「約束は人の絆、守り続ける限り別れはない」◆銀ニ貫

ginni.png

こんばんは、akaneです。

今月のグラフの真風くんが着てる黒ダッフルが可愛すぎて購買意欲が高まってます。
今度ガーデンズみにいこ!

さてさて、本日は雪組さんバウ行ってまいりました。
感想は以下に。


いや~、今年の雪組は泣かせにかかってくるねえ!

というわけで、始終泣ける話でした。面白かったー!
銀ニ貫、NHKでもやってたみたいやけど知らんわ~と思ってましたが、観てる途中で、寒天が出てきた時に「寒天…?そういえば、はやしけんとくんが木曜時代劇で寒天寒天言ってたやつ、時々BGMがわりに流してたような…?」と思い出す。はー、なるほど!!あの番組がこれなのか!確かになんかいい話だったわ!あんま覚えてないけど!

ざっくり感想。

・冒頭で彦坂数馬◆がおりが建部玄武◆叶ゆうりくんから仇討にあうんですが、叶くんやっぱり上手いな~。アルカポネから注目しております。数馬の息子のちび鶴之輔◆彩みちるちゃんが、震えながら必死に剣を抜いて立ちはだかる姿に涙出ちゃう。現場を見ていた寒天問屋「井川屋」の主人、和助◆みつるくんは持っていた天満宮再建費用のなけなしの銀二貫を使って、頭を下げて鶴之輔を助ける。登場して1分で良い人だ!またここのみつるくんの熱い芝居がいいよね!

・そして登場するり大きくなった鶴之輔◆かなとくん。登場時の表情がもう素晴らしくて。全てを失い、道が閉ざされた哀しみとちらりちらりと降る雪が相まって、憂いを含んだ切ない表情の彼。なんとそんな表情が上手いんでしょうかなとくん。

・みつるくんと「井川屋」番頭の善次郎◆えまさんのやりとりいいねぇ。専科の二人が渋い役どころできっちり芝居をしめてくれてて、ちょっとコミカルで楽しい!

・身寄りのなくなった鶴之輔は、井川屋の丁稚になることに。不安げに眉毛をハの字にしてへたれてるかなとくん超可愛い。侍の子なので姿勢が良かったり言葉づかいが良かったりするのをえまさんに怒られる鶴之輔。そして丁稚になるので名前も松吉に改名!

・丁稚仲間の梅吉◆あすくんや亀吉◆真條まからくん、お里◆愛すみれちゃんたちの「丁稚の返事はヘェで、姿勢は前かがみで猫背でへこへこしろよソング」めっちゃ可愛い。あすくんたちがむりくりかなとくんを猫背にさせようとするも、針金みたいに元に戻るかなとくん。何やらすんだこの人たちは…みたいな顔してキョドッてかなとくんがかーわーうぃーうぃー。

・丁稚の言葉や挨拶を覚えようと必死のかなとくん、梅吉たちの挨拶を聞きながら、壊れたラジオのようにぶつぶつと真似して喋ってるのが可愛い。ってか俺さっきからかなとくんのこと可愛いしか言ってねえよ。だって可愛いんだもの。でもめっちゃ練習したのに、お客さんが来た瞬間背筋がピンとし、「松吉と申します。以後、お見知りおきを!(ビシィッ)」と決めちゃってえまさんに怒られる笑

・大根売りのシーンも楽しい。おくま◆杏野このみちゃんの「どぁ~い~くぉ~ん!!やー!!!!」に何が起きたのかと(笑)ああいう思い切りのいい娘役さん大好き!akaneはキャラの強い娘役を応援しています!

・人形浄瑠璃のところ、かりくん・叶くん・がおり・諏訪さきくんの黒衣4人のダンスすごい好き。お初◆桃ちゃん綺麗だなあ。徳兵衛は誰かと思えばかなとくん。二人の黒衣に動かされてる感じの無表情カクカクダンスで見てて楽しい。太夫のあすくんと愛すみれちゃんいい声してるね~!

