星組におちていく。◆めぐり会いは再び2nd/エトワールドタカラヅカ

jp.jpg

こんばんは、akaneです。
現実では何もかもが嫌になり(まだ引きずってるよこの人!)、まあいい機会だからちょっと本気で痩せようじゃないの!とむさぼり食うのをやめた結果、俺様ったら2kgも痩せたんだぜ。この人普段どんだけ食ってるの!
そして、ルンルンと友人と会って「何か変わったことがあるんだが何でしょう!」とウキウキ聞くと本気で悩む友人。おいてめえ。そして「前髪切った?」とか切ってねーし!痩せたんだろうがよく見ろ!とぷんぷん怒ると「え、ほんまに?全然気付かんかった…ぁっ」みたいな感じ。ぁっって何やねんオイ。ふざけんなよぉ痩せたんだよぉちゃんと気付けよォめそめそ。

てな感じのテンションでお送り致します。よろしくお願い致します。

そうそう、星組さんといえば、またロミジュリやるんだって?
もう何と言うか、ロミジュリのマシンガン砲というか、祭りというか、安売りというかバナナの叩き売りというか。
なんだなんだ、近いうちにもう版権が厳しくなるのかい。そうじゃないとこんなに「今のうちにとにかくやっとかな!」と言う感じにはならんだろう。まあ、集客力もあるしねえ。ネットを巡回してないのでアレですが、多分みんな私と同じように「またか…大切にしろよ作品をオイ」と思っているはず。しかしこうも思っているはず。「ったくよぉまあ行くけどなバカヤロー」と。そこがこのサディスティック劇団のサディストなところです。「ほーん、お前ら気に食わんのやったら見にくんなよ?え?なんて?ほれほれ、やっぱり来るんじゃないの!」というところですか。くっそーウキウキしちゃうじゃねえかこのやろー。

ところで、星組さんでカラマが見たいです。ドミートリーなちえごん、グルーシェニカなねねちゃん、フョードルがまちゃこ、イワンがべにこ、アリョーシャが真風くん、スメルジャコフは若手たちが争奪戦。ちなみにイワンの幻覚はしーらんでお願いします。「僕は君だよ!!」と高らかに叫びベニーを翻弄してください。そしてその時の壊れていくイワンの演技は行き過ぎないようお願いします紅さん。そしてマカゼくんの「僕は兄さんのことを知っているからです…!」でakaneさんはキュン死にすること間違いなしでございます。

んで。
えーとさてさて、感想行く前にですね。
皆様におかれましては「アレ?なんでタイトルに宝塚ジャポニズム入ってねーの?」とお気づきでしょうか。
実はワタクシ本日、盛大に寝坊致しまして(´;ω;`)劇場についたの12時14分よ。あと1分で芝居が始まる感じだったのよ。くっそー昨日3時まで飲んでたのが悪かったか。うひーんうひーん。
というわけで、開演1分前に頭ボサボサ服はヨレヨレ、季節に反して汗だくなワタクシが飛び込んできたのでお隣の方はさぞ不快であったことでしょう。申し訳ございません。(ローリング土下座)

そんなわけでお芝居とショーの感想行きます。
ものっそい長いので休憩しながら読んでね。
 
まずはお芝居。
めぐり会いは再び2ndということで、初演がものっそい面白かったのでウキウキ期待して見ておりました。40分という短い時間でどうまとめてくるのかしら!と思ってたのですが、もうめちゃくちゃ面白かった!あらすじなんか言うてみたら結婚前にごたごたして仲直りしてハッピーエンドうふ!っつーなんともない感じでありながら、やはりキャラクターも魅せるし話も魅せるし面白い。とにかく面白かったんだぜぃ!

