感謝感激雨まさみり!◆ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-

bb.jpg

あけましておめでとうございます、akaneです。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

実はですね、新年そうそう体調がぶっ壊れてしまい、元旦は死亡しておったわけです。
このままじゃ明日の宝塚に行けん…!!と昨日はまさみりに会いたくて会いたくて震えながら涙に暮れていた訳でございますが、そこはこのakaneさん、当日の朝には平熱に戻してやりやしたぜ!頑張りやしたぜ!

てな訳で行って参りました、ベルばらまさみり編!

あ、あのなあ……

全国一億人のまさみりファンのみんな…

こ、こいつらマジで殺しにかかってきてるぜ…

俺は今日まで、生きてきて良かった……!!!!(かすれ声)

これまでの絡みの少なさは、ここでみんなを潰していくつもりだったんですかというくらいだよまじで
みんな…生きて帰ってこいよ…げほげほ(幸)

という感じでございます。わかんねえ。

つまりだ。つまりだよ。
もう、切っても切ってもまさみり!まさみりがいっちゃこらいっちゃこら!まさみり祭り!!ムッハー!!ヾ(*´∀`*)ノ
この感動は二人の貴公子以来であることよ!!!(akaneさん落ち着いてください)

では、感想いきます。
この後一応4回見に行くつもりなので、詳細な感想は追々。
今日はまさみり中心でいかせてください。もうakaneさん興奮しすぎて湯気出てるので、一緒に湯気を出したい方だけどうぞ。
完全に自己満足なのでみんな置いてくぜー!!ヽ(*´∀`)ノ
・プロローグ、まずは「御覧なさい☆」でベルばらの世界に連れ込まれ、その後わらわらと登場人物が出てきた後、高いところから現れました!!!オスカル真咲とアンドレみりおくん!!!お二人の美しいことよ!!愛してる!!(すいません取り乱しました)
そして、愛あればこそを二人で歌うのですが、もう見つめ合う見つめ合う!今までの「え!今まさみり目あわんかった!?よし、確かめるためにスローで再生しよう」なんてことをやってたのが嘘のよう!みりおくんの愛に溢れたまなざしと、真咲の幸せそうな微笑み。手を繋ぎ、抱き寄せ、腰に手を回し、見詰め合う……すんません、もう俺わがまま言わずに生きていきます。ありがとうございます!!!!

・ちびアンドレ◆海乃美月ちゃんとちびオスカル◆咲妃みゆちゃんが可愛いちゃんばらをしながら木の影に隠れ、出てくると、でかアンドレとでかオスカルになっている。美しいちゃんばらをする二人にクラクラさ!
オスカルがはけた後、ル・ルー◆花陽みらちゃんにおちょくられるアンドレ。「オスカルは別に好きな人いるもんねー。アンドレはオスカルのこと好きだけど無理だねー♪」みたいな感じの憎たらしいことを言われてぷんすか!くぁーわーうぃーうぃー!

・オスカル真咲は近衛隊から衛兵隊へと転属したものの、荒くれ者たちやその頭のアラン◆マギーに疎まれる。アランがオスカルの握手を弾き飛ばしたり侮辱するのを聞き、キレまくるみりおくん。ひ…ひぃいいいいみりおくんが…真咲のために怒ってるわよ…!!怖いアランマギーにも立ち向かうんだぜ!もう、たまんないわね!!!!ありがとうございます!!!

・アランとのいさかいの中で、視力が落ちていることがばれるアンドレ。絶対に秘密にしてくれと頼むみりおくんの誠実さといったら。痛々しいほど誠実です。その裏ではオスカルがフェルゼン紫くんにフラれてしまい「誰になじられるより君になじられるのが…辛い…」なんて乙女全開であるというのに!(笑)(笑ってんじゃねーよ)

・ベルサイユ宮殿や衛兵隊の訓練所にて、ブイエ将軍◆越リュウとオスアンが衝突しまくる。オスカルを非難するブイエ将軍にまたしてもキレまくるみりおくん!!いやーん明日海パイセンかっこいー!!そして衛兵隊の兵隊たちやアランマギーもオスカルを擁護する。いやーんマギーパイセンかっこいいー!!!イケボー!大声ー!(褒め言葉)
その場を収拾するためにジャルジェ将軍◆汝鳥さんがオスカルをビンタ。真咲は頬を押さえて乙女ポーズに!(笑)「オスカル!!」とオスカルを抱きかかえるアンドレさん。うぉーー!ありがとうございます!!!

