たった一度の恋。◆春雷

syunra.jpg

こんばんは、akaneです。

最近は結構続けて観劇できているので幸せいっぱいです。
やっぱり嫌なことがあればヅカを見て現実逃避!腹筋のトレーニング!泣いてスッキリ!というところでしょうか。

フットルースが大好きすぎるワタクシですが、最近もずーっと実況CDきいております。
もう好きなポイントはいっぱいありすぎて語りつくせないんですが、とりあえずあゆっちの「コマガタ激LOVEソング」とキムミミデュエット、まっつときゃびこのやり取り「君だけは私の味方だと思っていたよ」「…今だってそうよ」、ラストのまっつのお話「今、私は迷いながら話しています。私は自分の背負った荷物が一番大きいと思い込んでいた。それを歳若い友人が降ろす様に言ってくれた。それは、私にとってはとても恐ろしいことでありましたが……」のくだり。思い出すだけで泣けちゃう。
あゆっちがコマガタさんのことを「彼には隠れた才能があるのよ!!!」って言ったら雪娘たちが「いや、ない」「ないわよ」と口々にボソボソ言ってるところが笑ける。
DVDでないのがチョモランマを越えるほどの残念さでありますが、本当にフットルースのCDおすすめです。

雪組梅田芸術劇場公演ライブCD フットルース雪組梅田芸術劇場公演ライブCD フットルース
(2012/08/22)
宝塚歌劇団、音月桂 他

商品詳細を見る


とか宣伝してみる。
それにしても、ハウトゥーサクシードのキムミミデュエット「I belive in you」が好きすぎるんだがどこかで聞ける所はないかしら。

さてさて。
今日は雪組さんバウ行って参りました!
akaneさんあんまり細かく席を見ずに買う習性があるので、今回は行ってびっくり。
どーせ後ろの方だと思ってたらまさかの前から5列目以内。おどろき!!しかもドセン!ひいい!びっくり!!!

それにしても、春雷をするにあたりおかんが「若きウェルテルの悩み、もってるで!!」と貸してくれたのですが、完全にPC触る時の肘置きにしている。というか現在も置いてる。置きながらPC打ってる。ちゃんと読みますすんません。

ではでは以下、感想です。
印象に残ったとこだけ。
・ザッキーが客席へ続く階段で本を読んでいらっしゃる!なんて美しいお顔なんだ!1列下手とればよかったわ!!

・グレッグ◆あすくんは老人役。じじくさい動きは良いけれどもまたお声が若いんだ(笑)

・ロッテ◆せしこさん。せしおさんがせしこさんになってから随分と経ちますが、何度舞台を見ても慣れないですわ。しかし美しいなあこのお方。話し方もすっかり女性で。いつもと違って幸薄な感じなのですが(失礼)儚げというか、これは男だったらほっとけないだろう。守りたくなっちゃうだろう。たとえ元メンズだったとしても!!そんなの関係ねええええ!!!!(akaneさん静かにしてください)

・せし子のソロを聴きながら、歌上手くなったなあと感動して見ておりました。なんか私の記憶にあるせしるさん(♂)はビジュアルは雪組男子たちの顔面偏差値を上げてくれていたイケメンだったのだけれども、おうたが大変だった気がするの。せしこが歌うたびに「おおぅ……!がんばれぇ!がんばれぇ!低い声出ろ!!」となっていたような気がするの。やっぱり女子の音域の方が歌いやすいのか安定感が桁違い。男役の時は声しんどそうやったしなあ。いやあ、ここまでせしこの性転換が当たるとは。メンズせしこのビジュアルは大好きだったのでイケメン大湖さんに会えなくなるのは寂しいですが、もうあれだ。俺が守ってやる。(akaneさん静かにしてください)

・全然本編のストーリーに触れてないのでちゃんと書きます。

・春雷の鳴り響く森にて。雨の中、ウェルテル◆ナギショーはロッテに告白。「あなた、恋をしている顔だわ」「私のフレイヤは目の前にいる、あなたです」と。初めて会った時から好きやったと、なんともベタベタなお運びで恥ずかしくなる俺!「私には婚約者がいるのよ」「そんなの関係ねえ!」とたぎるナギショー。おおう…なんだこの感じは…かっとばせピュアハート物語の匂いがする…さては原田君の仕業だな……(そして後に本当に原田君だったと知りびっくりする俺)
しかも驚いたのはこれよ。ナギショーの全身黄色コーデ!(笑)金髪だしチョッキもズボンも黄色だし!何もカレーの気持ちにならなくても!(なにゆーとんねん)ほんでもってロッテに優しく激しくキスをお見舞いし、さらに押し倒しちゃう!首筋にちゅーもしちゃう!あのヤングなナギショーが!!せしるおねーさんに!!一人できて良かった!!!としみじみ(笑)

