あなただけを。◆愛と革命の詩/Mr.Swing!

aitoka.jpg

こんばんは、akaneでございます。

ワタクシついにさみしくなってしまい、この度ベルばらまさみり編のでーぶいでーを購入することを決心致しました。こ…これで毎日まさみりに会えるんか……ぶるぶる…なんと素晴らしい…「覚えておくがいぃぃいいい!!!!」が聞けるなんて……(それまさみり違う)

てなわけでウキウキしております。早くと~どけっ☆

それはおいといて。
さてさて、花組さん行ってまいりました。
お会いするたびに蘭蘭コンビが好きになっていくマジック。

ではでは感想。まずパンフから。

・表紙のらんとむさんがあひくんに見える。この二人似てるよね!
・みりおくんが写ってることに「ほ?」ってなる。いい加減なれなさい。
・angel white…冴月瑠那、にテンション駄々上がり!!でもみりおくんとの兄弟役はまだですかな?

ではでは、以下で感想だす。
大変長いので休憩しながら読んでください。
いやあ、とても一時間半とは思えないほど見応えのある芝居でした。さすがの景子さんよ。オリジナル芝居では久々にリピートしたい!!!と思う芝居とショーでした。ただし芝居は重いのでダブル観劇には向かないかな!心の疲れが激しいわ!

まずはお芝居から。

ジェラール◆みりおくん
やさぐれみりおくんの第一声、「ハァーー(`Д´)」が素敵なんが。ため息すらかっこいい…だと…?どうなっとんねん……( ゚д゚)
貴族の屋敷で下僕の仕事をさせられていたみりおくん。人類はみな平等であるというルソーの教えを胸に、革命軍の闘士として革命を果たす。ちなみに、バスティーユが堕ちた!と盛り上がるところ、下級生がみりおくんの足を持ちあげるんですが私もみりおくんの足にしがみつきたいと切実に思いました。(長い割にどーでもいい)
ユディット◆朝月希和ちゃんの手を取りながら「この少女が幸せになれる世界を」と優しく歌うみりおくんの胸には本当にルソーの教えがあり、彼はそれを夢見のだろう。
しかしご存じの通り平等を掲げて果たした革命は、貴族や聖職者を次々とギロチンにかけるような独裁の世界になってしまった。ジェラールとて、少しずつその色に染まっていく。革命後は物乞いになった父親の老ジェラール◆さおたさんを見て多少は心揺れるものの、「その男を黙らせろ」と言い渡す。
そして昔から想いを寄せていたマッダレーナ◆らんこがアンドレア◆らんとむと一緒にいると知り怒り爆発。好青年なみりおくんも好きですが、こんなどーしよーもなく困ったみりおくんも大好き!アンドレアの許しを乞いにきたマッダレーナを「ずっと好きで仕方なかった彼女が自分に膝まづいている!絶対届かんはずの彼女が!アンドレアを許してほしかったら俺のもんになれ!」と、マッダレーナに迫るが何度もキスを拒否られる。(み、みんな笑わないで!)あからさまに「ガーン゜д゜)」となってるみりおくんがまた愛しいよ。ドンマイドンマイジェラールさん!そして、「どんな辱しめを受けようが私たちの愛は汚れない」というらんこの言葉に心を動かされるジェラール。でも蘭子さんその割にはしっかりちゅー拒否ってたけども!むしろみりおくんの方が恥ずかしいけれども(笑)
しかし改心してしまう辺り、やはりジェラールは根っからの悪人ではないんだ。むしろ彼は元々は良心の強い人間だった。人を慈しむ気持ちを思い出した彼は、アンドレアの無実を主張したり、マッダレーナを牢屋へ導く。そして他の囚人の身代わりにアンドレアと果てる選択をした彼女を、沈痛な表情で見つめる。全ての責任は自分が被ると言う一方で、やはり君を行かせるわけにはいかないと蘭子を止める。「あなたの胸にある愛する人を失う痛み、これまでどれだけの人たちが感じてきたのでしょう。だからもう、終わりにして下さい。それがあなたの愛です」とマッダレーナは言い、ジェラールを抱き締める。
この先、彼はどう生きていくんだろう。自分の犯した罪や過ち、愛する人を失う痛み、わずかに灯った光を胸に抱いて。(akaneさんはポエマーですか)

