おにかげ様がみてる◆オグリ!

oguri.jpg

午後の部はおかんと別れ一人で観劇。
いやあ、やっぱり一人で観劇の方がいいね。悪いな、おかん。
今回は一番後ろの右端の方。二人の貴公子は一番前だったのが嘘みたい笑
しっかりパンフのストーリーを熟読。かなり面白そう!
出演者をざっと見て、大河凜くんを見とこうと決める。顔がすきなのです。

感想ですが。
オグリ、めっちゃおもしろかったー!!
ぽちぽち書いていきます。


幕開き。
ちょ、馬こえええええええ!!!!
なんてパンチのある幕開きなのかしら。
多分最初は誰も出演者見てないよ。馬見てるよ。釘付けだよ!

さてさて、藤さんの語りで物語が進んでいきます。
子供がほしいと祈るパパ◆まりりん。すると毘沙門天◆マメ、高いところから登場。かっけー。
そして生まれた小栗◆えりたん。ちょ、えりたんの子供時代の人形こええええええ!!(笑)
表情こわ!でも超操られてる!超動きなめらか!(笑)
大きくなり、お嫁さん探しにすげーわがままなえりたん。
でかいの嫌だのちっこいの嫌だの黒いの嫌だの白いの嫌だの。
そして、その調子で72人斬り。どんだけシンデレラボーイ気取り!!
いや、でも本当に色男だわえりたん。歌もすげーうまくなってる。

そして蛇の化身◆じゅりあちゃんに恋しちゃったえりたん。
そんな明らかに顔色おかしいおなごを口説いてんじゃないよ!(笑)
そしてヘビこえええええええ!!ほんでその上には馬!(笑)
ヘビ女と付き合ってることがばれて流されちゃったえりたん。どんまいどんまい。
その後色々ありまして、後藤左衛門◆みつるんの活躍により照手◆すみかちゃんとまとまったえりたん。
すみかちゃん登場の第一声で背筋がさっとしました。なんて綺麗な声なんでしょうかこの子は。綺麗っていうか、なんか心にくるというか。
トップになるのは早いんじゃないかとか、もっと育てて欲しいと思ってたけど、なるべくしてなったんだろうなあとしみじみ思いました。マジすごいわ、ののすみかさん。いや、野々すみ花さま!(思わずさま付け)

勝手に娘に婿入りしよったえりたんに怒るすみか父、横山◆萬さん。声がかすれてて心配です。大丈夫かな?
とりあえず横山はえりたんに人を喰うといわれる馬、「鬼鹿毛(おにかげ)」に乗ってみろといいます。
えりたんは馬に命の大切さみたいなのを語り、馬は感動のあまり涙を流します。
いやこの涙がね、若干客席に笑いが起きましたけど、ちゃんと泣いてるように見えたわけです。電球でね。
余談ですが、四季のライオンキングでシンバが行方不明になりサラビや仲間のライオンが涙を流すシーン、目に手をつっこんで長い紙をビローンと取り出して涙に見せるとこあるじゃないですか。あれに比べたらかなりまともな涙だったと思います。ライオンキングの涙は衝撃でした(笑)

そしてえりたんは見事に乗りこなす。えりたん、横山たちを見下ろしながら「こんなに乗り心地のいい馬は初めてだはっはっはー!」といいますが、実際は耳の間に乗ってる(笑)馬でけえ!えりたんちっちぇー!(笑)
そして、横山たちは客席の方を見ながら「あの鬼鹿毛を乗りこなすなんて…!」とか言ってますが、実際鬼鹿毛あんたらの後ろにいるから!うしろでガン見してるよ!
そして横山たちは無理難題な乗り方(例えば90度の崖を馬に乗って走るとか)そーいうのを出しますが、全部乗りこなしたらしいえりたん。
ここでの演出は、思わず客席に笑いが。だってあんな演出でくるとは!工作の時間かよ!(笑)
しかもみんな「すごーい!」とか言ってるけど、実際おにかげさん後ろにいますから!うしろでみんなをガン見してるよ!(笑)
結局、横山に毒をもられて家来ともども殺されてしまうえりたん。
「人を殺してわが子を殺さないわけにはいかない」というとんでもない理由から、石をつけて川に沈められることになったすみかちゃん。
嘆き悲しむ女房たちに、「いいのです」というすみかちゃん。なんかここで涙目になる私(笑)
胸を打たれた横山の家来?鬼王と鬼次は石をとり、すみかちゃんの入った箱だけを川に漂わせます。鬼二人グッジョブ!(笑)

