見えない神様、僕らは祈らない◆双曲線上のカルテ

kr.jpg

どうもこんにちは、akaneです。
昨日はロミジュリの新公に出る夢を見たよ。(えー
akaneさん、あつかましくもロミオだったわけですが霊廟のシーンで爆泣きしながら「ロミオの死」を歌っていると、ファントムの格好した理世が真ん中のカーテンから出てきちゃったもんだから「ちょ!りせ!ファントムの出番はこの後やって!」と超焦りながら顔でしっし!とする俺。しかし理世ときたら「違うってファントムの出番はこの場面やって。間違ってるんは自分やろ」みたいなこと言ってくるもんだから「エー?そうやっけ…。やべ!間違ってたのはあたいか!ど、どどどど!」とどーしよどーしよ状態になってる時点で目が覚めて汗びっちょり。
くそー!りせめ!間違ってたのはお前だろうが!(理世くんごめんなさい)

さてさて。
雪組さんの双曲線上のカルテ行って来ましたヽ(・∀・ )ノ もーすぐ終わっちゃうのでギリギリ滑り込みよ!
行けねー行けねーくそー!へんだ、いいんだもん!といじけてたんですが、ひょんなことからチケットが手に入ることになり、ラッキーな展開に。やったね!

んで。んでだよ。
見終わってパンフ見て、そうか…と頭をかく。どうりで、芝居が終わった後の気持ちがフィフティフィフティを見た後と似ているわけだよ。ダーイシ、お前か。(お前呼ばわり)(すまん)
ワタクシ、アイタタ…な展開の際にデコに手をやるくせがあるのだけれども(例:コードヒーロー笑)正直何度もでこに手をやりましたわワタクシ。
なんだろうな、いいところとデコに手シーンが交互にくるわね!という感じでございます。まあいつもの如く原作を知らないので偉そうに言えないのだけれども。しかし言っちゃう!続きは以下で。色々ぶっこんじゃうわよ!
 
とりあえず突っ込みは後でします。
まずはフツーに感想。

フェルナンド◆早霧さんの美しさについて。
美しい。それに尽きます。なんてビジュアルに怖いものなしの人なんでしょう。あの長髪センター分けってたまに見るけど、あらあら…てなりやすい感じじゃない。それをあなた、完璧にしてるわよこの人。信じられない。もうなんか…勝てる気がしない!(勝つも何も)
主役のちぎたさん、見事に主役でした。ちぎたの芝居は好きなので、アホな学生どもをしばきまくるシーンでは泣きそうになったよ。ちぎたが本気すぎて。泣き崩れる学生たちに容赦なく罵声を浴びせる姿に。ほんと、そうなんだ。世の中わかってない馬鹿たれが多すぎる。だから私も飲み会のイッキコールに入った瞬間一気にさめる。いっきだけに。(うまくない)とにかく、今後イッキコールをしたやつがいたら、ばかやろう!ばかやろう!ばかやろう!と殴ってやりたいと思います。(だがヘタレ)
そんでやな。歌よ歌。これがね、全然気にならないの!それどころかうまくなったなー!って感じ。ちぎたさんの得意な音域の歌が多くて良かったよー。声質的に低い音域はアレだけれども得意なところではすごく安定してるのさ。ほんと、かっけーし芝居はうめーし歌も気にならんかったし最高じゃないの!役としての突っ込みどころ以外!(これはあとで)

ランベルト◆ともみんの暑苦しさについて。
ガハハハ!もうマジこの人おもっしれー!なんでこんなに暑苦しいの?!どんだけakaneさんをときめかせるの!てな感じでwelcome toともみん!二幕のチャリティーのとこなんか完璧にニューヨークラプソディーのアンソニーさんでした。アンソニーさんにこんなところで会えるなんて!ときゃぴきゃぴの俺!(きもいな)
とにかく暑苦しく、真面目の堅物で、いつも大声で、ちぎたに治療をするように言いに行くとこでも熱い芝居を見せてくれたともみんが大好きです。俺がせし子ならともみんと結婚致します。よろしくお願いいたします。(さようなら)