・料亭の真帆家にて、幼いころ出会った真帆◆有沙瞳ちゃんと再会するまつきっつぁん。瞳ちゃん、きゃぴきゃぴしてて可愛いのよ~。akaneさんの中では瞳ちゃん=「お嬢さァァあん!!殺してやるよォォオ!!」のアンナさん(伯爵令嬢)で固定されているので、アンナさんがキャピキャピしてらっしゃる!!と驚きすぎて(笑)そして、真帆の父は嘉平◆にわにわのおじさん。今回も安定のおじさん演技が光っております!

・寒天の作り方とか、生い立ちとか、色々知れて楽しい。松吉さんが行っちゃうのを引きとめようと色々たずねる真帆かわいい。そして、にわにわが「琥珀寒」という寒天料理をかなとくんにすすめ、それをパクっと口にするかなとくん。パクって。可愛すぎか。天使か。というか「琥珀寒」が今ならラ・ロンドやくすのきで食べれるんだね!!知らなかった~!みなさま、ぜひ、おこしください!(ジェンヌ風に)

・そんな中、再び火事が起きる。天満宮再建に納めるはずだった銀二貫を松吉を助けるために使ってしまったせいで祟りが起きた、お前のせいだとまつきつっぁんを責めるえまさん。そんなえまさんを「松吉のせいじゃない!」と一括するみつるくん抱いてください。(すみません)そして、そこからみつるくんがえまさんの過去を話しだすんですが「あんたら、はよ逃げっ!!」と思ってるのはakaneだけではないはず。まあ、井川屋の方は割と火から離れてたからかもしれんけど!

・真帆家の方に火がいったことを知り、飛び出していく松吉さん。「いとさん!!!!」と真帆のことを探しながら、火事で逃げ惑う人たちに彼女のことを聞いてぶっ飛ばされたりしてるの見てたら涙出ちゃう。しかも真帆家の無事は分からず1幕が終わる。どうなるどうなる!!

・第二幕、天満宮が再建されたお祭り?みたいなので始まるんですが、獅子舞4人(諏訪くん、星加梨杏くん、ゆめ真音くん、麻斗海伶くん)が楽しくて、「すごーい☆獅子舞生きてるみたーい☆」って岸裕子センセイの少女マンガみたいに目に星入れてみてました。

・そして、松吉さんは琥珀寒が売ってる場所があると聞きつけ料理屋に行くと、そこには「こんなの琥珀寒じゃない」と料理人にくってかかっている火傷少女が。ひとめみて真帆だと分かった松吉さん、嬉しがるものの少女は人違いだという。そして「おてつ!!」と半狂乱で叫びながら少女を抱きしめるお広◆桃ちゃん。おてつとお広は親子だという。わけわからん何ゆーとんじゃ…みたいな顔してるかなとくんとakane。(お前はいい)ところで、瞳ちゃんの火傷メイクすごいねえ。。すごく痛々しいよう。

・おてつは井川屋を訪ね、真帆という名の人間はいなくなったと話す。火事があった晩、嘉平は死に、「おてつ」という少女も自分のかわりに死んだのだと。そして、お広は真帆のことを自分の娘のおてつだと思いこんだと涙涙に話し、バックにはその時のシチュエーションが流れる。もう悲しすぎて涙どぼどぼ。愛すみれちゃんとえまさんがハンケチで涙拭いてるの見て、わてにも貸してんか!と舞台にハンケチ借りに行くとこでした。危ない危ない。

・京都の火事のせいで寒天の仕入れ先を失った井川屋。松吉は昔に寒天場で面倒を見てくれていた寒天職人の半兵衛◆がおりのもとに寒天の仕入れを頼みに行く。久々の再会に沸き立つ寒天場のひとたち。なかでも、おたき◆杏野さんうるさい(笑)また杏野だよ~!(笑)「いやーーん、男前になってぇえん!!あたしが、もうふたつみっつ若かったら…!!」と松吉さんに絡む絡む。ふたつかみっつってどんだけサバ読み!(笑)そして、杏野さんに絡まれてる時のかなとくんのはにかみぶりったらくそかわ。天使か。(机バンバン)

・半兵衛の寒天持ち帰ったまつきっつぁん。みつるくんとえまさんが仕入れ先にふさわしいかかじって確かめる。えまさんのかじった時の彦摩呂ばりの顔芸といったら!美味しい~!!ってのがありあり伝わってくる。食レポ行けるでじゅんじゅん!

