命の限り、花。◆For the people —リンカーン—

rnkn.jpg

こんばんは、akaneです。

次回はリンカーン!今度こそリンカーン!と書き続けて、やっと今日リンカーン。笑

今週6勤でしたが、先週末のるろ剣のおかげで乗り切れました。そして6勤最後はリンカーンでしめくくり。
ちなみに、前回るろ剣記事で「本当は2回だけの観劇だったはずなのに3回になっちゃったわ~」みたいなことを言ってましたが、気づけばあれ…?なんかもう1枚チケット買ってんだけどこいつ…?しかもS席なんだけど…?え…?なになに?破産する気なの?どれだけ自分を追い詰めてるの?ストイックなの?みたいにakaneBにめちゃくちゃ怒られてるんですが、ついにakaneAはチケットを増やしてしまったとさ。さ、破産破産。ねよねよ。

とりあえずリンカーン行ってきました。
感想は以下に!


いやあ、良かったです。
ベテランと若手が融合した良い舞台だった。ただし観てる側も消耗するので、リピートしたいかというと迷うけども、この1回の公演をとても大切にしたいなあと思える舞台でした。曲も大きなナンバーが多くて、とっても聞き応えがあった。
最近はるろ剣で雪組熱かったけど、花組もやっぱすげえなあ。こうやってどの組も観るたびに「◯組たぎるぜ!!」となるので全組観劇はやめられない。

ドラゴンナイトの遅刻以来、色んな情報をしっかり予習することにしてましたが最近またサボってるので、全然誰の作品か知らずに行ったんですが。なんとなく観てる途中にロバートキャパを思い出し、原田くんか!と確信。そして当たり。グスタフはぷんすかぷんでしたが、割と原田作品は嫌いじゃないアタクシ。今回も楽しめました。ただ、ほんと役者さんたちの功労ありきですが!

印象に残ったところを中心に。なんかせっかく良かったのに感想はいつもに増してペラペラです。

・いつものことながら、トドさんの開演アナウンスが驚くほど男すぎてしびれまくる。

・黒人奴隷たちを鞭で打つシーンから始まるプロローグ。このサディスティックな奴隷商人は誰や!と思ったらさおたさん!黒人のフレデリック・ダグラス◆ゆずかくんの叫び声が痛々しい。しかしゆずかくん、こんな声が出るようになったんだなあとも思ったり。またゆずかくんが鞭で打たれるたびに「やめてー!!」って庇おうとする黒人娘役ちゃんのアンナが上手いんだよ。手錠をされたままゆずかくんがアンナと一緒に客席を走って逃げていく所はもうハラハラ!

・パーティ会場の場面。メアリー◆仙名さんお美しい。ややアニメ声ですがとても娘役ボイスなの。そしてスティーブン◆ひげアキライッケメーン。しかし彼は奴隷制度には肯定的で、奴隷制度を反対するリンカーン(エイブ)◆トドさんとは対立気味。仙名さんにお近づきになりたい感じのアキラ。ははん、アキラってばガーシュインに引き続きまた仙名さんに嫌われる感じなのか!笑

・仙名さんと踊るトドさんの笑顔あれなんなん?めちゃくちゃ爽やかで可愛いの。ニコニコしてるの。おまけに時々ちょっと目が丸くなったり口を尖らせたりしたかと思えばまたふにゃ~という笑顔になるのよ。え?なに?殺しにかかってるの?

・それにしても黒塗りのゆずかくん、めちゃくちゃイケメンだよ。線の細い彼ですが、黒塗りの力もあってかとっても男らしく見え、少しウエーブのかかった髪の毛もとてもよく似合う。抑えた芝居とか、低い声とか、歌も芝居も別人のように上手くなってる。え?ゆずかくんてこんなに上手かったっけ?最後に芝居見たのいつだっけ?と思ったら源氏で女役してたわね。女役で一皮むけたのか?とにかく、彼の成長が著しくてほんとにびっくらぽん。

・ところで、ゆずかくんの横にいつも寄り添ってるアンナはいったい誰だ?黒いので分からん!とパンフ未読だったので悩むakane。まさか、まさかとは思うがべーちゃん…?いやいや、でもなんか違うぞ。となかなかべーちゃんだと確信がもてない俺。笑

・スチュアート◆さおたさんの事務所で活動するエイブたち。そこへ尋ねてくるメアリー。叔父であるスチュアートに「あなたに用事があってきたんじゃないわ」とか悪気もなくサラッと言っちゃう仙名さんに痺れるわ。エイブにホの字のメアリー。そしてエイブもメアリーが好き。二人の空気がぱやぱやしてるので、「あーー!!ちょっと用事思い出しちゃったなー!!」みたいに空気を読むエイブの仲間のウィリアム◆ふじP。できる男だ。エイブの部下のエルマー◆マイティは「?」って顔してるので、「二人でごゆっくり~」みたいにはけながらふじPがマイティを後ろから抱きしめるとこ面白かった笑

