「愛しい人よ、私に光を求めないで」◆バラの国の王子/ONE

033435.jpg

こんにちは、akaneです。
わたくし、大失態を犯してしまっていたことについ数時間前に気づきました次第でございます。
まさみりコンビのMAD動画をですね、一度非公開にして色々した後、公開にするのを忘れていてですね。
しばらく見れなくなってたみたいでございます。もしあのへっぽこ動画を見ようとしていた方がいらっしゃれば、本当に申し訳ありませんでした;;
という訳で今後ともよろしくお願いします。


そして次に、重要なお知らせです。

みりおくんの「龍さん」呼びが

ついに

「まさきさん」呼びになったことを

お知らせ致します。


(えー!マジで!ついに!すごいなあ!どやどや!)

気づいてなかっただけで前から呼んでたのかしらん。
まあでも、やっぱりメディアでは「龍さん」呼びになりそうな予感。がんばれみりおくん。応援してるぜ。(いらん)

では、以下で感想。


お芝居のほう、やはり2回見ると違いますね。2回目のほうが断然面白かった。
確かにコーラスでの説明はくどいのですが、なんかもう、アレだな。慣れだな。笑

不思議少女ベル。
ベル◆まりも先輩は、たまにとっても不思議なことを言ったりしたりします。
どうしよう、食べられてしまう…!!と怯え、苦悩していると、虎やライオン、ジャガーやチーターらがゾロゾロ出てきます。ベル、テンション駄々上がり(笑)ほんの10秒くらいで物凄い変わりようです。鹿や猿に向かって「跳ねてー!!踊ってー!!」とリクエストまで。不思議少女、ベル。(きゃぴるんっ)
そして野獣との再会シーン、「とんでもない、おばかさんよ」と「おばかさん」を連発。や、やめてー!涙がひっこむー!(笑)牢屋ではちゃんと「ばか、本当にばか!」とちゃんと「ばか」っていってたじゃない!説明コーラスより何よりうぉぉおおキムシンんんんん!!と思ったのはここです。不思議少女、ベル。(きゃぴるんっ)
そして「私はとてもおばかさんでした」と乗ってあげるきりや王子は優しいやつだと思う。(笑)

KY王子まさき。
もう真咲がさー、最初のひげ王様の時にさー、りっちーに暴君に変えられちゃってマントを脱ぎ捨て「はぁーっはっはっ!」となるとこで赤面よ。(なんでやねん)まさきのあの笑い方って独特よね。
そして青年まさき王はね、あのね、別にそんなに悪いやつじゃないのよ。ただ、KYなの。空気が読めないの。だからめっちゃ遠まわしに結婚をお断りしてるまりも先輩に「つまり…どうなんだ?」とか聞く。気付け、真咲。断られてるんだよ。みたいな。(笑)そんで自分が求婚している相手に向かって「野獣と暮らした君に、求婚してくるやつなんていない」と。いや、お前お前!みたいな(笑)というかなんだこいつ、デリカシーのかけらもないな。どうしようもないやつだ。極めつけは最後のどっちが王かの時に完全に負けポジにいるのに「やはり…私か」とドヤ顔のまさき王。ち、ちゃうちゃう!真咲!隣のもりえった見てみ!青筋立ってるから!みたいな(笑)
もりえったが剣を抜いた時のまさきのよけポーズがかっこいいです。あ、今までの芝居で一番ここがかっこいいじゃん!っていう(ええー)王冠を返すところや、りっちーの肩を抱いて「母上…」と歩いていく所もなかなかよいぞ。
ところで、真咲くんは本当に高音が綺麗だと思う。KY王、自慢は歌唱力である。(だだん!)