ちょっと長くなってきたので、こっから箇条書き。

 
・優しいじーさん、太夫◆よっちに拾われたすみかちゃん。
・だがじーさんの妻◆もえこは悪かった!
・ちょ、もえこ悪すぎ!!(笑)・太夫の心を奪ったすみかにぶち切れ、箱ごとすみかを煙であぶり、肌を黒く醜くしちゃおう作戦
・でもすみかちゃんには神様がついているので、白いまま
・もえこがうへへへ!と箱をあけると変わってないすみかちゃんが。
・「美人のままだーー!」にうける(笑)
・結局太夫のいない間に人買いにすみかちゃんを売っちゃったもえこ。
・泣くフリをしていると、太夫に全てを見破られる
・ここから太夫の泣き方講座
・悲しい時は全身の毛穴全体で泣くらしい
・だが今のお前は人買いに売った嬉しさから、首から上しか泣いとらん!by太夫
・そんなやつとは一緒におれん。わしは旅に出る。by太夫
・太夫かっけー!
・よろず屋に売られたすみかちゃん。
・よろず屋の主人◆マメと主人の妻◆じゅりあちゃんに遊女になれといいよられるが、断固拒否
・そのかわりに遊女16人がやっていた水仕事を全てすみかちゃんがすることに
・まさにシンデレラ状態
・でもすみかちゃんに神様がついているので、16人でやるよりかえってはかどっているらしい
・どんだけ~
・ところかわってあの世のえりたん。
・マメ、子鬼を熱演
・えんま様に気に入られ墓からよみがえったえりたん
・墓からよみがえった小栗◆(ここではふみかさん)こええええええ!
・さだこですさだこです
・夢に出てきそうだわ
・色々ありまして完全復活したえりたん
・そこへ何かの神様◆みつるんが現れ、えりたんに不思議な杖を与える
・「今度会うときは~ちゃんと買ってね~♪」みたいな歌がおもろかった(笑)(笑)
・生き返ったえりたんを信じられないマリンパパ。
・本当の小栗ならこれができるはずだ!とえりたんに向かって弓を放つ。(ふりか?
・遠くてあんまわかんなかったが、飛んできた弓をとるえりたん。しかも3連発。
・客席、「ちょ…すげえ…」とざわつく(笑)
・よろず屋に寄り、遊女たちの前でその場にいない下人扱いのすみかちゃんを指名するえりたん
・するとすみかちゃん、ななななんと私の一つ隣から登場!!
・ちかっ!!!
・客席に降りてきてすみかに酌をしてくれ、と頼むマメ
・えりたんとは知らずに断るすみかちゃん
・「お願いだ!」「いやです」「お願い!」「い・や」を繰り返す
・「あなた!気まずい雰囲気ですわ!」と客席に降りてくるじゅりあ姐さん(笑)
・ここ個人的にくそわろた
・そして再会。ここ良かったーーー

とりあえずここで感想は終わり。最後にえりたんがすみかちゃんを斬ろうとして出来なかったとこも、なかなか美味しいシチュでした。
そしてみどころ。

oguri.png

思わず吹いたわ(笑)

最後の挨拶は「今日もみんな元気に演じられて良かったです。ありがとうございました」みたいな。
シンプルですね!さすがえりたん!

いい男でした!
そしてすみかちゃんはいい女でした!

あーオグリおもろかったーー!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する