きみという花◆ラスト・タイクーン/TAKARAZUKA ∞ 夢眩

rasutono.jpg

こんばんは、akaneです。
またまた時間があいてしまい、その間にいろいろと発表もあり寂しい限りです。
えりあゆコンビの姿を東京まで追っかけてきて良かったなあとしみじみ。
そして心中のチケットがなかなかとれずに四苦八苦しております。早くしないと初日あいちゃう!

さてさて、今日はやーっと花組さんにありつけました。
え?なんなの?この公演で蘭寿さん退団?いやいや嘘つけよもうそんなやめてよもー。という感じですが、

うわぁあああああああんんんんん。゚(゚´Д`゚)゚。(うるさい)

信じられないよ君が行ってしまうなんて…
と思わずCHARCOAL FILTERになってしまうよ。うわああん。

泣きながら見てまいりました。
以下に感想です。
まずはお芝居の感想。

・ブレーディ◆みりおくんのひげ!ひげづら!ダンディ!イケメン!でもほそい!眉間のしわとか目の細め方とか、今までのみりおくんとは一味違う枯れた感じが新鮮でした。

・るなくんの黒髪オールバック!!すてっきぃいいい!!!!

・天才プロデューサーのモンロー◆らんとむが次々美女を切り捨てる→美術スタッフのジェシカ(ミナ)◆蘭子にびびっときちゃって起用→大成功→二人ゴールイン→蘭子事故にあう。なんというスピーディー展開。完全においてけぼりを食うakaneさん。

・ところで、スクリーンの中のターバンたそさんがイケメンでわらけました。そのあと会場に実際に登場したときもキザキザでわらけました。笑

・スタジオのみんなの「俺たち映画バカだぜ!」みたいな歌が面白かったです。「ばかばかばかばかばかばk」とばか連発。ばかソング。しかもずーっとオペラでるなくん追ってたので、るなくんにかわいい踊りをされながらけなされている気分になり、「言ったなーコイツー☆」という気分になる遊びを行っておりました。(どうしようもない)

・みりおくんの娘がセシリア◆べーちゃん!なんと、みりおくん子持ちだと…!?しかも大学生の娘だと…!?いったいいくつの子だよ…年齢不詳すぎるよこのイケメンひげおじさん

・ボックスレー◆みつるくんの出番が多くて、しかもいい役でうれしいのですが、らんとむさんがみつるくんに映画の素晴らしさを伝える場面で、「ああ、これ生田くんの作品か」と思いました。なぜかわかりませんが。というか、だれの作品かもしらずに見ている俺。

・スタジオが火事になり、そこにたまたま居合わせた二人の女性のうちの一人、キャサリン◆蘭子はなんとミナにそっくりだった!!どどん!!相変わらず展開ぶっとばしてきます。

・銀橋で「あいつぜったい蹴り落としたるからなソング」を歌うみりおくんですが、さすがみりおくん、歌うまいよ。頼もしいなあと思ってみておりました。

・舞台が回転して重役会議のシーンになるんですが、そこの感じがなんかめちゃくちゃテンションあがりました。なんでかはわからない。自分の目で、舞台を見に行ったほうがいい。(宣伝上手)(そうでもない)

・ココナッツグローブのシーン。人違いされて上げて落とされる仙名先輩ドンマイでーす。そしてキャサリンと再会してテンションダダ上がりで口説きまくるモンローさん。二人の踊るシーンはすてきでした。そしてキャサリンを見て「ミナ・デービス!?」とびっくりしてるスタジオの人たちの反応も面白かったです。

・銀橋でのらんらんコンビのやりとりも好きです。男がガンガンで、女がちょっと引き気味なのがなんとなくナポレオンのパーティー後のトップコンビのやりとりと似てる気がして。モンローさん、自分で「きっと僕はバカげたことを言ってるんだろうが」とちゃんと自覚があるようですが、これで蘭寿さんじゃなかったらマジで痛い人だよ。通報しちゃうわよ。しないけどね!むしろモンローさんに逮捕してほしいけどね!(うるせえ)

・もう、オープンカーでグラサンで現れた蘭寿さんに腹筋がねじまがるかと思いました。もうかっこよすぎてわらける。なんちゅうの?恥ずかしさを乗りこなしてるっていうか、恥ずかしジョッキーっていうか?(なにゆーとんねん)いくら払ったらそのオープンカーの助手席に乗れますか!!!