オープニングのみんなで歌う所がかっこよすぎたんだが!なんか小柳先生の舞台はいつも曲がいいなあ。物凄いパンチで舞台をかっさらっていく。懐かしいキャラクターがわらわら出る、曲も良い、で客席のテンションもマックス!!というところで、ドラント◆ちえごんがシルヴィア◆ねねちゃんを抱き寄せようとしたところ、「やだっ!(`3´)」「えっ?(;゚ Д゚)」「やーだー(`3´#)」「しるびぃあ~:(;゙゚'ω゚'):」と大変可愛らしいやりとりをおっぱじめながらはけていくぷりてぃな二人。なにコレなにコレ!つかみはOKじゃないの!

てなわけで、結婚式を翌日に控えているというのに二人はくだらんことでケンカばかり。ねね姫の「~でぇ♥~~みたいなぁ♥~がいいのぉ~♥」という喋り方がぶりぶりの友達に似すぎててウケる。ふ、ふん!ぶりぶりは腹立つけどよ、ゆ、夢咲のぶりぶりは…俺…嫌いじゃねえよ…(デレデレ)
シルヴィアの弟、ルーチェ◆礼くんはドラントが気に入らずにぷんすか。つーか礼くん超かわいいなおい。ねねちゃんときゃぴっ♪と抱き合い、同じようにドラントにぷんぷん怒る様子が可愛らしい。そして二人のケンカに油をそそいだところで、クラウス◆まちゃこが火をつける。ホントは職を失ったただの役者なのであるが、シルヴィアの婚約者だと言いながら登場。シルヴィアもそう言われるとなんとなくそんな気がしてきてしまい(なんでやねん笑)ドラントとシルヴィアは遂に大喧嘩!婚約解消か!どどん!というか、まちゃこの青髪ロンゲがかっけえ。惜しいなまちゃこ、なんで黒眼帯をつけなかった。まさこDXに長髪ときたら黒眼帯だろ!惜しいなあ!(akaneうるせーぞ)

彼女を笑顔にできない自分には彼女を幸せにしてやれない、と落ち込み出て行こうとするドラント。いやいやアンタあたしとリゼットのことも考えなさいよンモゥ!とぷんぷんのブルギニョン。ふっふっふこのまま二人の結婚をぶち壊して貰おうとほくそえむルーチェ。いえーいこのままいっちゃうぜーなクラウス。なんでこうなっちゃうんだろう何で彼をいつも困らせてしまうんだろうとべそをかくシルヴィア。
目の前のクラウスなんかスルーして、ドラントへの未練を嘆く。「誰かが私に正しいセリフを教えてくれたら、この愛を伝えられるのに」でちょっと俺様目頭が熱くなってしまったよ。そうだよ…そうだよなぁ…くっっ(akaneさん自分に重ねるのはやめてください)
そして、舞台と銀橋でちえねねデュエット。婚約解消みたいな感じになったけれどもお互い未練タラタラ。そしてそれを頬杖ついて「ちぇー」と見つめるまちゃこ。柱の影からぐすんぐすん泣くブルギニョン。ちょっと涙を袖口で拭うルーチェが可愛すぎて俺はニヤニヤした。俺はニヤニヤしたぞ。(はいはい)

そして同じく出て行こうとするエルモクラート◆マカゼくんを捕まえるブルギニョン。もう帰って縁談の話受けたんねん!とへたれるマカゼくんにときめく俺。うはーーーんマカゼくんがへたれてるーーーヾ(*´∀`*)ノと大喜びの俺。マカゼくんに一芝居打つ脚本を書いてもらおうとなんとか引きとめようとするブルさん。マカゼくんの頭をなで、頬をなで、腰にすがりつき、カバンをあっちへやり、取りに行こうとするマカゼくんを邪魔する。うっぜーー(笑)そしてキレたマカゼくんがついに脚本を引き受ける!どどん!

