァに会う前に「どぉかなぁ、おれ」と弱気な感じのゆひくん。
だめだ、文字では伝わらない。劇場へGOだ。ぷりゆひが見れるのはDCだけ!

美しい声の彼女、の巻。
とにかくすみかちゃんの声は綺麗。話す声も、歌う声も、全てが美しすぎて涙が出そうです。
彼女のナンバーで好きなのは2幕の初めの方のやつかな。みんな聞いてね。
今回のすみかちゃんの役は、かなり好きでした。決して強くはないけれど、温かくて、陽だまりのような人だとakaneは思いました。(作文)
ルディーがナターシャとインスピレーションがなんちゃらと歌う時も、ばかばか!ルディーのあほたれ!ナターシャじゃなくてジューンだろ!とぷんぷんしておりました。(だが何も起こらない)
再びルディーとジューンが手を取り合う所ではakaneさん大盛り上がり。それなのに、ルディーは死ぬ。ルディーの死は、ジューンに電話で知らされる。彼女は黙って、観客に背を向ける。言葉はなくても、背中で分かってしまうところが猛烈に悲しい。すみかちゃんにはいつも泣かされます。てな訳でここで泣いたよ。

カイくん女役をする、の巻。
このたび、akaneさんが密かに応援しているカイくんがナターシャ役をしております。アパショであいあいとかアリスちゃんがやってた長いたばこもってるおねーちゃん。カイくん、遠目で見ているとスタイルが良くて顔がちっちゃく、めちゃくちゃ素敵です。顔はやっぱ男役の時の方が好きかな。声もちょっと低めでナターシャの大人っぽさに合ってたと思います。娘役演技もなかなか良かったよ!
ナターシャとゆひくんは求めているものが違いすぎて、それが哀しかった。ナターシャの気持ちもなんとなく分かるし、ゆひくんの気持ちも分かるし。ナターシャはゆひくんとの「成功」を求め、ゆひくんはナターシャとの「家庭」を望んだ。そら上手くいかんわなあ。ラスキー◆すっしーに「出て行け」って言われた時のナターシャの表情と、「今朝…骨が割れていたの。私たち、終わりね」と言ったナターシャが哀しかった。きっと彼女は、新しい男にもインスピレーションを求めてやっていくんでしょうね。

みーちゃん良い奴すぎる、の巻。
ジョージ◆みーちゃんは、面白くていい奴で、とてもかっこいい人でした。好きだったジューンがルディーに恋をしたと知った後も、嫉妬や恨みなんて1ミリも出さないばかりか、いつもルディーの味方だった。ルディーが引き抜かれたせいでクビになったのに、「いいんだ、ほんとにいいんだ」とかもういい奴すぎるやろ。記者たちを追い返したり、ルディーのためにジューンに会いに行ったり、ボクシング記者会見に付き合ったり、自分の滑稽さに肩を落とすルディーを励ましたり。でも「もう二度と、ジューンを泣かせないだろうな」とルディーに言った時にはぐっと心を掴まれました。なんだこのイケメン。アリス、いい男捕まえたわね!
最後、「僕は、このジューンの遺品のタイプライターで、彼らの回顧録を書く」とまっすぐな目をして言うみーちゃんに拍手喝采でした。マジでかっこいいわみーちゃん。

彼の物語。
イタリアから出てきたルディー青年は、大きなオレンジ園を手に入れることを夢見ていた。でもその人生は大きく転機した。理想ばかりじゃなかった。それでも彼は最初から最後まで本気で生きていたのが泣けるんだ。ボクシングリングで自分を侮辱した新聞記者に決闘を申し込んだのだって、本気なんだ。ともちんマフィア一味にぼっこぼこにやられて、ボロボロでよれよれになった彼が、浮浪者の持っていたオレンジを見て、「アランチャ…」と歌うとこでもうakaneさん撃沈。ルディーが死んだ時は衝撃過ぎて、更に撃沈。アランチャ園を作るんじゃなかったのかよォォォオオ。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚
最後、田舎スタイルのルディーがジューンの庭でオレンジを盗んだ、二人の出会いのシーンで終わるのが、まるで映画のシーンのようでした。しかも、一度目と違い、手をとって終わるんだよー。ああああなんだこれ綺麗すぎだろ!(´;ω;`)

その他。
・ラスキー◆すっしー、相変わらず渋いおっさんです。
・下級生にもいっぱい役や台詞があっていいな!
・オーデのシーンの大女カケル、ゴリラ過ぎる。(笑)
・メロソープ◆あもたまに私も占ってほしい。「大きな城を建てる…だが誰も住まない」が切ないわ。
・ナジモヴァ◆せーこちゃんがめっちゃ好きです。だってこの人良い人すぎるんだもの。空気の悪いナターシャとルディーの間でパスタをすする彼女が愛しすぎました。(笑)
・ゆひすみ好き過ぎる。幸せになれよう。


見どころ絵。

arancha.jpg

30分で描いたらえらいことに。
けどこのシーン泣けるんだよう。

ところでね、あのね、ナイトクラブのシーンでカケルばっかりオペラで見てたらね、その次の瞬間には「こんなに侮辱されたのは初めてだ!」のシーンになっちゃってたの。つまり、何があったか全く分かってないの。超気になるの。大事なところをを見逃すのは今年はやめようと思ってたのに…くっ。


それではでは。
次はバラの国。きりまりまさみり女装マギー楽しみ!(笑)

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する