君にありがとう。◆愛するには短すぎる/Heat on beat!

ah.png

こんばんは、akaneです。
キムラさん、ミミちゃん、ちょむ子、あんなちゃん。
宝塚卒業おめでとう。
東京でも頑張ってね。たくさん夢見せてくれてありがとな。おじちゃん、あんたたちのおかげでいそいそと劇場に足しげく通ってしまったよ。雪組はたくさんみたよ。本当に大好きだったよ。ありがとうね。
雪組千秋楽の日には家でしっぽり飲めない酒を飲んだよ。大好きな雪組んこたちに乾杯。


そういえば。
まさちゃぴでミーマイするみたいじゃないの。かーー、なんでだ。なんでなんだ。なぜ劇団は客のニーズとちょっぴりずれてるのだ。アーネストしてくれよアーネスト!そしてミーマイはちぎたのお披露目まで待ってくれよ!!という思いでいっぱいでございます。まあ、ちゃぴのサリーは泣けるだろうと予想できるけれども。「…できないと思う?」で泣いてしまうに違いないぜ。

さてさて。
akaneさん、しんみりモードでございます。
雪組のマイラバーたちの卒業だけではなく、リアルラバー(でもないけど)も卒業したんだぜ。
マジでロジェ/ロックオン!の時にすっぱり切ってやったらよかったぜばかやろー!水先輩のショーを邪魔しやがって!くっそーなんて優しいんだ俺!はらたつ!ムキー!(akaneさん落ち着いてください)

てなわけで、私アリョーシャのような人に出会えるまで待つことにしましたのでよろしく。(永遠にぼっちフラグが立ったようです)

えーいこんなどうでもいいことよりも、いってきたぜ月組全ツ千秋楽!!いえーい!休みとったぜ!この休みもぎとるために先週は6連勤したわよ!しかも頑張ってちょっと良い席!(自分比でね!)

それでは感想いくわよ!
まずはショー。

プロローグ
・いやー、ひーとんびー懐かしい。初演はいそいそ通ったわね…と思いながらほろり。
・金髪ショートのおにゃのこたちが可愛い。あいあいやしずくちゃん、おときちはもういないが、ちゅーちゃんに釘付けです。可愛い。同じakane だけあるわよね!(すんません)
・あれ、あのパパイヤ鈴木が出てきそうなフリ(わかるか)なくなってる??うげーなんでやねん!
・ばーん!と出てくるまさちゃぴが可愛い。中日できりまりが手つないで出てきたやつを思いだし、真咲の世代になったんだなあ…と感慨深かったです。
・客席降りではマギーとすーちゃんがかなり近くに!見てくれ!俺を見てくれ!と思いましたが気持ちよいほどにthrough!いえーいthrough!(なきべそかきながら)

監獄ロック
・ひいいいみやちゃんかっけえええ!爽やか!イケメン!抱いて!(すみません)
・アーサーがかっこいいけど変な服(笑)
・このロック場面はまさみりを思い出すよね!というか恥ずかしい真咲をね!(笑)
・歌い上げるとこ、みやちゃんふつーにイケメンなんだが。なんというか、シンプルに攻めて参りました。みりおくんはシャウト、そして我らが真咲くんは赤面攻撃でしたよね!俺様客席でジタバタしてしまったよ!懐かしい!

椅子のシーン
・この場面の解説って初演のときに歌劇に載ってたんやったかな。なんか勝手にこれはこーいうストーリーやねんな!とめちゃくちゃな感じで理解した気になってた気がするのだ。
・いやー、それにしてもいいの?こんなゴールデンタイムにあんなに椅子と卑猥なことしてる越乃さんいいの?大丈夫なの?akaneさんは皆さんが動悸およびめまいで倒れてしまわないか心配です。
・いやー、音楽いいよなーこの場面な!
・影ソロが上手だったんだが誰だろう。りっちーが歌ってたとこのやつ。今回パンフ買ってないから分からんのよね。
・ちゃぴこ嬢の美しいこと!やっぱりあのリフトは盛り上がりますな!