きり野獣スペシャル。
もう野獣さんがいい人すぎて切なすぎて涙がキラリですよ。子供の頃、母を奪われバラを奪われ姿を奪われ…でも彼の心は全く綺麗なままで。そして、きり野獣がベルに告白したのは、きっと本当に好きだったのもあるだろうし、家臣を戻してあげたい気持ちもあったんだろうな。ベルはきり野獣の事情なんて全く知らないし、本で読んだ「同情と愛情は違う」ということをそのまま伝える。「愛してはいません」と。
そのベルによぉぉぉ野獣さんはよぉぉぉ「ありがとう」って、いうんだぜえええ。゚(゚´Д`゚)゚。悲しみに打ちひしがれた姿は、決して見せない。言葉をもたない動物になりたい、というきり野獣は、ベルのことはひとつも責めていない。ひとつも負の感情を彼女に持っていない。そして、彼女を帰した後、家臣たちにいう。「誰も森を出てはいけない。彼女が帰ってこなくても、迎えにいってはいけない。そして彼女が帰ってくるまで私の部屋には誰も入るな。1週間たって、1ヶ月たって、、3ヶ月たった頃には、私はこの世にいないだろう。彼女が帰ってこないなら、私も旅立つときがきたのだ」と。
き…きり野獣ううううウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!
衰弱したきり野獣は、ベルが帰ってきたときに「私は、あなたがもう帰ってこないと思っていました」という。本当にそう思ってたんだろうな。ベルを送り出したときから死ぬ気だったんだろうな。
そして、王の軍に取り囲まれた時にベルに言う。「行って下さい」と。
き…きり野獣ううううウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!
それでも野獣にしがみついて愛を告げるベルにも泣ける。「あなたの妻に!」とか野獣にいえるか?でもベルは言った。そして、きり野獣はきりや王子に変身。ちゅーで終わるハッピーエンドによかったねええええ!と拍手喝采のakaneさんでございました。

光を求めたのは。
ポスターにさ、「あなたの心に宿る光でわたしの闇を溶かしてほしい」ってあるじゃない。
あれって誰の声なんだろう。普通に考えれば野獣→ベルだと思うけどさ。でも、ベルの心のくすみを溶かしたのも野獣だと思う。ベルは、本当は強い女性ではなかった。自分では何も決められない、本の世界に逃げていた、夜中に何度枕を濡らしたか、と吐露する。野獣も醜い姿でこれまで家臣らだけと過ごしてきた。そんな二人が、お互いに助けられ、お互いの温かさに触れ、二人で勇気を出そうと告白する。そして最終的に、お互いの闇は、お互いの光が溶かして消えた。

その他のポイント。
・家臣の男たちの髪型がみんなびしっと決まっているのが家臣ぽい。誰も前髪ハラリさんがいない!
・みりタイガーが可愛すぎる。ベルにごろにゃんするのも、ベルに事情をもらしかた家臣たちを制する姿も素敵だ。彼が「泣かないで」って歌うところが一番好きです。
・輝城みつるくんの歌声がものすごい好きです。
・鹿るうくんが可愛い。いちいち鹿飛び移動です(笑)そんでお調子ものなのですぐにチーターとしくんに「もーおとなしくしとけっ!」てされてるところがまた可愛い。
・ベルになかなかチーターって言ってもらえなくてしょげてるとしくんも鬼かわいい。
・マギー&すーちゃんねーさんたち、イキイキし過ぎです。笑
・こしりゅうパパが前回よりも落ち着いてよかったです。


ショーの感想。
・プロローグは比較的派手ではないのですが、パンツ姿のまりも先輩がかっこいいんだ。そしてまりも先輩ときりやんのダンスのかっこええこと。ダンサーカップルかっけえええ。

・まさみりカントリーマンはもう可愛過ぎてじたばたじたばた。スロット回す二人も可愛いんだがとりあえず最初の銀橋が可愛いんだ。ほんで肩組んだりこづきあったりさー。パリ空の新公を思い出すよ。二人とも、お金持ちになったらそのちりちり頭とファッションセンスを変えちまってくれよな!笑

・ピアノコンチェルトの場面、チャイコフスキーのこの有名な曲はとても綺麗です。曲の背景は切ないんですが。ここでバンダナで踊るそのかが鬼かっこいい。本当にNO.1ダンサーだと思う。

・ギネスのとこ、みりおくんは緑のメガネ。どこで探してきたんだか(笑)ここ、目がいくつあっても足りませんな。みんな小芝居めっちゃしてるんだもの。特にマギーさんはテキーラ飲んだ後階段で可愛く寝たり人に絡んだり喚いたりもう大変。超イキイキしてるよ!(笑)とりあえず、マリオネットNO.1そのかだけがすごいと思う(笑)まさきくんに至ってはもう意味がわかりません。でもふぅっと息を吹いて笑いながら手を振って去っていく彼を見てポッ…となるのが悔しいな。(いえーい)

・ユニコーンの場面、すごく綺麗です。というかきりコーンが素敵なんだ。音楽もかっこいいし、意外にあのユニコーンビジュアルがマッチしてるきりやさんに感動しているんだ(すいませんでした)なんで、誰に撃たれたの、とかそーいうのはホラ、脳内完結で。

・宝塚はOnly One。今は、その言葉がとても響きます。


みどころえ。

sonoka.png

そのかのいない宝塚が、未だに想像できない。
宝塚のダンスのかっこよさと、夢と、笑いを、ありがとう。


ではでは。

 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する