・行使◆ザッキーさんイケメンです。なんてヒゲが似合うんだこの人…顔がソースだからさあ…超ダンディだようっとり。しかしザッキーさん二幕ではすげー嫌なやつだったのである(笑)一幕でダンディ!とか思っちゃったことを後悔よ!でもダンディなんだもの!!

・ウィルヘルム◆ほたてくん。あわてて白カツラを変な感じで被るのが可愛い。でも脱ぐ時に後ろ髪に引っ掛かって「あぁんもおぉなんでひっかかるんだよぉぉお!!」がツボに入って震える俺。この人チョイチョイしか出てこない割に、一幕では完全にネタ要因。ウェルテルの仲のよい友達というか悪友みたいですが、まあそれほど大きな役ではない感じでございます。惜しいなあ!いいキャラしてるのになあ!一番の見せ場は最後の「ウェルテルーーー!!」かな!!あそこはギャップにやられます。

・ロルフ◆まなはる、いいなあ!彼は貴族よりこーいう泥臭かったり荒くれてる感じが好きだぜ!ナギショーとも同期芝居でいい雰囲気を作ってくれます。ウェルテルもロルフも、難しい恋愛をしている。きっと通じるものがあるんだろう。

・ウェルテルとロッテは愛を育んでいく。けれどロッテには婚約者がいる。あーあ、やめとけよ婚約者のいる相手なんかさあ。そりゃあ超お綺麗だけどさあ。後で深手を負ってもしらねーぜ!とakaneは心の中で忠告!(いらん)それでも彼はロッテをひたすら真っ直ぐに愛す。将来のことを考えるとどうしても不安になってしまうロッテを、ウェルテルは温かい笑顔で包み込む。

・ロルフとサビーヌ◆沙月愛奈ちゃんのいちゃいちゃが可愛い。寝転んだまなはるに愛奈ちゃんがちゅーするところなんてきゅんきゅんしちゃうよね!ちょっと体勢しんどそうだけどね!二人が脱出計画をきゃぴきゃぴ立てていると、そこに突如現れるロッテの婚約者のアルベルトさん!◆大ちゃん。一幕後半でやっと登場!でけえ!!近くで見るとよりでかい!!

・描き上げたロッテの肖像画を持って、るんるんとロッテに会いに行くウェルテル。しかし、彼は館でアルベルトに出会うのだった!どどん!!いやあ、金髪ナギショーと暗いめの髪の長身だいちゃん。なんだか大人の男と青年という色が濃く出てて良かったよ!ロッテに「その絵は…?」と聞かれ、本当は完成していた絵を「まだ足りないところがあったから持って帰るよ…」と肩を落として出ていくウェルテルさんの寂しい背中よ!!もー、だから言ったじゃないのよ!!akaneさんの忠告を聞きなさいよ!!(akaneうるせーぞ)

・それにしても、ロッテの乳母、ヴェラ◆ヒメがナギショーに「お嬢様の幸せを想うなら身を引いてほしい」と言いに来るのですが、「幸い、一族のものはあなたとお嬢様の関係に気付いておりません」て。ま、まじか!!あれだけ堂々としょっちゅう会いにきてるのに!!みんなおとぼけさんばっかりね!!

・しょせん、手の届かない恋なのである。終わらせようとするウェルテル。一幕終わりのパーティにて。自分をさらって逃げてほしいというロッテにウェルテルは言う。「どこに逃げられるというんだ」と。無理だよ、と。優しく悲しく彼は彼女の言葉を否定する。そしてさよならを告げる。「待って!!!」と引き止めるロッテの声に振り向かず、ナギショーは客席を歩いていく。てててーん。切ないぜ!!