柱からダルマ男たち
みやちゃんの足ほっせーなおい!ビックリよ!同じ大腿及び下腿を有している人間とは思えない!平たく言えばおまえ、ほそい。おれ、ふとい。うるせーよ!(すんません)

ギターのシーン
・ギター持って躍り狂うちゃぴこの可愛いことよ。あたまふりふりエアギターでございます。
・うるさい、静かにしなさい!のパパの声が越リュウでありクラクラさ!
・ばーん!と幕があいたらそこにはロックオンの衣装みたいなまさきっつぁん。思わずこいつがパパか?!と思ってしもたわよ。
・いえーいキラキラまさちゃぴ!

枯れ葉のシーン
・オールバックなみやさんが大人なおねーさんすーちゃんとデュエットします。アンソニーとミスオサリバンがデュエット…笑
・しかしお二人とも、特にみやちゃんは本当に歌がうまくなったなあ。
・この場面はザ・きりあいと認識しています。「幾つもあなたと重ねたそぞろに」で毎回ホロホロきていた下りを思い出す。しかしるりすーもよかったよ!

黒燕尾
・いやー、黒燕尾のとこは本当に曲がいいよね。ジェイのときは本当に切なかったんだけれども、今回はこれが始まりなんだ、って気がするよ。これはきりやんの時も思ったなあ。
・がんばれようまさきっつぁん。いつまでも俺の太陽でいてくれ。

続けてお芝居。

印象に残ったところをぼちぼちと。

-好きだ!まさきっつぁん!-
フレッド◆真咲くん。えらいお若いです。わたるくんやちえごんは明らかに二十代後半~三十代前半な感じでしたが、彼は十代じゃないのか?てくらいぴちぴちしている。そりゃぁなあ…そんなに若けりゃ色々あるわなぁ…なんて思いながら彼を見ていました。
ちゃぴ子を幼馴染だと分かり二人で「うわーーーーー!>▽<」としてるところは物凄くきゃぴきゃぴしておりました(笑)可愛いなあお前ら!キラキラしてんじゃねえよ眩しいだろっ☆みたいな。
そして、彼らの心の葛藤はとてもリアルで、見ていて本当に胸が痛かったよ。抑えてきた欲望があふれ出し、見たこともないような自分の渇望に戸惑いつつも、望まずにはいられない。でも二人とも哀しいことに大人で、理性に溢れる大人で。ちゃぴ子に諭され、唇を噛み締めてうつむく真咲の切ないこと!うぉーぉぉおん!!(もっと可愛く泣けんのか)
ラストのあたりは、真咲が泣くのをガマンしているので余計にリアルで、なんだよーーお前らなんてかわいそうなんだよぉぉぉぉ何で一緒にいられないんだよぉぉおおえぐえぐ!という観客の涙を誘います。
主題歌は最高でした。私、あの主題歌がめちゃくちゃ好きで、ついトイレとかで歌っちゃうんだぜ。(もっといい場所で歌えよ)
そうなんだよなあ、愛するには短すぎるんだよ。このタイトルも何気に好きだよ。これは前についったーで呟いたかな。
ほんで、最後の日。さよなら、と走り去る彼女に「元気で!手紙書くよ!忘れないよ!」と叫びながら追いかける真咲が、必死すぎて変な走り方だわ声はひっくりかえるわ上ずるわ、滑稽な感じになっててさ。俺はそれにKOされたよ。その瞬間、何一つかっこよくない、むしろかっこわるい主人公。宝塚の男役にあるまじきことですよ。でもそれが人間臭くて、リアルで、哀れで、上手くいえないけど、ああ…ああ俺、真咲が好きだーーー!!となりました。ええい、伝われ。(乱暴)

-まっすぐな彼女-
お次はヒロインのちゃぴ子。この子、本当に可愛いよ。なんだろうな、若いんだ。見るからに心が綺麗なんだ。この子も十代に見えました。でも、物凄く大人でさ。真咲よりも、まだ大人だった。「船を下りたら、元に戻ろうよ」「あなたがあなたじゃなくなる。あなたの優しさがズタズタになるよ」物分りの悪い駄々っ子に語りかけるように、また聞き分けのない自分に言い聞かせるように。
哀しいほどに、まっすぐで、理性のある女性。そして、その哀しさを相手には押し付けない。だから、最後の夜は辛くて辛くて涙が止まらないのに、真咲が心配そうに顔を覗き込むと、「ばぁっ!」とか涙でぐじゃぐじゃの顔でおどけて見せるんだ。うぉーーなんだこの演出!泣けるだろうがおいおい!
そして、花火を二人で見上げている時、笑顔を作ろうとする。でも、どうしようもなく悲しみが押し寄せて、口元は震え、眉はハの字になりそうになり、でも彼女は笑おうとする。その顔はakaneさんの涙腺に直撃致しました。彼女はちゃぴでもマナキくんでもなく、クラウディアだった。上手くいえないな。あの、泣きながら微笑む表情はクラウディアのものだったんだよ。ええい、伝われ。(乱暴)
いやあ、ジュリエットの時といい、ちゃぴ子はいい演技するよ。まだまだ演技の幅は分からないけれども、純粋でまっすぐな人間の役は素晴らしい。