black angel◆ゆずかくん&white angel◆ルナくん
ひいいい金髪ルナくん可愛えええ!!!ヾ(*´∀`*)ノなんか女子みたいやしいいい!!!(女子やし)大劇場で役付きなのが嬉しすぎてテンション駄々上がりだぜヤフゥ!!表情も女の子で、むぅってしたりにこってしたりあわあわってしたり何この可愛さ。俺をどうしたいの。(すみません)
マッダレーナがアンドレアの詩に触れるシーン、パァァァ!!良かったねえええ!ヾ(*´∀`*)ノみたいなルナくんの笑顔と蘭子にものっそい泣いたっつーの。しかもみりおくんがピリピリしてるシーンでルナくんと二人になるシーンがあったので、うおおおおお絡めえええ絡めえええ!!!と気持ち悪い念力を送りましたがそう上手くはいきませんですた。残念。
そして対するブラックゆずかくん、さすがの美貌。彼はヘタレ役とかフレッシュな役とかも似合うけど、こーいう妖しいのも似合うね!しかし、とってもとってもゴーリキさんに似てるなあと思ってみてました。いやいや、何が似てるのかよーわからんがめっちゃ似てたんだよ!普段思ったことないけどね!そして彼の奇妙な動きがまた不気味でいいよ!それにしても天使と悪魔みたいな設定はロミジュリを思い出す方も多いでしょうし実際振りとか見てたらロミジュリみたい!てな感じになるんだが決定的に違うことがある。こいつら付き合ってる。(あほか)
いや、しかしこいつら天使と悪魔のくせに超仲良し。愛と死神さんはバッチバチやったけどこちらの二人は背中合わせで体育座りしてたり、普通に会話してたりじゃれあったり。なになに、お前ら付き合ってんの?みたいな。それにしても、ルナくんの片腕は黒、ゆずかくんの片腕は白になってるあたり、天使には悪魔の部分もあり逆もまた然りってのを表してるのか、元々この二人は一人で…みたいなことを表してんのかなー面白いなーと思ってみてました。

マリー・ジョセフ◆みつるくん
あらやだみつるくん嫌なやつじゃない!らんとむ&みつるくんのわかめ兄弟。特にみつるくんチリッチリでございます。あたいあんまりちぢれ麺好きじゃございませんが、華形のチリチリなら……俺……俺……(*´Д`)みたいな感じ。(しるか)
出てくる度に嫌味ったらしくらんとむさんなんもゆーてないのに物凄い被害的な彼ですが(笑)それでもアンドレアの逮捕を知ったときは女ほっぽりだして駆けつけて知らせるんだぜ。なんやねん……ええ弟やんけ…えぐえぐ。本当はお兄ちゃん大好きなんだろな。ツンデレなんだよこのチリチリさん。上手く接することができなくてついついあんな態度とって夜な夜な一人反省会してるんだろな笑
最後は牢屋にも面会に来てくれるんだぜ。泣けちゃうよ。あれらんとむさんに抱き締められたあと走り去りながら絶対号泣してるよ。うおーんわかめ兄弟!!

モラン◆みーちゃん
冷徹一徹な彼。出てきたときに「おおーう!!!このワイルドイケメンは誰ですかあああ!!」とJe Chanteのときのときめき再び!ほんとタッパもあるし技術もオーラもあるし悪役もできるしで男盛り!!という感じだったので勿体ない。七の退団が決まったときの気持ちとよく似ているよ。寂しいよ。悲しい話を戻し、テーブルの詩集を座ったまま足で蹴り落とす(どんだけ足長いねん)、女を荒々しく抱く(どんだけえろいねん)。まじかっけー!!でもわっるーい!!