・みつるの旦那に連れられて、まつきっつぁんはお広とおてつが営む団子屋へ。和介はお広に、商人として松吉の紹介をして、「これでお広公認になった。これからは堂々とおてつに会いに来れるぞ」と耳打ちするみつる旦那。だ、だんなぁ~~~!!!なんてイキな男なんだ!!そして喜んでいるかなとくんに、桃ちゃんが「おてつに縁談の話があるんだよ」とぶっこむ。な、なにぃ~!!!どういうことだよ~!!(←akaneさんいい客だなあ笑)

・かなとくんは瞳ちゃんの縁談話にショックを受けながらも、以前に嘉平と行った「コシの強い寒天を作る」という約束を守ると誓う。ここで歌う約束の歌がすごく良かった!

「約束は人との絆、守り続ける限り別れはない」

うーん、心に響きますね。
最初はかなとくんが歌い、瞳ちゃんが歌い、にわにわが歌い。途中でみつるくんとえまさんが横からせり入って歌うのがまたいい。このナンバーと演出素敵だったな~

・長い年月が経ち、やっと銀二貫が貯まり、天満宮へ寄進できると喜ぶみつるくんとえまさん。この二人、ほんと夫婦みたいですね(笑)しかし、がおりが今まで使っていた丹後の天草が使えなくなったと話す。銭さえあれば伊豆産の天草を仕入れることができるのに…というくだりで、「銭…」と言いながら銀二貫を見るえまさん。この絶妙の間がたまらない。やっぱり面白いわ~。

・梅吉と松吉のシーンも泣けたわー。「松吉ぃ、お別れや」というあすくんの優しい声がよぉ~~~。そして、「幸せになってもいいねんで」みたいな歌を、松吉の背中に向けて歌う。梅吉けっこんしてくれー!!

・梅吉から、真帆の縁談の話がなくなった話を聞いて真帆と病床のお広のもとへ駆けつけるまつきっつぁん。桃ちゃんは瞳ちゃんに「もううええよ…もうええよ」とつぶやいて息絶える。お広は、真帆のことをおてつではないと本当は気づいてたということに泣きまくる俺。またここでの瞳ちゃんの演技も良かったのよ~akaneの顔面が大変なことに!

・顔面崩壊中のakaneは、次の松吉と真帆のシーンで更に崩壊が進んでいく。「愛しいて…愛しいて…。何もかも、全部が愛しいんだす」と優しい顔でゆっくり愛に満ちた言葉を紡ぐかなとくん。ありがとうございます…!(地面に頭をこすりつけながら)なんて素敵なラブシーンだ!「幸せになることを諦めないで」と瞳ちゃんを抱きしめるかなとくん。あんたらもう…akaneさんケツメの「幸せをありがとう」を熱唱していい?(帰れ)

・そして、再び時は流れ、今度こそ銀二貫を納めることができる。いよいよおじいみつるくんとおじいえまさんが素敵な老夫婦に見えるよ…。愛すみれちゃんの長台詞、心中恋の大和路の時以来だね~!さすが上手いな~。真帆と結婚する立派になった松吉を見て涙を流すえまさんと愛すみれちゃん。この二人の泣き上戸ぶり!(人のこと言えない)

・二人の結婚式、瞳ちゃんもかなとくんも衣装がよく似合う。えまさんが本当に泣いてるのを見て更に泣く。(もうだめだこいつ)あんたたち幸せになるのよ~!

・最後、みつるくんの「なあ善次郎、私はええ買い物したなあ」と涙浮かべながら「へぇ!」って笑顔のえまさんで幕が降りる。最後の終わり方もすごい好きだ~!

・てなわけで、大変面白く見させて貰いました。松吉さんの寒天づくりのシーンないやん!とかの突っ込みはもうどうでもいいんだ。フィナーレもなくてちょっとさびしかったけど、最後のかなとくんの「本日はおおきに、ありがとさんでした!」っていう挨拶もすごくいい。これからバウは役であいさつしたらいいと思いました。


ではでは。
次は舞音!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する