どうにもこうにも可愛いやつら。◆Me and my girl

memy.jpg

こんばんは、akaneです。

ロミジュリ新公主演がまこっさん!!ということで物凄く行く気マンマンだったのですが、よく考えたらアレだ。チケットがないぞ。(そもそも!)
勤務は少し早上がりにしたらなんとかなると思ったのにまさかの初歩的なミス…!なんだかもう色々見てるけれどもチケットがとれる気がしないぞ。諦めろ、akane。まこっさん主演なんていう激戦区にお前が出ても勝ち目なんかあると思うのかという声がする。おおう…何のコネもない貧乏人は辛いぜ。

んで。
ついに月組ミーマイに行って参りました!ヾ(*´∀`*)ノ
仕事早めに終わって急いで梅田へ。上品にエレガントに行こうと思っていたのにギリギリになってしまい下品に汚く行ってしまったのであった。いつも通りの展開。いつも通りのakane。

そしてそして。
舞台を見ると改めて思う。
ああ、もうみりおくんはいないんだなあ(´;ω;`)。と。
今はまだ、ミーマイの裏のバウとかで主演をやっているような気もするけどそうじゃないんだ。次の大劇場公演の時はさらにそう思うんだろうな。ぐすん。
そして、かちゃとコマガタさんが月組にいることがすごく新鮮な一方であんまり違和感がないような、どちらともいえない感じです。でも二人の明るさで月組が一層明るくなった気がする。ウェルカムでございますヽ(*´∀`)ノ

ではでは、舞台の感想にうつります。
本日はBパターン初日のようでございます。大変長いので休憩しながら読んでください。
ビル◆真咲くん
「只今よりムィエンマイゴー、二幕を…」と開演アナウンスから既にakaneさんを恥ずかしがらせてくれるのはさすがさすが。真咲ビルはとにかくにぎやかです。アドリブもばんばんで、はしゃぐおちょくるはじけまくる。そして何故かたまに訛る。なぜか突然つぶやきしろーになる。どういうことよ(笑)登場シーンはとにかくうるさい。うざさ大爆発!「間違えちゃった間違えちゃった胃酸と胃薬間違えちゃった恥ずかしい!!」とこまパーにはしゃいで報告にいくところかうざさ余って可愛さ100倍。そして無駄にカード捌きをアピールしてくるぜこいつ!マジ鬱新公の時に培われたやつまだ覚えてんのな!すげーな!
みやちゃんとのソファシーンでは、「だめだよぉもぉー!」と困った子供みたいに言うところや、クッションを股間にあてて逃げまわるのが可愛い(笑)
レッスンシーンでもふざけまくりで、すーマリアも面白いのでホント楽しい場面でした。ソファーででんぐり返しするところは、一瞬頭が直立になったのでびびる(笑)この人でんぐり返りとか苦手そうやもんな…(笑)その後のどうも、どうもと客席に愛想ふりまくる真咲。ちゃんと聞きなさい、と言われて客席に向かって「ちゃんと聞きなさい、あなたたちに言ってるんですよぉ~」「あなたに言ってるんです(`Д´)」とぴしゃりと怒られる(笑)

そしてもう、とにかくサリー大好き。はっちゃけまくってるのに後ろからサリーを抱きしめる時は男前になるのがまたムカつく!何やねんお前かっけーな!(でれでれ)ちゃぴことのシーンはいつもにこにこしてて楽しそうなんだ。真咲ビルはとにかくアホみたいにちゃぴを想ってて、そしていつまでもそれが続くと思ってて、まあ公爵夫人はあんなんゆーてるしサリーもなんかゆーてるけど別れるわけないない!とわりと楽観視してるような感じ。だからこそ、図書館でお別れを言われても「もぉー」と言う感じだし、サリーが連れて行かれても酔っ払ってわんわん泣いてるだけ。ランベスを訪れてブラウン夫人に拒否されても、なんのその、彼女が帰ってくると信じて待ってる。だからこそ、手紙を受け取って読んだ瞬間、彼の全てが崩れ落ちるようで悲しい。まさか、そんなという。いやいやずっとサリーゆーてたやんかもぉお前遅いねん気付くの!!と言う感じでございます。「僕は彼女を…まつ…」と悲しそうに歌う真咲に泣ける泣ける。でも街頭を消すためのジャンプの仕方は女子(笑)