・それにしても、好きな人を元妻と一緒に住むはずだった場所に連れて行くなんて……しかも二人がそっくりとなれば絶対キャサリンが「ああ、自分は身代わりなんだ」と思うにきまってんじゃん…何してんのこの人!もう!イケメン!セクシー!

・背中に抱きついたキャサリンに対し、「僕の映画ならこうだ」と言って、前から抱きしめ、熱い接吻を交わす。ひぃいいいい恥ずかしジョッキーぃいいいいい乗りこなしてるよぉおおおいい感じで恥ずかしさ操ってるよぅううう(すいません黙らせます)

・なんやかんやモンローを蹴落としたいと思いつつ、でもちょっとびびってるイケメンひげ男のみりおくん。頭抱えてどうしたのかしらと思ったら、「神に愛された男を出し抜くことは少し怖い」とのこと。何それ可愛い。そして慰めてくれるバーディ◆りりかちゃんにちゅーして(みりおくんちゅーうまくなったね!)そのままなだれこむ。おうおうやるねみりおくん!!

・しかしその後、なんと娘のべーちゃんがうぉらぁああ!!と殴り込み。止めるローズマリー◆くまちゃんをぶっとばして、営み中の部屋へ突入。あかん!!それは一番あかんやつや!!!そして「パパのばか!!さいってい!!!」と激おこぷんぷん丸で出てくるべーちゃん。その後、はだけたまま超大慌てで出てきて頭抱えるみりおくん…。何このイケメンひげ。どんだけついてないの。どんだけ愛おしいの。みりおくんいたたまれなさ過ぎて座席で悶えたよね。(しるか)

・ところかわって、キャサリンの彼氏はDV男のブロンソン◆だいもんくん。キャサリンを脅して、なじって、突き飛ばした後は「俺を捨てないでくれぇ…」とすがりつく。……何よこの気持ち……ヴァイオレンスだいもんはいただけないけれども……弱さ全開だいもんですって…?……ど、どうしよう………(どうもせんでいい)

・ユニオン結成に向けて動き出したスタジオの人たち。モンローを悪く言うみんなに、みつるくんがモンローが行ったことを次々と訴えるところが好きだ。みつるくんいい役だなー!!

・モンローのオフィスで、ミナの絵を見ただいもんの後姿に震えちゃったわよね。ああ!!!DV男に気付かれた!!!という。

・「なんでみんなこーなーいーのーよぉー!」みたいにじたばたしてるヴィヴィアン◆きらりちゃん超かわいい。というか関係ないけど、まだきらりちゃんやいちかちゃんが残ってくれているのが本当にうれしいよね。

・「明日、結婚します」の蘭子の声が静かすぎて軽くホラーかと思いました。笑

・この作品がきっと生田くんの作品なんだろうと思ったのはブリマー◆まゆくんがラスボス感満載で出てきたときです。上海デジャブ。はらたつなーこいつ(笑)そして、乱闘を起こしてふらふらになっていくらんとむさんの脳裏に、いろんなネガティブな過去が思い出される。この辺はなんとなく春の雪っぽいよね。こーいうのはうまいけどなあ、生田くん。