-涙のアンソニー-
みやちゃんと真咲のツーショットは新鮮で、でもどこかしっくりきて、とても眼福でございました。
きっと二人の出会いは真咲が難しい顔をしながら会社を歩いている時、みやソニーがぶつかってきて、「あ、すいません!出版社ってここですよね!?」「出版社は隣のビルですよ」「え!?ちょ、わかんねーからあんたも一緒に来てよ!」「え?!え!えーー…」みたいな感じだろ。え、違うの?(ちげーよ)
「君は黙ってろぃ!!!」←お前がな!「せこいこと言うなァァァ!」←お前がな!!「もうどっか行ってくれよ!」←お前がな!と、二人の間にちょろちょろちょろちょろ、イケメンなのにうっざ!せこっ!腹立つ!という感じ満載なのに、泣けるのよこのアンソニーさん。
何が泣けるって、ちゃぴ子にマジ惚れしてるのが泣ける。とうソニーもテルソニーともまた違う。「…どうしたらいいか分からないねえ」のセリフにakaneさん涙涙よ。なぜなら、わりかし他のアンソニーは明るく言うんだけれども、みやソニーはあのアルトヴォイスで困ったように微笑んで言うんだ。ちょ…こいつ…本気やんけ…本気でホの字やんけ…と思わずにはいられない。そして、彼が彼女に「例えまみえることはなくても忘れたりするものか、その言葉微笑み」と歌う時、おお…なんて心に来る歌コクなんだ…!!と震えました。わりと簡単にふられちゃうんだけれどもね☆どんまいどんまいみやソニー!

高血圧!86期
マギーとすーちゃんが素敵過ぎて好きすぎて君が好きだと叫びたい。
私はこの人らの外見が好きだ。大声が好きだ。うざさが好きだ。くどさが好きだ。変な動きが好きだ。一番好きなのは楽しそうにやっていることだ。この人たちがずっと変わらず宝塚の舞台に立ち続けてくれてたらどんなにいいかと思うよ。
と、ファビエルさん風に告白したいくらい、この変な86期が好きだ。

その他の人々。
・エドワードさん◆越リュウのやらしいダンディおっさんさといったら…。逮捕されるレベルだぞ。(えー)
・エリック◆瑞羽くんの俊敏なローリング移動すげえええええ!
・オコーナー◆るうくんがくぁーわーいーいー。悪い女に捕まっちゃってどんまいどんまい!
・フランク◆紫くんが悪い役してる!(笑)でもあまり悪くなさそう!いい人そう!(笑)
・デイブ◆ゆうきくんが地味に切ない。深いよ、ドリーへの愛が。なんだこいつ、付き合ってくれ。(切実に)(暗いよ!)
・ドリー◆ゆめチャン。うぜー(笑)なんちゅう営業方法だよ!ウメにゃんがやってたなんて考えたら笑ってまうな!(すまんウメちゃん愛してる)
・というかよ、ナンシーかわいそうすぎるよな。フレッドとバーバラはソレはソレでかわいそうですけれども、自分に置き換えてみれば、自分と結婚した奴が心に永遠に好きな人がいたら嫌だよね。私、そんな奴と結婚はしませんので。(やだ、akaneさんリアル感情も入り乱れてるよ!)(めんどくせー)


見所絵。

short.png

ごめんねデイジー

君を連れてはいけない

僕はひ弱で 君はか弱い

もしも嵐で船が揺れたら
ふたりで沈むしかない

そんなの悲惨だよ





あ、おかしな二人のチケット頑張った!東京いってくるぜいえー!!
楽しみがいっぱいだぜいえー!リアラバなんていらねーし!くっそ風邪引け!あほたれ!水先輩のロックオン返しやがれ!(akaneさん落ち着いて下さい)

ではでは。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する