そして、ついに結婚式の日。クラウスとドラントに決闘をすることを促すじゅんこパパ。戦うまさこDXとちえごん。いやーん二人ともかっこいいー。見守るねねちゃんのハラハラ顔もかーわーいーいー。マカゼくんとべにこがずっと喋ってるんですが、ベニーの喋りにちょっとうざそうにしてるマカゼくんにウケる(笑)そして剣が折れたちえごんをクラウスから守るねねちゃん。何コレ!恥ずかしい!少女マンガきたコレ!
そして、ネタバレ。それぞれも無事ハッピーエンドの報告を受ける。そっかー、ともみんもとよぽんもみやちゃんもれみちゃんも主要人物がみんないなくなっちゃったんだなー。みんなからの手紙に俺は思わずしんみりかつ温かい気持ちになりました。小柳先生、いなくなったキャラも大事にしてくれてありがとう。

そして改めて、二人は互いの愛を確かめ合う。ちえごんが優しくねねちゃんの頭をなで、頬をなで、(あれ?さっきの紅真風と同じ展開みたい笑)ねねちゃんはちゅーを待って目を閉じる。しかし鼻をつまんで笑うちえごん。「もー、ドランッ…」と言い掛けた瞬間チュー。ひっひぃいいい恥ずかしい!少女マンガ来たコレ!素敵!鼻血!ティッシュ!ウィッシュ!(意味なく)
というわけで、素敵で可愛い二人はめでたしめでたしでございました。


続いてショーの感想。
印象に残った所だけ書いていきます。

プロローグ-満点星-
いやー、正直ですね、プロローグが素晴らしい。こんなにもテンションが上がり、ワクワクし、ハラハラドキドキ、素晴らしい!と思えるプロローグは久々かもしれない。はじめにちえごんが青い大階段に現れ、サーーーッと青いじゅうたんが袖に履けて大階段が現れ、男役たちがぞろぞろ降りてくる。男たちが主題歌に乗せて踊る踊る。黒燕尾でキメッキメ。ひぃいいいいかっけええええ。そして変なキメポーズをした後、今度は綺麗な娘役がぞろぞろ。ひぃいいい美しいいいいい。主題歌よし、演出よしで大盛り上がり!イエス星組!

Aries-おひつじ座-
可愛いちえごんと可愛いねねちゃん。ねねちゃんはいつも通りぶりぶりさが可愛い。ちえごんはちょっと照れが入っているのが可愛い(笑)やー、これは恥ずかしい。もっとやれもっとやれ。

Taurus-おうし座-
マカゼくんかっこいいなあ、というのが私の感想です。いや、だってさ。かっこよくない?この人。(みんな知ってるよ!)ごめんごめん、ヘタレ真風くんが好きすぎてイケメン真風くんの話を普段あんまりしてないからね。なんというか、この学年にしてすでに色気があるんだよなあ。スタイルも抜群だから、技術的には伸びしろがまだまだあるけれども、ビジュアルは充分akaneさんをクラクラにできるレベルです。ありがとうございました。

Gemini-ふたご座-
変な紅さんがたくさん見れますので、変な紅さんファンの人は是非劇場へどうぞ!
男役と娘役の衣装を二つに割った変な服を着て、変な声を出して、変な踊りを踊って、変な歌を歌う紅さん。なんというかもう、私は思いました。この方は、宝塚の宝であると。(真顔)

Cancer-かに座-
ヘラクレスなちえごんが、天使のようなねねちゃんに見初められる。しかし、ねねちゃんは天使は実は悪いカニ(なのか?)だった!や、カニか分からんが、蛇のような、ヒョウのような方でしたがとりあえず赤かったのでカニにしとこう。(えー)
悪いカニはちえごんをせくすぃーに誘惑。ちえごんは必死に誘惑と戦う。そして遂にちえごんはかにを倒す。理性が本能に勝った瞬間でございました。上手くしめたつもり。