・でもやっぱりどうにもたまらなくなって村へ戻ってきちゃうウェルテル。しかも丁度アルベルトとロッテの結婚式中という!ついてないぜナギショー!というか、ナギショーもナギショーよ!お別れを言ったのに戻って来たらあかんわな!!そりゃロッテも「どうして戻ってきたの……」ってなるわよ!!自分で婚約者がいても関係ないんやー!!とロッテと恋仲になりながら、彼女の幸せを願うからとお別れを告げ、でも戻ってきちゃうってのがさー!ロッテさん振り回されっぱなしよ!!まあもちろんウェルテルの気持ちが分からないではないがね!!(うるせー)

・それにしても大ちゃんも昔を考えると本当に歌上手くなったと思うけど、最後が伸びないのが惜しいな!

・ロッテの館にて。だいちゃんがピストルをウェルテルにあげたのは、普通に「俺を撃てるもんなら撃ってみろ」的な感じで渡したんかと思ったわ。だって意味ありげにたっぷり間をとって、わざとらしく背を向けたりするからさ!ウェルテルが大ちゃんに銃を向けたときに「何のまねだ!!」って言ったのにびっくらぽんでした。え!あんた撃って欲しかったんじゃなかったの!?みたいな(笑)「私を撃てるのか?」とか言うのかと思ったわよ!
その後、自分の額にピストルをつきつけたウェルテルを「やめてええ!!!」と必死に後ろから抱きしめて止めるせしこに涙が出そうだったよ。うぉおおんんお前らぁああああなんで上手くいかんのやぁあああ(´;ω;`)という。その後ウェルテルさんの気が触れてしまったのかと思いきやその後の場面は普通のウェルテルさんに戻るのであった。

・その頃、ついにロルフとサビーヌの駆け落ちが決行!!何かもう計画話す頃から失敗フラグが立ちまくっていたのですでに悲しかったんですが、やっぱり失敗。でも失敗するとは思ってたけど、まさかサビーヌが谷底落下とはなあ。。物凄く辛かったです。追っ手の中を必死に手を取り合って逃げていく二人にも泣けたし、サビーヌが目の前で落ちていく姿に絶叫するまなはるも辛かった。うぉーんうぉんうぉん。でもちょっと、サビーヌ置手紙したらあかんかったと思うのよ。するんやったらもっと分からんとこに隠さな。発見を遅らせな!あれ見つかるん早かったから捜索も早まっちまったのよもぉー(´;ω;`)

・法廷シーンはちょっと色々変なとこもあったけれども、「若旦那…!!いいんですよ、もう……」のまなはると、まなはるを救えなかったナギショーの表情に泣けたわよ。゚(゚´Д`゚)゚。

・この劇中に出てきてるカップル二組とも色々ありますので、自由に恋愛できる人たちっていいよなあとしみじみ感じながらみておりました。

・それにしても、どこか幸薄オーラが出ているせしこさんですが、ナギショーといる時に物凄く幸せそうなのがいいよね。たった一度の恋なんだ。諦められるはずがないんだ。ナギショーが思わずせしこを抱きしめる。その時のせしこの幸せを噛み締める表情よ!思わず視界が緩んだ瞬間、現れる大さん。「私の妻に何をやっているんだ!!」と殴られるナギショー。そしてナギショーを侮辱し、ロッテに殴られるアルベルト。「私は、こんな愛し方しかできないんだ……」と弱弱しく言うアルベルト。なにぃ!押してだめなら引いてみろ作戦か!私の中ではこれを通称「青鬼作戦」といいます。ついちょっとロッテも傾いちゃいます。

・そして、もう一度ロッテに別れを告げるウェルテル。辛いよなあ。。分かるよ、何回別れたりくっついたりしとんねん、じゃないのよなあ。割り切れないんだよなあ。「幸せになってくれ」とロッテを離すウェルテルの心情にホロホロするわ。そして名残惜しく、でも自分だけの問題ではないからどうしようもできないロッテが、何度も振り返りながらもよろよろとアルベルトと歩いていく様子にもホロホロしちゃう。

・彼女への想いを、胸に封じ込める術。それは、自らの命を絶つことだった。

gete.png

このぼくが あなたのために死ぬという幸福にあずかれるなんて

ロッテ あなたのためにこの身を捨てるなんて幸福に

ああ ぼくはどんなにあなたと結びついていたことでしょう

はじめて会ったときからぼくは あなたを放すことができなかった

ロッテ ロッテ さようなら さようなら  



(原作:若きウェルテルの悩み より)


ではでは。
次は9月末にかぜとも!

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する