・ジャルジェ将軍がオスカルにジェローデル◆パパ(珠城りょうくん)との結婚をすすめる。それを聞いたみりドレは深く傷つく。
「オスカルが結婚…!?そんなバカな!いやだ!誰がオスカルを渡すものか!オスカルを他の男に渡すくらいなら、このアンドレがオスカルを貰う…!たとえ、オスカルを殺してでも…!!」
この「いやだ!」ってとこが少年のあがきが物凄く出てて良かったよ!くーーー!!誰かにとられるくらいならあなたを殺していいですか状態よ!!みりおくん真咲のこと好きすぎるぞ!(役名で言え)ありがとうございます!!

・ヴァイオリンを弾く真咲の姿勢が物凄く女性らしい!絶対あんなポーズ3秒でぷるぷるするわ!そしてあーちゃんママの膝にすりすりする真咲の可愛いこと!!オイオイこれ男役なんだぜ!!信じられねえ!!鼻血出るわ!!(すいません)

・真咲を誰かにとられるくらいならお前を殺して俺も死ぬぜ状態になっているみりおくんがワインを持って登場。こそこそ毒を入れるものの、真咲が「これから先も、ずっとそばにいて私を守ってほしいのだ☆約束だぞ☆乾杯☆」とグラスに口をつけようとすると「飲むな!!!」とグラスを払いのけるみりおくん。ちょっとここのテンポが速いように感じたので、もうちょっと溜めてほしいなあと思ったり。
びっくりのまさきち。アンドレに俺はお前を殺そうとしたと言われて更にびっくりのまさきち。ホンマは子供の頃からずっと好きやった、身分違いやから傍にいられるだけで幸せやった、そんだけお前を愛してたんじゃー!ガバァッ!!と真咲に抱きつくみりおくん!(ドドン!)このみりおくんが抱きつくまでの間、どうして良いか分からず、「えっえっ」と若干反復横飛びみたいな動きしてる真咲が物凄く可愛かったんだが(笑)
抱きつかれて尚混乱し、あわあわする真咲くんを抑え込むように抱きしめ、「ジェローデルの結婚の話…お前を他の男に渡すくらいならお前を殺しても俺のものにしたかった。俺が今日まで生きてきたのは、お前が他の男のものになるためではない……」真咲の腰にすがりつくみりおくんの痛々しいほどの切なさ。最後のほうは泣いてるようにかすれた声でした。はっと我に返り自分を責め、謝罪し、今日のことは忘れてほしい…と出ていくみりおくんの背中に思わず「何しょぼくれてんだパイセン!!一回振られただけで何さ!がんばんなさいよんもぅ!!」と客席でわちゃわちゃする俺☆(いらん)

・ジェローデルの求婚シーン。「私があなたと結婚したら、生きていけなくなる男がいる」アンドレのことかーーーー!!(悟空風に)「アンドレのことをそういう対象で見たことはなかったが…」マジか!(笑)鈍感すぎるぜまさきっつぁんよう!!(笑)

・アンドレの目が見えないことをみんなに公表するアランマギー。アランに噛み付き、絶対に迷惑はかけない、オスカルのために命を捧げると地面に手をついて頭を下げるアンドレ。みりおくん……なんて儚く美しく痛々しいアンドレなんだ……お前絶対に幸せになれよ…と思わずにはいられません。(誰やねん)
アンドレの手をとり、「戦場では絶対に俺たちの声を聞くんだ」と言い聞かせるアランマギー。まるで頼りになる不器用で優しい兄さんのようだ。いやーんマギーパイセンんん!!!!!

・遂に出動前夜。アンドレを部屋に呼ぶオスカル。ウチにはあんたが必要やねん、これからもずっと傍におってや、どこにも行かんて約束してや!というオスカル。他に行くとこなんてねぇよ……と真咲くんを見つめるみりおくんの優しすぎる目にきゅんきゅんよ。そしてこのあたりからハイパーまさみりラブラブタイムに出航致します。みんな頑張ってついてこいよ!!
みりおくんに何度も好きか、愛してるかと聞きまくる真咲っつぁん。何度も好きだ、愛してると答えるみりおくん。なにこれ……恐ろしい……こんなやりとりするまさみりを見る日が来ようとは……ゲフォォ……(瀕死)
「アンドレ…私を抱け……」ゲフォオオッ(俺)「(みりおくんの腰にしがみつきながら)私はアンドレ・グランディエの妻と呼ばれたいのです……!」グッフォォオオッ!(俺)「俺は今日まで生きていて良かった……!!」俺も!!俺もです!!!(俺)
そして今宵一夜のポーズ!!見つめあう二人!絡み合う手!愛あればこそのデュエット!!もうなんかホント…ありがとう…ありがとうね……(涙に暮れながら)そんでその後、レジェンドオブまさみりキスシーンに突入というのに、暗転になるの早いよ!!カーテン引くのも早いよ!!しっかり!!はあはあ!!(akaneさん落ち着いてください)(血管切れそうです)(きもすぎです)