それにしても、幻想のシーンは本当に自然と涙が出てくるよね。どれだけビルがサリーを好きなのかが分かる。どの女性もサリーに見えて、かつマボロシまで見てしまう。しかもそのマボロシと幸せそうに踊っちゃう。彼の中ではマボロシじゃなくて本当のサリーなんだもんね。だからこそ、振り向いた時にサリーがいないことにホロホロ(´;ω;`)

クライマックス、「こんのやるぉおぉおおお」の顔がやばい!真飛さん並みに顔がえらいことなってますで真咲っつぁん!(笑)でも「サリーーー!!」「ビル!!」と強く抱き合う二人にやっぱり幸せでいっぱいになってしまうんだ。すごいなあミーマイって!そしてやっぱおもしれえな真咲って!(笑)

サリー◆ちゃぴこ
ちゃぴこサリーは一言で言うともうアレなのよ。良い子なのよこの子…めちゃくちゃ泣かせにかかってくるのよ…おっさんめっちゃ泣いてもーたっちゅうねん…ぐすんぐすん。
同時にすごく可愛くて、ぺこちゃんみたいでした。はしゃぐちゃぴこの可愛いこと!でも女子力も高い。へザーセットの話を聞いてる時に顔はマギーの方を向きながらも真咲と腕を組んで真咲の手を撫でる。分かるか?この女子力の高さを。これやられたら男は一発だぜ。またさりげないのが余計にドキッとするやんけ…ドキドキやんけ…(お前じゃない)
VSみやッキーの時もぷんすか怒ってて可愛い。「あんな奴に癇癪起こしたってはじまんないよ」の言い方もめっちゃ可愛いので皆さん要チェキです。だんだんとビルと自分が不釣合いなことを実感していく過程を丁寧に演じていて、心情がひしひしと伝わってくる。めちゃくちゃサリーに感情移入しちゃって気分はakaneサリー。(きしょっ)
パーティで自分とビルの身分の違いを知らしめたかったのも、サリーの気持ちを考えればもうめっちゃ悲しいよ。ビルが思わぬことを言い出して「やめてビル、あたしそんなつもりでやったんじゃないよ」とすがるように言うのがまたこの子なんて良い子なの(´;ω;`)ブワッとうるうる。思い切ったように楽しげにランベスウォークを踊っているけど、その胸の中ではどんな感情が渦巻いているのか考えただけで(´;ω;`)ブワッ

もう二幕からはちゃぴサリーに泣き通し。顎の歌を朗らかに歌った後にぐっと泣くのをガマンしている顔を見て泣き、図書館でコロネットに頬を寄せて歌うのを見て泣き。また、クルマが用意できたといわれて歌うのをやめ、悲しげな表情をするのがとにかく泣ける。うぉおおおおん。(もっと可愛く泣けんのか)

最後の綺麗になったサリーは本当に美しかった。うぉおおおちゃぴこ…こんなに綺麗になって……と再び(´;ω;`)ブワッ最後に抱き合う二人の幸せそうな顔を見たらまた(´;ω;`)ブワッ。(akaneうるせーぞ)

