彼は運命の旋律を弾く◆フォーエバーガーシュイン

fev.jpg

こんばんは、akaneです。

ちょっと言ってもいいかな。
ちょっと自慢してもいいかな。

先日twitterで今年の夢はSS席1列目で観劇すること!とゆーてたんですが。
ふふふふふふふ実は言った3日後くらいに買ったった!!手に入れたった!!(空っぽの財布をふりながら半べそかきながら)
いやいや…公式非公式含めて何の会にも属しておらず何のコネもないakaneさんなので結局銭なんだよ。世の中銭なんだ。くっそ汚ねえな!足下見やがって!とぷんすかしながらもついつい元来からの夢に負けてしまったのだった。このどけちな俺が!長い間B席後方と仲良しのこの俺が!!

てなわけで一列で見てくるから。
見てくるから。一列目で。(うるせー)

ちなみに見てくる演目はルパンでございます。おっしゃー真咲を近くで見てくるぜ!貴公子一列目以来だぜ!
ただ心配なのが、一列目とかドリームすぎて舞台全体ちゃんと見れるのかな?という気がしてる。話わかんのかな!奥の方まで見れんのかな!わくわく!(akaneさんはしゃいでおります)

もう仕事がホント大変でさ。楽しみがないとやってられないのよ!なのでついうっかり散財しちゃったのよ!これで当分は他の公演はB席暮らし決定ね!

ではでは、花組バウ行って参りました!
感想は以下で。内容あんまりないです。行ってない方には分からないかも。てきとうです。
 
 
・冒頭のニューヨークニューヨークゆーてるシーンでMr.YOUを思い出しました(笑)

・かばんを取り違えて出会うケイ◆仙名さんとジョージ◆キキくん。おおう…こんな出会いをぶちかましてくるとはさすがデビュー作品!照れちゃう!でも警官が「わーあーー」とか言ってぐるぐるしてはけていくのはどーいうことなの!何があったの!

・実を言うと一幕始めはakaneさん急激な腹痛に襲われ、意識が朦朧としていたのである。ティンパンアレイくらいのシーンはもうマジで席を立とうかと悩むほどのやばさ。(お食事中すみません)なんとかきらりちゃんが可愛かったことは覚えてるんだが…!(ダメだこいつ)それにしても、なかなかデコに手がいきそうなシーンが色々あったんだが何しろ腹が痛いので1幕は手は腹につきっぱなしだったのである。2幕からはデコに手がいってしまったが!

・相変わらず麗しい柚香くん。喋るとへたれ全開なのがまた可愛いのだ!(本当にすみません)

・走り去る仙名さんに「待って、どこいくの…!!僕を置いて…」のキキくんに吹いてしまいましたどうもすみません。だって…僕を置いてもこうも…(ぷるぷる)

・それにしてもアイラ◆たそのリーマンぶりだよ!!丸眼鏡がまた似合う!時々見せる優しい顔に父性を感じるよ!(おとん役とちがう)それにしてもここ本当にニューヨークなのかしら?リーマンたそが完璧に明治の人です。それにしてもたそを見ているとなぜかマメを思い出す。系統は違うのに、ほろほろしちゃう。

・スワニーシンガー◆和海しょうくんが相変わらずの美声を披露してくれてます。いい声だよこの学年で。髪型は変だけれども(あっ)

・ポーリン◆りりかちゃんがかわいい。キキ君にサインを書いて貰って大はしゃぎ、うっとりし、「かっこいい…」とデレデレなのがもう可愛いんだ。

・それにしてもジョージホワイト◆マキシムとおかまニック◆蘭舞ゆうくんがよくわからんかった。なんかやらかすのかと思いきやあんだけバーン!と登場しといて後はほぼ出ず!えー!

・ジェームズ◆アキラくんの後ろからの抱き締めかたよ!なんてイケメン!でも「君は太陽 君はひまわり」って罰ゲームみたいな歌詞!笑

・ジョン◆らいらいの言う「生活の安定以上の幸福がどこにありましょう」にうんうんと頷く保守的なakaneさん。(いらん)

・キキくんが途中でピアノちゃんと弾いてて驚きました。すごいなーさすがタカラジェンヌだ!

・再開したジョージとケイ。アイラも入れて3人で楽しく「一緒にやってこーぜ」と歌うシーンは可愛かったです。それにしてもケイ困ってたのに次の瞬間にはノリノリなので驚きました笑

・いちかちゃんの貫禄ぶりがすごいよね。小さい体に大きなオーラ!でもあのシンデレラみたいなシーンはものすごくチャーミングでたまらんでしたわ!それにしても、もうさすがにアレのかな。いちかちゃんの子役とかはもう見れないのかな。こばやしくーん!

・バラの花言葉の歌がすごく良かった。きっと主題歌なんだろう!ヘビーローテーションするだろう!と思ってたら違うかった!主題歌は五線譜のほうだったのでその歌は一回ぽっきり。ざんねん!

・ウィンチェル◆マイティたちの「やったぞ俺たちの記事のってる♪」「写真とったぞ♪」なんてシンプルな歌詞なんでしょう!笑

・二幕はレビューから始まる。柚香くんが歌上手くなっててびっくり。あんなに低い音もとれるようになったのか!

・若手さんばっかりだけれどもやっぱり燕尾を着てステッキを持って踊る姿は花男たちでした!