・いやー、辛かったのはここからですよ。まさみりは本当に大好きなんだけれども本当に辛かった。何が辛いって笑っちゃいけないことがだよ。(すんません)
パリにて、戦いが始まっていく。立場を翻し、ブイエ将軍に剣を向ける真咲オスカルのイケメンなこと!ちょっと男出てきてるよ真咲!(笑)そしてアンドレに「戦いが終わったら、結婚式だ☆」とか言っちゃう真咲!くぁーわーうぃーうぃーーー!しかし激しい銃弾戦の中アンドレは撃たれる。アンドレ!アンドレ!!と叫ぶ真咲。そしてよろよろしながらまさかの「ブロンドの…」と歌いだすみりおくん。うぉおおやっぱりか……歌うのかそこは…初演みたいにセリフ調ならまだしも……歌う元気があれば逃げてくれよ…という気持ちで一杯です。おい、ここで笑った奴ぶっとばすぞ!!!ぶ…ぶはっ…!(お前だよ)もう、何してんのよみりおくん!!結婚式を挙げるんじゃなかったの!!立ち上がんなさいよ!!と客席でむちゃくちゃなことを要求する俺!(どうしようもねえ)

・バスティーユの攻撃を開始するオスカルたち。激しい戦闘の中、オスカルの胸にも銃弾が打ち込まれる。その瞬間、兵隊たちに持ち上げられるオスカル。おい、ここで笑った奴ぶっとばすぞ!!!ぶ…ぶはっ…!(だからお前だよ)そしてバスティーユに白旗が立ち、オスカルはロザリー◆ちゃぴこの傍で息絶えていく。

・そしてクライマックス!!「オスカル…オスカル」というアンドレの優しい声と共に現れる馬車子!(爆笑)そこに乗り込む真咲。幸せそうに寄り添いながら愛あればこそを歌うまさみり。馬車子が動くたびに小刻みに上下する。おい、ここで笑った奴ぶっとばすぞ!!!ぶ…ぶはっ…!(もうお前だよ)てな感じで最初はひーひーしましたが、意外とこの馬車行動範囲が広く、何気に「うぉーすげーー!」と盛り上がりました。客席もすごーい!とざわざわ。そして何よりそこに乗っているまさみりが幸せそうすぎてあたいも幸せ!もう突込みどころも恥ずかしいシーンもなんでもいいわ!愛してる!ラビュー!ブラボー!とakaneは思いながら幕は下りていったのであった。たかたんたん。

・フィナーレのボレロ。
みりおくんが女役、真咲が男役な訳ですが。みりおくん…そのカツラのチョイスはどうした…。なんだかとっても男に見えるぞ…。これは意図的に乙女さをかなぐり捨て、雄雄しくしたに違いない!と思わせる男らしさです(笑)
激しくぶつかり合い、抱きしめたり胸を掴んだりリフトしたりともう、アレだよ。もう殺しにかかってる。俺たちの心臓をえぐりにきてる。とどめを刺しに来てる。またみりおくんが物凄い挑発的な顔してんのよ。ニヤッと笑いはるのこの人。うぉおおい…あの天使やったみりおくんはどこへ……本気やんけ…大人の女やんけ…(顔は雄雄しいけど)対する真咲は鉄仮面です。この人真面目なダンスシーンは割りと真顔よね。初演ひーとんびーで鉄仮面でおときちとひたすら踊ってたシーンを思い出します。
最後はみりおくんが真咲の腰に抱きつき、ゆっくりとせり下がっていく。もうワタクシは客席で放心状態。ありがとうございました……。(死亡)


一応ひとりひとり感想。
・オスカル◆真咲くんはさすがの美しさでした。真咲くんにこういう芝居をさせると物凄く独特の言い回しになってしまうのでやや心配でしたが、まあまあ大丈夫な範囲だったと思います。ピッとしたかっこ良さの中にも物凄く女性らしさがあり、さすが真咲!俺の太陽!と言う感じでございました。(なんだそれ)あとは数少ないちゃぴちゃんとの場面を物凄く大切にしているのが伝わってきたように思います。