ジャッキー◆みやちゃん
もうみやッキーがツボでツボで。みやさん…なんでや…なんでおめめくりっとしてて可愛らしい顔つきのはずやのにどこかアレなんや…不思議…というのが感想でございます(笑)役替り初日ということで緊張もあり、女子の動きがわざとらしい(笑)ああこの人本当に女子の動きになれてないんやろなあ…男役冥利につきるわ…と思ってみてました。そして、なんで彼がアレに見えてしまうのかというと、やはり要因は彼のイケメンアルトヴォイスでございます。男役中はあんなにイケボなのに女子に代わるとさあ大変。なんとかアルトイケボを隠さなければ!ということで必死にカバー!でも心配してたよりは女子声でした。おお、みやちゃん凄いじゃん!と感心。でもやっぱり高音になると掠れてしまったり少し厳しい様子。ジャッキーのソロなどはもうakaneさん客席で手に汗にぎりまくりの祈りまくり!高音でろ!!高音でろ!!と。最初のソロでは「ごらん♪」のところを全て短く歌うため妙に優しい感じのジャッキーに(笑)もう歌いきった所でakaneさん拍手喝采!よくやった!よくやったわみやこ!!!(誰やねん)
二幕の客席登場のシーンでは「えーと、なんだっけ?(きゃぴっ)」とかちゃにセリフを聞く。おい!可愛いな!そしてボールを打ち損じた後の「くそっ!!!」が漢でございました(笑)
そしてソファのシーンの足の細さよ!!同じ足とは思えない!(自分の大根を見てしょんぼりしながら)そしてビルの顔を優しく撫でる手つきにドッキリいたしました。でもどうしてもアレなんだ…美少年が女装してるように見えるんだ(笑)何だその怪しい設定は!いつ「僕、実は男だったのよ。ごめんなさいねジェラルド」と言い出すのかとハラハラしました。(すいませんすいません)
しかししかし!!!!ずっとそんな風に思っていましたが、二幕のシャッポーのところでは女性に見えるの!(その言い方)たまにふっと微笑むのがかーわーいーいー!そしてたまらんのが最後の花嫁みやッキー。これはもう完璧に女性です。(その言い方)これにはもう完敗。おおう…騙されとった…美少年の女装じゃなくて完璧に女やんけ…と。(最初からゆーとる)とにかく最後のみやッキーが一番美しいので要チェキ!

ジェラルド◆かちゃ
ウェルカムトゥーかちゃ!かちゃとみやちゃんの組み合わせ、意外といいんだなあと感心しながら見てました。二幕の初めのみやちゃんとの掛け合いでは、台詞を忘れてかちゃに聞くみやちゃんに、「いやいや、始めないと!」と突っ込んでるのが可愛い。何と言ってもびびるのが、カチャのスタイル。コレにはいつも度肝を抜かれます。あの小顔真咲と並んでもさらに小顔だと…!?っていう。恐ろしい、アンタ恐ろしいよ!みやちゃんと並んでもかちゃがでかいので身長差があってお似合いなのである。そしてみやちゃんにゾッコンなのも可愛い。でかいのにわんこみたいだ。プロポーズしても無視されてがっくしきてるのも愛らしい。みやちゃんとカップルになった後の指輪交換ではもうみやちゃんといちゃつきまくり!すげー楽しそう!(笑)あれ、おかしいな。まさみりカポーは指輪交換の後いちゃいちゃしてなかったけどな!淡白カッポーめ…
最後に綺麗になったサリーが登場してきた時に、事情を知らないジェラルドが「え?誰このひと」としげしげ見てるのが可愛かったでございます。

パーチェスター◆コマガタさん
ウェルカムトゥーコマガタさん!ああああコマガタ会いたかったぜえええ!!!眉毛が微妙に下がってて腹立つ顔してるんだがかわーわーいーいー!でもこの人めちゃめちゃ緊張してるわよ!(笑)かたい!しょっぱなのヘアフォード家の説明でも「お二人は不幸な仲になり…(考える)…女は死にました」おおお!!ぶっ飛ばしたな!!(笑)「すみません、わたくし緊張して間違えてしまいました。もう一度説明させていただきます」と言い直す(笑)頑張れコマガタ!(笑)相変わらずこーいう役をしてるコマガタさんはプリティで大好きです。でも役替り初日なのでかたいかたい!そんなところも愛しいぜコマガタさん!!真咲とのやりとりも可愛い。いいなあ同期。「だいじょーぶ?緊張してんの?」とへらへら聞く真咲に「いや…大丈夫です多分」と返すおコマ。大丈夫じゃないだろ(笑)パーティのシーンでは真咲の悪戯に付き合わされてるのがおもろい。「この人頭にぶどうなってるぜプー(笑)」「プー(笑)」とくすくす笑ってるまさコマ。なんやこいつら腹立つ(笑)そしてランベスウォークのはしゃぎっぷりが面白い。何てへんな動きなんだ!おもしれーな!最後の「全て計画通りに行ってますかッッ!!!」と聞くところも変な動きにハの字眉毛でウケる。可愛いぱーちゃんでございました。