雪んこについて。
・クラリーチェ◆せし子…ひ、ひいいいいせし子美しいい…。な、なんやねんこいつ…本気やないけ…。なんちゅういい女なの!「夜、行ってもいい?」とか「泊まってもいい?」とか…。ど、どうぞおおおお!(うるさい) とにかく、もともと高かった声が女役では丁度いいというか。せしる姉さん素敵でした!私が病気でないフェルナンドならこっちとるなあ。

・セルジオ◆ハッチさん&ロザンナ◆まゆみ姐さん夫婦…おもしれー夫婦でした。まゆみさんのキレッキレなダンスも堪能。スケベ女好きなハッチさんも良かったです。せし子が助かってまゆみ姐さんが夫の愛人である夢華さんとナギショーにお礼を言いながら泣き崩れるところに泣けたよ。

・アニータ◆夢華さん&アントニーオ◆ナギショー…アニータはなんなんだろうと思ってたんですが、二幕で明らかになっていきます。てか、最初から愛人って明確に出しとけばいいのに。加えてアントニーオも最初から出してたら良かったのに。そしたら、せし子が倒れて移植~のくだりが「あーはいはい。都合いいわね」なんてならんかったのになあ。あ、突っ込みどころは後だったわね。とにかく夢華さんは上手い。小娘もいいかもだけど今回みたいな大人の女いいねえ。ハッチさんの愛人とか何歳差よ!(あっ)えーと、アントニーオくんはいい子すぎて頭をグシャグシャしたくなりました。おいでナギショー!(逃げるナギショー)

・チェーザレ◆朝風れいくん&ボーナ◆千風カレンちゃん…この夫婦は良かったなあ。夫が胃がんだと知らされていない夫婦。オペをしたって手遅れなのに、本人が望むならと、チギ太はオペを行う。いったん調子のよくなる夫。二人で将来の話なんかして微笑みあっている。でも、少しずつ夫は気付いていく。自分の調子が良くならないこと、自分は死ぬんだろうと。優しい嘘の中で夫は死ぬ。カレンちゃんはチギ太やともみんに「騙したのね!!」と噛み付くが、夫の真意を知り涙を流す。なんだこれ、こんなのだめだろ。ずるいぞ。泣かずにはいられないだろ。またカレンちゃんと朝風くんの演技がいいんだ。

色々◆ちょむ子(詩風翠くん)について。
この変なブログに来てくださってる方に、ちょむが大活躍と聞いてウキウキしていた訳ですが。いやもお、大活躍ってかもう3番手?くらいな?(しれっ)切っても切ってもちょむこが出てくるなんてなんて素敵なんでしょう少人数バウは!半分以上の場面に出てるじゃないの!革命のおっさん(ひげもじゃ)、金髪長髪アホ学生(ちぎたにボコボコ)、変なマネージャー(うざい笑)、雨のコロス(全身水色)、お医者さん(間違いなく研修医)、妊婦(ゴリラ)など盛りだくさんよ!セリフもいっぱいよ!マネージャー役では出てくるなりマイクがバチバチいっててちょむは生声。ひぃいいいちょむ子落ち着いてーーー!(お前が落ち着け)とあわあわしてたのですが、次に登場してきた時には「もーニーナちゃんはパーティに出れないしマイクはバチバチするしふんだりけったりだ!」とぷりぷり怒りながら可愛く去るちょむ。ひ…ひぃぃいいちょむ子トラブル処理上手ぅうう!とakaneさんは客席できゃわきゃわ!すごいわよちょむ!ほんでもって、初の女役があんなゴリラでいいの?と少し心配ですが(失礼)確かに高校の同級生にお産立ち会われたら嫌やわな!でっでも……夢乃くんになら…っ!(ぽっ)(いらん)
ちなみにこのシーンのゴリラちょむも素敵でしたが夢乃くんが白衣の上着を着ておらずケーシー姿だったんですが物凄いスタイルでこの人は外国人だと思いました。なんだあれかっけええええ!