・アンドレ◆みりおくんは物凄く可愛らしい人だったように感じます。女の子っぽい可愛さじゃなくて、少年ぽい可愛さというか。多分らんとむやえりたんはおにーさんアンドレになるでしょうが、みりおくんアンドレは少年~青年あたりだと思ったのです。仲の良い幼馴染の少年が男装の少女をずっと想っていた、と言う感じの。そしてもう、オスカルさんが鈍感なので苦悩の嵐。プリティ苦悩系アンドレでございました。

・アラン◆マギー。
衛兵隊のシーンで、みんな若いなあちょっとお声が高めだなあと思ってたら、まさかのイケメン低音ヴォイスのマギーさん登場。もう鳥肌よ。かっけええええ!そして荒くれているので今日も怒鳴る怒鳴る!(通常運転です)最初反発してたのに、オスカルを認めてからは物凄く力強い味方になってくれ、ことあるごとにオスカルを擁護してくれるのがかっこいい。マギー千秋楽までに声潰さないでね!!

・マロングラッセ◆すーちゃん。真咲とすーちゃんのシーンはあやうく涙が出かけたよ。本当に良い芝居するよなあすーちゃん。自分が帰ってくることを諦めたように微笑む真咲と、それを否定しようと必死のばあや。泣けちゃうよ。

・ベルナール◆みやちゃん。登場頻度自体はあまり多くないけれども、結構歌があって嬉しい。みやちゃんが出てくる度にテンション上がるぜ!ちゃぴ子との夫婦も可愛くて「妬けるなあー」とか言ってんのがほほえましかったです。

・フェルゼン◆紫くん。出番はチョロっとしかありませんでしたが、おぼっちゃまフェルゼンみたいな印象でした。分かるけどさー、この人ひどいわよねー。好きな男子にあんなこと言われる乙女の身にもなんなさいよんもぅ。というかakaneさんの好きな「知らないではなかったよ」言ってほしかったよ(笑)

・ジェローデル◆パパ。もじゃもじゃのパパ。やっぱりパパは体格が強いなー。と惚れ惚れして見ておりました。どこみてんのよ。そして求婚シーンではあまりにも嬉しいことを言ってくれるのでもう少しで私がお受け入れするところでした。危ない危ない。(なにがやねん)



見所絵。
akane.png
思ったより馬車子にはしゃいでいる自分がいた。


ではでは皆様、新年早々うざい感じで申し訳ございません。
今年も相変わらず変なブログになることが予想されますが、どうぞよろしくお願い致します。
コメント

No title

おじゃまします。
勝手にコメントって書いちゃっていいのでしょうか?
よくわからずすみません。
まさみりファンのヒトミコです。
ブログすごく楽しく読ませて頂きました。
私はどちらかというとまさおファンなんですが、
今回ベルばらを見に行ってまさおのオスカルの乙女ぶりにはもちろん萌え死にそうになりましたが、
みりおアンドレ様のあまりの美しさにも参りました。
プロローグでまさカルを呼ぶ時のあの表情・・・
その時にととととっと走ってくるまさおの姿がカワイイとみりお様が言ってましたが私の角度からはみりお様しか見えませんでした。
プロローグから死にかけました。
そして、ガラスの馬車では、笑うのは覚悟して行ったので全く笑いたくはならず、
ひたすらひたすら「ああ~今、世界一ええもん見てる!!!俺は今まで生きてきてよかった的なすごいもん見てる!!」って思いました。
凄かったですね!!!!あの美しさ!!!
二人の貴公子の挨拶で手をつないだだけで萌え死にそうなのに、オスカルとアンドレですからね!!
まさみりは解体ですが、最後に本当にいいもん見た!!!
長々と失礼いたしました。
書いていいのかどうかもよくわからないのにすみません。

Re: No title

ヒトミコ様

はじめまして、akaneと申します。
お返事が遅れてしまい大変申し訳ありません。
コメントの方はして頂いて全く問題ありません。とても嬉しいです。ありがとうございます(^^)
ヒトミコ様は東京からの方でしょうか。仰られる通りまさみりの美しさはもうなんというか、俺どうしたらええねん!あの、俺…どうしたらええねん…レベルでございます。
私も最初の方は本当に腹筋の筋トレをしに行っているのかと思っていましたが、最後の方は全く疑問を感じず、腹筋を痛めず、ただただ感動の嵐でございました。え?何が変なの?泣くところだろここ?てな感じで。そりゃほふく前進もすればポエムも読めば撃たれて歌うしぴょーんてするし馬車も空飛ぶわ!という感じで。もう神の領域でした。そこに行き着くまでに時間かかりすぎですが(笑)
本当にまさみり解体にあたり、素敵なプレゼントをくれたと思います。
ではでは、コメントありがとうございました(^-^)/
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する