Leo-しし座-
そしてヘラクレスなちえごんはまたまた獅子なまちゃこDXに惚れられる。というか、ねねちゃんが倒れてせり下がっていったとこから、新しくまちゃこが乗ってせり上がってきたのがめちゃくちゃかっこよかったんだが。衣装がかっこいいんだよー。そしてまたもやせくすぃーに誘惑してきます。ヘラクレスもってもてじゃないの!
そして、俺のものになっちゃえよとしつこくまとわりついてくるまちゃこライオンを倒すちえごん。容赦ねえな!まちゃこライオンの帽子をかっこよく投げ捨て、転がったまちゃこライオンを引きずっていく。容赦ねえな!(笑)

Virgo-おとめ座-
にぎやかな中詰め。これぞ宝塚!!って感じでスターたちが有名な曲を歌い継いでいく。テンションもだだ上がりです!そんでだな、やっぱり一番良かったのはセ・マニフィーク。一応男役出身のねね様ですので、ああいうかっこいい場面は素敵です。やっぱり普段可愛いイメージとか、シルヴィアみたいなぶりぶりの役やってる分、こーいうかっけー感じになってくれるともうギャップで殺されるよね!よっ、ギャップ殺しの夢咲!(akaneさん落ち着いてください)(しかも意味がおかしい)
関係ないですが、これを見ながら、まりも先輩のシルヴィアみたいな役見たかったなーと思っていました。それこそきっとギャップで殺されていただろう。ギャップ殺しの蒼乃だっただろう。(もういい)
話を戻して、男役を引き連れて男前に歌うねねちゃんが物凄くかっこよかった。分かった分かった、結婚してください。(土下座)

Libra-てんびん座-
「見上げてごらん夜の星を」をアカペラで歌うじゅんこさん。後ろでコーラスをする星組子たち。綺麗な場面でほっこりしました。音なしで本当に声だけで聞きたかったなーとも思ったり。

Scorpius-さそり座-
ここの場面のちえごんには、参ったとしかいえない。もう何と言うか、素晴らしいとか、美しいとか、そんな言葉で表現できるのか分からないけれども、とにかく感動いたしました。地を這うダンス、ありえない反り方をする体。しなやかで、それでいて静かなパワーがある。宙を舞う足取りは軽やかで、地面につく足元は力強い。不思議な踊りだ。まるで、本当にサソリが生きているみたい。やー、もうなんというか、参りました柚希さん。

Capricornus-やぎ座-
ここで三人の若手男子と若手女子が出てくるわけですが。歌い継いでいくのだけれども礼くんが余裕過ぎてびびる。この人もう中堅だっけ?ベテランだっけ?と思うほど余裕な感じで美声を披露してくれるのでびびる。それにしても麻央くん痩せてかっこよくなったねー!

Pisces-うお座-
ちえねねのデュエットダンスを見ながら、本当に充実した組だなあ、充実した時期だなあとしみじみ感じていました。少し微笑みながらお互いを見つめて踊る二人を見て、本当に温かい気持ちにさせて貰いました。愛に溢れたステージをありがとう。という感じ。



見所絵。
bm.png

個人的にエルモクラートさんはデコっぱちだったら嬉しい。


芝居にせよ、ショーにせよ、異常なほどの勢い。客席も満員だし、本当に物凄い勢いのある組だ。でもそれが何故なのかがよく分かる。魅せられ、どうしようもなく惹きつけられる。また行きたい、と思うしかない。てな訳でもう一度行こうと思っている。しかし日程的に行けるとしてもまた遅刻しそうな感じなのよねえ。ジャポニズムは諦めないといけないかもだ。うひーん。

ではでは。




コメント

No title

やっぱり、感想が面白いっ!秀逸です♡
変な紅さん、早くみたい。

No title

こあら様
お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。
コメントありがとうございます。星組の魅力は恐ろしく、1回観劇のはずが観劇後すぐにチケットを足してしまいました。
こあらさんは東宝待ちでしょうか。変な紅さんはきっとどんどん変になって東京に来てくれると思いますのでウキウキ待っててもらえば宜しいかと思われます。
ありがとうございました^^
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する