・そしてなぜかボロボロのらんとむさんの前に現れる蘭子。どんな偶然なの。「ボロボロな僕だけど」「私もボロボロよ」と言い合う二人ですが、二人とも全然ボロボロじゃない。むしろキラキラです。蘭寿さんに至っては乱闘を起こしたはずなのにチョッキにしわ一つありません(笑)そして、ついに結ばれる二人。らんとむさんの「あいらっびゅー!」の発音が良すぎて震えあがりました。もうこのジョッキー優勝だよ…何連覇だよ……(何の話)

・モンローの契約解除とユニット結成の許可をスタジオのみんなに発表するみりおくん。でも私に従えとか、モンローのユニットは解散するように言う。スタッフ達はみんな怒りや不満をあらわにしますが、「?あんたらの要求は飲んだやろ?」と本気でわかってない感じのみりおくん。おおう……なんと残念な勘違いイケメンひげ男なんでしょう…愛しいよ…笑

・現れたモンローがみんなに語り掛け、みんなモンロー側につく。追い出されるみりおくん。何とも情けない…イケメンなのに…愛おしさ爆発なのに…(笑)そんでもってるなくんの乱闘をうっとりと眺めておりました。

・この仕事が終わったら結婚しよう、と約束をかわすキャサリンとモンロー。なんかこの時点で死亡フラグをビンビンに感じ取ったakaneさん。「なんだこの幸せな場面……だいもんだ!だいもんがくるぞ!!キャサリン死んじゃう!!モンロー、キャサリンを置いてっちゃだめよ!」と思ってましたが、まさかの見当違い。

・それにしても、キャサリンとブロンソンの場面、救いようがねえな。銃を突き付けられ、ブロンソンに追い詰められながら震えるキャサリンと、そんな二人の耳に入ったモンロー死亡のニュース。なんだと……死亡フラグはモンローだっただと……?キャサリンに銃を手渡し、「これは見舞いだ。必要な時に使いな」と言って高笑いしながら去っていくブロンソン。魂の抜けたキャサリン。うぉおおう……なんという後味の悪さか。つーからんとむさん死ぬのかよぅううう生田ぁああくんんんんふざけんなあああああ

・一人残された蘭子と、バックに流れる陽気な映画音楽のミスマッチさが余計に気色悪いです。まあ、相棒の時のあやねちゃんがみわっち殺してガスマスクつけて10人のインディアンを弾き語りする場面に比べたらマシですが…(思い出したら鳥肌たったぞ)

・スモークのたかれた映画館。彼は一人ぼっち。周りには誰もいない。「おいおい、俺にはやり残したことがいっぱいあるんだぜ?」と言うモンローさん。ホントだよ。これからキャサリンと結婚するんでしょ?みんなで映画作ってくんでしょ?何死んでんの?という。そして同時に退団してほしくない気持ちが次々とあふれていきます。

・彼の墓の前で、次々とみんなが「彼の意思を我々が受け継いでいく」系のことを言います。またみつるくんがこういうのをたくさん言ってくれるのが、長い時間一緒にいた彼らを想像させて泣かせるんだけれどもさ。いやでもでも、きっとこーいう下りは来ると思ってたけど、まさか死んだ主役に向けていうとは!!死んだら駄目だよサヨナラ公演でさあああ。しかもなになに、モンローさん余命半年だったの?よくわからないぶっこみで混乱したわよ。

・白いスーツに身を包んだらんとむさんが、「Thank you」と歌い、最後は背中を向けて去っていく。サヨナラ公演でトップスターが背中を見せることは多いですが、そのたびに、この背中でどれだけのものを背負ってきたんだろうと感慨深くなります。ああ、彼は我々にどれほどの夢を見せてくれたんだろう。そんな風にあったかく、そして少しさびしい気持ちにさせてくれました。幕が下りていく時、ああ、これで蘭寿さんのお芝居は最後なんだと思ったら涙が少し滲みました。かっこいいよ、あんたの背中。本当に素敵でした。