ベルシ◆いちかちゃん
蘭子の侍女。革命後も変わらず蘭子の世話をするいい人。ほんでまたファビン◆まゆくんとのいちゃいちゃぶりの可愛いこと。無実の罪で捕まったまゆくんの命をみりおくんに乞う場面が個人的に泣けてしもたです。いちかちゃんが上手くてさあ。「あんたなら助けられる?!」がさあ。わざとらしくないというか自然というか。お国柄が出とるというか。そしてアンドレアが連行されるのを見て泣き崩れるのも悲しい。泣いちゃう。

アンドレア◆らんとむ&マッダレーナ◆らんこ
初対面では、余興なんかに詩は詠まない!ならんとむさんに「あたいへの愛を詠んでちょうだいな!」としゃしゃり出て断られちゃうらんこ。加えて「あなたはまだ愛をご存じない!」と言われちゃうらんこ。ドンマイドンマイらんこさん!
そして革命後全てをなくし、絶望にうちひしがれるマッダレーナ。今にも死を選ぼうとしたとき、彼女を救ったのはwhite angelのルナくんが運んできたアンドレアの詩であった。さっきもゆーたが蘭子の表情とルナくんの表情ににあたい超泣けちゃったわよ。akaneさんを泣かせた蘭子の表情が見たい方は今すぐ劇場へ!
しゃしゃった思い出があるのでちょっと名乗り出るのがはばかられ、匿名で手紙を書き続けるマッダレーナ。マッダレーナの手紙が楽しみで仕方なくなるアンドレア。彼は次第に手紙の差出人に惹かれていく。顔も年齢も関係ない。魂に惹かれているんだ。時々世間でメールのやりとりだけで惚れてしまったりすることがあるのも魂に惚れてんだろうか。なるほど深い。
そして二人は再会する。結ばれるシーンはもう、あんた。宝塚全開よ。しかしそれほど赤面しなかったのは、色んなカップルが周りで踊ってくれたからだろう。あれいいな!いい考えだ!
しかし幸せな日々は続かない。アンドレアは捕えられ、蘭子はジェラールにアンドレアの命乞いをしにいく。ジェラールにいくら迫られようと「お前のことずぅっと好きやったんや」ソングを熱唱されてもひたすらアンドレアのことを思って歌う。目の前にいるのはジェラールなのに、マッダレーナの目にはアンドレアだけが映っている。うおおおん。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。
そしてマッダレーナは罪なく処刑される若い娘の身代わりになり、アンドレアのいる牢へ入り、共に死ぬことを選ぶ。そしてアンドレアに言うんだ。「私の胸は喜びに満ちています」と。そして二人は、処刑の点呼に毅然と返事をし、手を繋いで階段を上っていく。
なんだか容疑者Xの献身を思い出します。一度は人生に絶望し、死を選ぼうとした男が隣人の母子のちょっとした言動に救われる。一度は死んだはずの人生だった。それが、彼女らの存在が自分を救い、その日からは彼女らが自分の全てになった。生きる支えだった。男は母子の殺人の罪を被ったり、母子を助けるために殺人さえ犯す。何の見返りも求めない献身。今回の芝居は少し違いますが、それでも、一度は死んだはずの自分を救ってくれたアンドレアは、マッダレーナの全てだったんだろう。(akanenさんはポエマーですか)

その他
・らんこをいじめる88期兄弟(らいらい&よっち)はらたつぜ!笑
・ユディット◆朝月希和ちゃんの独白は辛かった。この少女が幸せになれる世界を、とみりおくんが手を取った時、人が傾倒していく瞬間を見た気がしました。そりゃあ誰でもそうなるよなあ。希望だと思うよ。ユディットが革命政府の帽子を被り、処刑される人たちを横目でみながらちょこまかと活動してるのがなんか切ないんだ。でも、彼女は知っていくんだ。自分を救ってくれたこの人たちは希望ではなかった。傷ついた鳩を救うことすらできない。
・裁判のシーン。シスターが死刑を言い渡され、一度は表情が歪むものの、きっと顎をあげて毅然と歩いていく姿になんか泣けたよ。あれは誰だったんだろうか。パンフ読んでも役名が多すぎて分からんぞ。そして三人目の男性だけなんか死刑を言い渡されるのが早いよ弁解させてあげてよ!
・本当に見応えある芝居でした。ネタバレしまくりでごめんね!


ショーの感想。

プロローグ
黒燕尾の男たちが舞台の先で一列に並んできざるのがかっこよすぎて鼻血ふく。
その後の銀橋ズラーッも勿論楽しい!途中みりおくんが「あ・つ・い!!!!」と言いながら袖から飛び出してきたのが最初誰か分からんかったよ。声にドスがきいてたからさ!びっくりだよ!みりおくんも花男になっていくんだね!!