主役カポーについて。
初バウヒロインのモニカ◆星乃あんりちゃん。…お恥ずかしいことにぜんっぜん知らないんだが何かakaneさんの記憶に残る役してたかな…。ちょっと後で調べてみよう。丸顔が可愛くて、フレッシュな娘役さんだなあとニマニマみてました。役柄的にも良くあってたと思います。
しかし、ですよ。しかしだな、いつこの二人は恋に落ちたんだい?え?もしかしてモニカが失神したとき?それか、モニカがチェーザレさんを抱きしめた時?なんか気付いたらラブラブだったんですが。そりゃまああんなイケメンドクターがいたら間違いなく惚れるだろうがさ。

まあ、とにかく一つ言いたいのはだな。フェルナンド、勝手だよ。フェルナンド側に立つとすごく気持ちは分かるんですが、本当に勝手だと思うよ。ともみんの言うとおりだ。あまりにモニカがかわいそうすぎる。末期の病気で、間違いなく近いうちに自分は死ぬ。でもモニカには言うな。なんだいそれ。モニカはどうなるんだい。大好きな人が死んでから、事実を知らされてさ。何もかも知った時にはもういないんだ。周囲は知っていて、自分だけが何も知らない。「どうして教えてくれなかったの!」そりゃそうだ。「…彼が、君を愛していたからだ」ふざけんなっつーの。モニカはどうするんさ。一緒にいたいなら、真実を言うべきだと思うし、言えないのなら一緒にいるべきじゃなかったと思う。私個人の意見は、ですが。

でもまあ、フェルナンド側に立つとクラリーチェじゃなくてモニカを選んだ理由はすごく分かる。クラリーチェは大人の女性で、フェルナンドが死んでから5年経っても独身でいる。きっと、もしクラリーチェと一緒にいたら、クラリーチェはフェルナンドの死をみて病んでしまうか、一生彼のことだけを引きずって誰も愛さなくなってしまうだろう。しかし、モニカはまだ若い。フェルナンドが言う、「彼女はあの明るさで、立ち直れる」というセリフ。はたから聞くとはぁあああああ!?てめっふざけんなよこのイケメンが!となるところですが、確かにそうなんだろうなあ。クラリーチェに比べると。確かに、彼女はフェルナンドとの思い出を胸に、新しい道を歩いていける気がする。若さと明るさで。フェルナンドの立場で考えると、自分の死期を全く気付かず、疑いをもつことなく騙され、無償の光を与えてくれるモニカは、最後の恋の相手には最高の相手だったんだろうなあ。
難しいね、恋愛って。(なんだこのしめ)

さてさて、いくわよ。
つっこめ!
・モニカの恥ずかしいモノローグやめてええええ!客席で悶えたわ!
・天使やめてえええええ!デコから手が離れんかったわ!!
・何もかもが唐突すぎるよー。突然アントニーオが出てきたり突然クラリーチェが倒れたり突然アイドルが出てきたり倒れたり忙しいわ!
・最後のベイビーは何なの!フェルナンドとモニカの子なの!?いつの間に作ってたの!(すまん)
・ダーイシ、さりげなく下ネタをちりばめてくるのをやめるんだ。ジェンヌに舞台上で言わせるのはやめるんだ!下ネタなら俺が普段言ってやる!(ドヤッ)

結論。
この作品を一言で言い表すなら、「感動シーンとデコに手シーンが交互にくるもののちぎたの美貌並びにともみんの暑苦しさ並びに雪んこの力ワザでねじ伏せたような気もする作品」よ。(一言じゃない)


見所絵。
amedama.png

僕は君を信じたけど 君が消えたらどうしよう
考えるととまらないよ 何もわからなくなる

いつか君と離れるなら いっそ忘れることにしよう
できるのかな 無理だろうな 離れたくないな

ねぇ怖いよ とまらないよ 上手に話せやしないよ
君は僕を 信じてるの 離れたくないな



拍手お返事です。
>フアン様
はじめまして、akaneと申します。コメントありがとうございました^^お返事が遅くなってしまい申し訳ございません。無事に誕生日を迎えることが出来ました。もう別にそれほど嬉しいものではなくなってきましたが(笑)お祝いコメントは大変美味しく頂きました^^更新の遅いへっぽこブログですが、お暇な時はいつでもいらしてください。お待ちしております!


さてさて。
次はサンテグさんかな。チケット手元にないけど。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する