と、まあザーッと感想を書きましたがな。
正直、アレよ。うーん、生田くん…生田くんよ………という感じでございます。
この、大劇場デビュー作品にトップサヨナラ公演をぶつけるというのやめたほうがいいんでないかな。今更だけどさ。きっといろいろ悩んだんだろうなあ、ものすごいプレッシャーだったんだろうなあというのがしみじみ伝わってきました。
なんというか、辞める前の作品ならまあそんなに気にならなかったかもですが、これが最後っつーのがなあ。。生田くん、春の雪がものすごーく好きだったんだけどなあ。らんとむさんの男前さで全てねじふせた感があるよね。

なので、ちょっともやもやが残っていたのですが……
それを払拭させてくれたのは、なんとも悔しいですが(笑)サイトーくん。こっちの方が不安やったのに(失礼)


というわけで、ショーの感想。

・幕開きのしょっぱな、なんだか指がものすごく長くてビジュアル大爆発のみりおくんがすぱいだーすぱいだーと歌います。明日海さん…なんか手、大丈夫…?と思わず訊ねてしまいそうよ。しかもすぱいだーを歌うみりおくんといえばstudio54。あたいが大遅刻して入って行ったらちょうどみりおくんがすぱいだーすぱいだー言ってたのを思い出しました。

・きらっきら眩しいプロローグ。なんだこれ楽しいな!豪華絢爛!踊る夢眩男たちもかっこいい!みつるくんにくぎ付けでございます。

・そして少し気を抜くと蘭とむさんが肩から黒い羽根を生やして黄色のキラキラ衣装で踊ったりするもんだからもう腹筋が痛い。蘭寿さん…なんか肩、大丈夫…?と思わず訊ねてs

・相変わらずサイトーくんの選曲は現代風でJ-popも多用しまくりですが、それでも俺は個人的にこのショー好きだったよ!

・MUGEN TOURSのシーン、楽しかったね!旅人トリオがかわいいんだ。オカマ婦人たちがかわいくなさ過ぎてわらけました。安定のたそ。そでもってオタク青年がルナくんだと思い込んでおり、「またルナくんオタク役!!」と嬉々として見ておりましたが、実は神房くんだったのね。旅人達の釣りシーンでオタク式応援をしているのがかわいかったです(笑)

・旅人達が釣り上げたマーメイド、真ん中の金髪ツインテールの美女誰よ!!真ん中でお願いします!!と思ったらなんと蘭子。恐ろしく髪型が似合っております…(震)だが蘭子、細すぎるぞ!仕方ない、俺の肉を分けてやる!(肉をつまみながら)(しまってください)

・MUGEN CITYのシーン、物語はようわかりまへんでしたがとりあえずMEGA KINGのさおたさんがジョニーデップすぎて見惚れました。そして花男のビジュアルが爆発しててぶっ倒れそうでした。ゆずかくんのポニテとか、よっちのモヒカンとか、るなくんのロンゲとかあきらの男前さとかな。みりおくんは美しすぎてもはや意味が分からない。

・蘭子とだいもんがPreserved Rosesを歌いました。なかなか良かったです。だいもんはさすがの余裕っぷり。蘭子もかわいかったぞ。じゃっかん客席が置いてかれてる感もありつつ(笑)わたくしはばっちり楽しみました!

・中詰めもきらっきらでなー!ゴールドでなー!ディアマンテディアマンテゆーとったわー!蘭とむさんが眩しすぎて目がくらみそうでした!その後のムゲンファイブの色気がな!なんでみんなそんなかっこいいの!どっかおかしいんじゃないの!?という。(すみまへん)

・夢眩少女の場面。またゆずかくん蛇の役か!!と思ってましたが、そうそうゆずかくん蛇の役なんてしたことないんだった。でもこの人なんかいっつもこんな感じよね!そしてゆずかくんの双子みたいなのはきっとマイティーにちがいないと思いきや和海くんでした。そしてみりおくんと絡むゆずかくん。翻弄し、絡みつき、ちゅー。あれ?なんか前もこんなん見たぞ?それにしてもゆずかくんと和海くんの頭が完全にパトラおばさまでした。分らない人は「ひょっこりひょうたん島 パトラ」で検索しよう!