マリア◆すーちゃん
いやあ、すーちゃんは重要な役を重ねるごとにどんどん上手くなっていってるのが分かる。この学年にして、毎回変化が見えてすごいなあ。めちゃくちゃマリアはまってました。若すぎることだけ心配してましたが、そんなもんなんのその。素晴らしかったです。なんといってもレッスンシーン。普通はマリアの真似をしたビルにウケるところが、もうすでにマリアからおもろい(笑)ビルにスカートをめくられて「うわぁ…おばちゃん、赤いおパンツはいてるぅ…」と言われると、少し口角をあげ「…違うわ……ワインピンクよ!!!(`ー´) ドヤッ!」とドヤ顔。ひぃいいいいマリアさんんんイケメンんんんん!!ランベスウォークの場面であわあわしてるのが可愛い。思わず踊っちゃうのも可愛い。ビルと帽子を交換するところがものっそい好き!二幕最後でジョン卿に告られて少女に戻ってるマリアさんが可愛すぎてニヨニヨ。

ジョン卿◆リュウ様
さすがさすがの渋い見た目。安定のダンディさ。サリーを気にかけてどうにか守ってあげようとする優しさが本当にかっけーんだ。二幕のサリーのもとを訪ねるシーンのダンディさといったら。ゴッドファーザーと言われたらもうゴッドファーザーにしか見えない。そして酔っ払いシーンでは、へろへろと歌った後に「うーん…マリア…」と甘えたようにビル囁く。何この可愛いおっさん!どんだけマリアのこと好きなの!!!というかんじでございます。マリアにプロポーズする時には足つっちゃって口を空けたまま静止。それにしてもこんなダンディに片膝ついてプロポーズされるとか!んもぅ!マリアの幸せ者!
可愛かったのはランベスウォークの場面。客席にいるビルに帰ってこいの仕草がなんとなく反抗期の娘に呼びかけるように優しい。ウケる(笑)そして大はしゃぎで踊るのも可愛かったでございます。

フェザーセット◆マギー
初めてこの人を見たとき、胸が震えました。全身に鳥肌がたちました。ええ…ええ…そうです、マギーに背広!マギーに髭!マギーにふけ役!マギーに執事!なんと素晴らしい要素てんこもりなんでしょう!本当に欧米のダンディなおじさまのようです。そしてなんといってもうるさくない(笑)もちろんうるさいマギーも大好きですが、いつもとのギャップに完全にノックアウトでございます。しかもこの人、めっちゃ語尾を囁くように喋るんですよ。あのイケボで。くっそそんなんときめくだろうが!ときめくに決まってんだろうが!(akaneさん落ち着いてください)
数々のシーンでときめかせていただきましたが、なんといってもランベスウォークでビルが客席降りしてる時の「戻ってきなさい」のポーズ。アメリカンなカモンの手つきなのよ。眉をひそめて。ひいいいダンディぃいいいい!!でもご主人様に向かってその手つきおい!!(笑)そういえば厨房のシーンでざわめくコックやメイドたちに「静粛に!」がやっぱりでかかった(笑)いやあんたが!と言う感じでございました(笑)
リュウ様のジョン卿も大好きですが、マギーとコマガタさんのジョンも見たかったなあと感じております。

その他。
・歴代ヘアフォードたちが踊るシーンが好きです。娘役たちが頑張って髭つけて男前に踊ろうとしているのが可愛い。変な動きのヘアフォードの人がいっつもツボです。
・警官◆輝城みつるくんが美声過ぎて震える。ホンマこの子ええ声や。
・ブラウン夫人◆るう君上手やなあ。リュウ様が出した紙幣をジャンプして取るときの格好(笑)ポッケに閉まった紙幣を触りながらビルに「サリーはいないよ」という時の演技も非常に上手でした!
・レビューのとしくん・ゆうきくん・紫くんのトリオ、帽子の扱いに必死なのがほほえましかった(笑)としくんは思わず落としちゃってたけど、その後の笑顔ではいはい帳消し帳消しと言う感じでした。ゆうきくんと紫くんも帽子を投げてキャッチする瞬間顔が本気になるのが面白かったです(笑)



見どころ絵。

mg.jpg

マギー執事たまりません。


ではでは。
次は来週またまたミーマイ!次はAパターン!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する