・いやあ、それにしてもアキラくんの不憫ぶりといったらどーいうことですかレベル。自分の妻のケイがジョージと関係をもち、それを新聞で知って震えるアキラくん。「確かに初めのころはあなただけが好きだと言ってくれたのに…」と歌う髭面イケメンの不憫さよ。しかもとどめはきゃぴきゃぴとケイが帰宅、しかもジョージ付き。「送ってくれてありがと(はぁと)」とか言ってる。いやー、これはビッチ臭がしていますよ。大丈夫ですか。そりゃアキラも怒るよ。二人を引き離すよ。当然だよ。気持ちは分かるけどさ、旦那の見えるとこでやってたらいかんよ。ほんとにもぅ。たまらなくなって後ろから抱きしめるアキラに無反応な仙名さん。「またそれか…」というアキラが悲しい。何なのこんなかわいそうなアキラくん見たことねーぞ大丈夫か!(笑)

・やっぱり才能ある女性は結婚して家庭に入るというのはとてもガマンできるもんじゃないんだろうな。不機嫌なジーンを思い出す。教授もジーンも愛し合っていたのに、くっつかなかったあの伝説の月9。このままでは俺はお前を一生自分のそばに置きたがる、何もせずに俺だけ見ていろと思いたくなるという教授に、涙ながらに離れたくない、でもごめんなさいというジーン。夫婦で同じ方向を見ていられなくなったら辛いよな。そしてケイにとってアキラはその相手じゃなかった。同じ方向は見れなかった。ケイは自分の夢を見つめ、ジェームズは彼女を見つめている。でもジョージと二人では同じ方向を見ることができた。きっと、初めからケイにとってはジョージだったんだろう。仕方ないよアキラ辛いだろうけど諦めな。肩ポン。

・求められる音楽と自分の作る音楽とのズレ、才能が枯れていくような気がして焦る心、ジョージはズタボロ状態。作っても作っても批評される。ふみかさん、アキラ、マイティに責められる声を聞き、不協和音の中で崩れ落ちていくキキくん。全然キキくんの感想かいてなかったことに気付いたけれども(おい)この辺が物凄くよかったです。ボロボロになっていくジョージ。そして彼の前に突然ケイが現れる。旅行に行くついでに寄ったのだと。

・ケイはジョージに語りかける。彼がいま一番ほしい言葉を言う。彼にとってはどれほど嬉しいものだったのだろうか。客席に背中を向け、堰を切ったように弱音を吐くジョージ。優しく語り掛けるケイ。思わずジョージはしがみつくようにケイを抱きしめる。ここが本当にいい流れで、キキくんと仙名さんの演技が良くて涙が出そうでした。そしてケイはもう一度一緒に仕事をしようという。ジョージのもとへ行くと手紙をおいて家を出てきたのだと。そんなことはダメだというジョージ。わりとすんなり納得するケイ(おい!)。ちょっとちょっと!もっと粘らないと!ジョージさんボロボロですけど!しかも家捨てるかなりの覚悟で来たはずやのにそんなあっさり!ちょっとちょっと!
それにしてもまたまたアキラが不憫でならない。『ジョージのところへいきます』とか書いた手紙みて大ショックを受けてる所にまさかの出戻り…!ちょっとケイの女性像がつかめず残念でございます。

・それにしてもケイの女性像はおいといて、仙名さんいい女優さんですね。上手いのはもともと知ってたけれども、彼女はイロモノというか、ネタ要因的な役が割と多くてアレだったんだけれども正統派のヒロインもこなしちゃうのね!美人さんだしさ!何しろメラコリの印象が強すぎてさ。もっと色んな役を見たいと思います!

・ジョージはストレスと喫煙による脳腫瘍で、若くして逝く。ジョージの死後のアイラとケイのやりとりがいい。つーかたそが上手いんだよ。「こんなにたくさんあるんだ…手伝ってくれるよね?」とか、思い出の場所にもう少しいたいというケイに「外に行ってるね」っていうアレンとか。何がいいんだってもう聞いたら分かるんだよ。うまいなあ、たそ。長くいてほしい役者さんです。

・柚香くんを筆頭にジョージの追悼コンサートをやるんですが、その時の歌とかコーラスがなかなか良かったの。でもね、スクリーンに次々と様々なジョージというかキキくんが映し出されるの。うぉおお…あれ…いる…?あれ絶対スクリーンに頼らない方が良かったって。たとえばカーテンのかかったキキくんがピアノを弾くとか踊るとかさ。絶対その方がマシやったって。あれはあかん。あれは面白すぎる。それまでわりとほろほろしてたのに一気にあかん(笑)アレ見ながら、「まるでジョージってかキキくん死んだみたい…」とか「自分やったら絶対映してほしくないな…」とか思ってみてました笑

・なんやかんやデコに手をやりたくなるシーンもありましたが、最後の終わり方はわりと好きだ。ジョージが弾いていたピアノに向き合うケイ。その後ろからそっと抱きしめるキキくん。ニューヨークの幻を連想させるロマンチックな終わり方でございました。


終演後の挨拶でキキくんが「○列○番の方、感想を聞かせてください」みたいなフリをしてきよったので震え上がる俺。いや全然番号違うけれども。あんなん当たったら死ぬ。なぜなら恥ずかしがりやさんなので。あれ毎回してるんかな。すげーな、絶対akaneさん当たったら「いや…その…結構デコに手でした」とかうっかり言っちまうわ!危ない危ない!すんません。


見所絵。

shuru.png

恐らくここが見所なんだろうが…とてもシュールでございました。


ではでは、明日はロミジュリmy楽!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する