・騎士のらんとむさんのかっこよさよぉおおおお!!!このへんから完璧にサヨナラ仕様になっていきます。舞台で花組生がズラリ。らんとむは銀橋でそれを見つめ、手を差し出す。なんと絵になるんだろう。この人、本当に絵本の騎士が飛び出してきたみたいだ。でも時々綺麗な顔が少しせつなげになるのがまた、いろんな感情を掻き立てていくよ。

・蘭子が銀橋を渡りながら「遠き山に日は落ちて」を歌うんですが、しょっぱなが「あ~かね~」と言ってたのでわたくし客席で背筋を正しました。(いらん)

・黒燕尾なんかもうあんた、どんだけかっこいいか。ぞろぞろと階段を下りてくる男役たち。いやー、これこれ!これぞ花男!!!しかもばっちり揃ってます。いやー、本当にかっこいい……なんかもうあの、アレよ。かっこいいのよ。(ボキャ貧)らんとむさんとよっちが踊りだした時にはどんだけ泣かせにかかっとんねんと思いながらオペラをガン見。よっち、ありがとな。オグリの太夫、大好きでした。

・なんだかもう、黒燕尾の蘭寿さんがさ、本当に素敵でさ。なんでこの人やめちゃうんだろ。としか思えませんでした。そして、ずっと心の中で「生まれ変わったら蘭寿とむになりたい」と唱えていました。意味不明。それほど素晴らしかったんだよ。蘭寿とむという男役はきっと、頂点まできたんだろうなあとしみじみ思いました。頂点までのぼりつめて、そして風のように去っていくんだろうと。ものすごく優しくてあったかい風でさ。

・蘭子と二人で踊る姿をしっかり網膜に焼き付けました。らんらんコンビ、大好きだったよ。かわいくて、アダルティで、面白くて、二人のいろんな場面が頭を駆け巡りました。今もしみじみ二人の名場面を頭の中で振り返ってたら最後に出てきたのはタカスペで「のこったのこった~」とつっぱりしてる二人でした(笑)もう大好き(笑)

この公演はなんとこれでmy楽。これでもか!!というほど蘭とむさんをオペラで追いました。
いい夢を見せてくれてありがとう。花組の蘭寿とむさん。素晴らしいスターでした。
お疲れ様でした。


見どころ絵。

sayoran.png

「あなた 愛してくれた すべて包んでくれた まるでひだまりでした」

そう、あなたは、とても温かく、ひだまりのような人でした。



ではでは。
次はベルばらいきます。

コメント

まだなのっ!?

まだっ!?まだ花組見てないのakaneさんっ!!
という感じで観劇レポお待ちしておりました(*´∀`)
毎回毎回客席の私を代弁してくださるように
考えてらっしゃる事が同じで、いつも楽しく読ませていただいてます♪
また次回も楽しみに待ってます!!色々お忙しいのでしょうが頑張ってください☆

『ひょっこりひょうたん島 パトラ』しっかり画像検索いたしました。笑

Re: まだなのっ!?

UQ様

お久しぶりです、akaneです。
なんだかお待ち頂いてたみたいで、嬉しいやら申し訳ないやらです。「いつ見るの!」「むりでしょ!」みたいな感じで全然見れなかったのでございます。
嬉しいお言葉ありがとうございます。しかし、客席でUQ様も同じことを考えてらっしゃるなんて…それはちょっとあの…大丈夫ですか?(お前だろ)
色々忙しいのですが、でもちょいちょいヅカを挟んでないとやってられません。忙しいを理由に宝塚を見ないなんて怠慢なのであります!(キリッ)
ちなみに、私もパトラの検索今頃かけてみたのですが(おせえ)あんまりいい画像出てきませんね!笑

ではでは、ありがとうございました^^
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する