エトランゼ
旅人のみりおくんは可愛い蘭子に恋をした。しかし蘭子は両性具有で、女子モードは蘭子、男子モードはゆずかくんだったのだ!ドドン!それにしても、パンフ読んだときに両性具有設定はみりおくんの方かと勘違いしてました。なんか男役をたぶらかす感じかと思ったのでほっとしました。コレやったらあかんやつやん!みりおくん怒るやつやん!と思ってたのでよかよか!それにしてもみりおくんのメンズの嫌いさよ(笑)蘭子のときはにっこにこでいちゃいちゃしてるのに、ゆずかくんに変わった途端超嫌がる(笑)ちゃんと好きならその人の男面も女面も愛してあげなさいよ!とむちゃくちゃなことを客席から思う俺。(すいません)それにしても感動したことを言ってもいいか。言っちゃうぞ。鳥役のルナくんが……ついに…ついに……!!!みりおくんと絡んだよォォオオ!!!!(akaneうるせーぞ)おお!絡むか!?絡むか!?絡んだーー!!みたいな感じでうるさい感じで見てました。なんて美しく双子のような二人なんでしょう。これからもどしどし見せていただきたいショットでございます。
なかなか面白かったですこのシーン!!

野球のシーン
バットをふりふりしながら登場するらんじゅさん。思ってたより素振りが悪くなかったよ!それにしても斬新なシーンですごく楽しかったです。こーいうあほなシーンは大好きです。どこが野球やねん!何人でやっとんねん!何踊っとんねん!ヴァッハー!!!と爆笑。男子vs女子。メンズがさっさとホームランを打ち、悔しい女子は色仕掛け。みーちゃんが蘭子のパンツを見ようと物凄く頑張っておりました(笑)そしてその隙にポンポン打つ女子。最後はバッターらんじゅvsピッチャーらんこ。2回の空振りのあと、最後はホームラン。打ちひしがれる蘭子。てか蘭子の泣き方(笑)男らしい(笑)「悔しがらせちゃったけど大好きだぜ♪」みたいな感じでラブラブで終わる。なんやこれ楽しいな。

Sscret Swing
だいもんさんの美声をバックに、キキくんとらんとむさんのラブシーンが繰り広げられます。最初キキくんが仮面を被ってるので「おー!誰やあれ!!」みたいな。キキくんと分かってびっくり。ちょっと意外だったからさ!しかもこれパンフみたら役替りなんじゃん!キキくんとゆずかくんはまあ女役アレかもしれんが、アキラくん大丈夫か!(笑)完全に妖しい世界じゃないの!完全に二丁目じゃないの!(本当にすいません)アキラがらんとむさんポジを見たいんだが!でも色気はありそうよね!えーとそれは置いといて、とにかくあだるてぃな感じで絡んでおります。またらんとむさんから色気とエロすが駄々漏れでさ。キキくんも大変だなぁおい!最後はキキ君の胸で眠るらんとむさん。おう…これをアキラが……(いい加減にしろ笑)

エピローグ
クールスィング◆みーちゃんの銀橋ソロが泣かせます。「どんな道かは分からないが、自分の道を行くんだ」みたいな。うぉぉおん。それをまたホットスィング◆みつるくんが「どこ行くんだよ!」とめる。いやあ、この止め役がみつるくんていうのがいいよね!オーシャンズでいいコンビだった二人だから余計にさ!

フィナーレ。
男役たちがかっこよく踊るんですが、「雨の御堂筋」のイントロに似た曲だったので気になって仕方ありませんでした。(なんやその感想)

デュエダン
階段でのダンスがまあまあ長くてすげーなー!と感心しながら見てました。落とそうとしてもなかなか振り向いてくれない蘭子に、らんとむがグイグイせめちゃう!抱き締めてもパッと離されたり足撫でてもフンッてされてもめげない!とうとう強引にちゅー!そして親指( ´∀`)b!親指は笑うところかと思ったわ!笑
最後は、「嫌な気はしないけど、今日はここまでよ。バァイぼうや( ̄ー ̄)」てな感じでさっさと去っていく蘭子姐さんと「ふぅ~┐(・∀・)┌」と困ったぜぇべいべぇーという感じで去っていくらんとむさん。なかなか面白いデュエダンどすた!



見どころ絵。

ranko.png

”私の魂は、あなたに救われたのです”


ではでは。
次は数日後に春雷!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する