・ところで、マイティはどの場面でも「せんせ~~!!」と言いながら出てきたり「せんせえ!」ってトドさんの顔を嬉しそうに見てたりする金髪美青年なのでとっても良いです。(なにこの感想)

・二人になって、視線が泳いでめちゃくちゃ仙名さんを意識してるトドさんが可愛い。そして仙名さんも恋するおめめでちらっと上目遣い。恥ずかしい。恥ずかしいよあんたら。お幸せにね。

・コレッタ◆鞠花ゆめちゃん、さすがこーいう老け役うまいねえ。ちょっとした一言もナチュラル芝居で、低い声も良いんだ。

・仙名さんにプロポーズしたアキラですが、やっぱり拒否られてます。
メアリーはエイブに惚れていることがわかり、激おこのアキラくん。リンカーンなんかクソ食らえみたいな歌をソロでかっこよく歌ってくれます。いやー、アキラも歌上手くなったなあ~。かっけー!!

・ところで、市民たちを満遍なく見てると、ことごとく目を奪われた男役さんがいました。美形くんがいるな?!とオペラグラスロックオン。あとで調べたら聖乃あすかくんでした。ふむふむ、覚えたぞ。akaneは新たな美形をキャッチした!けいけんちが2上がった!

・「奴隷をもっと集めよ~!イエス!」みたいな陽気な歌おそろしいねー。みんなノリノリだけどね!

・ジェームズ・ポーク◆和海しょうくん、シルクハットに髭がよく似合う。そしてなんちゅー良い声だ!アメリカの政治についてトドさんと歌でバトるんですが、とっても聞き応えがありました。適材適所だね~。トドさんがあの恐ろしい声量に食らい付いててさすがだなあと思いました。最後に和海くんがトドさんに向かってがなるんですが、そこがとっても痺れました!

・自分の発言のせいで、党からの離脱者が増えていく。落ち込むトドさんと、励ますふじP。ふじPってほんとこーいう役うまいねえ。そしてちょっと抑え気味に静かな声で演技するトドさんがまたええ声なのだよ。

・黒人たちの場面、「ハレルヤ」っていう歌とっても良かったです。
ブランドン◆亜蓮くんの歌いだしや、ジャスミン◆菜那くららちゃんの高音も素晴らしい。イブ氏、菜那くららちゃん、千幸あきくん、矢吹世奈くん、亜蓮くんの5人だけで歌う場面でしたが、みんな地面を這い蹲ったり手を突きながら歌ったり、全力で歌ってて、とっても感動しました。

・活動に消極的になっていたトドさんですが、フレデリックの書いた本で励まされる。アカペラから始まる柚香くんの歌とっても良かったです。そしてトドさんと柚香くんの声が重なるんですが、それが意外にもとっても声が合ってて聞き応えがありました。ハモりもきれいだった!

・ホワイトハウスを目指すことにより多忙を極めるエイブ。エイブとメアリーの子どものボビーは二人にあまりかまってもらえずさびしい思いをしているのだった。ところで、この前くらいから美少年がいないなあと思ってて、そんな時にボビーが登場したので「あら、なんか子役出てきたわ。でかい子役だな(笑)演技も歌もわっかいわね!まあ子役なんだしいっか!」と思って見てたら、あら?もしかして…とakaneは気付く。この子、さっきの美形くんなのでは…!!そして後でパンフみたらあたり。聖乃くんでありました。ちゃんとセリフのある役もらってんだね~!

・そして、さびしんぼボビーを励ますエルマー。なんかエルマーも美青年だしボビーも美少年だしで、「もしかして、このボビーはエルマーの子なんじゃあ…」と無駄に勘ぐる俺(笑)マイティーが聖乃くんの髪の毛をくしゃくしゃっとして「よしっ、いい子だ」っていうところ、こらこら客席のみんな。自分もしてほしいみたいな顔して観てんじゃないよ。(お前だろ)そして「行こう」と言って手を繋いで歩いていく二人。どんだけかわいいねん。

・トドさんのヒゲ…あんなヒゲ似合うウィメンズなんかいる…?
シルクハット被ったらもうなんか、ホンマこの世のものではないような美しさでしたわ…。こんな美しいおじさんいる…?それにしても、エイブが髭を伸ばしたのはボビーが伸ばしてほしかったから伸ばした、っていうエピソードはいいよねえ。

・そしてディベートのシーン、良かったなあ~!!アキラvsトドさん。みんなのコーラスが迫力あって、アキラの演説もトドさんの演説も力強くて。トドさんの「それが私の仕事だ!!!!」ってがなるところが鳥肌たった!人数そんなに多いわけでもないけど、一人ひとりが二人分くらいの気持ちで歌ってる感じに圧倒されるのだ。

・大統領就任式。この辺で、やっとアンナがべーちゃんだと確信をもつ。(遅)べーちゃん顔真っ黒すぎて誰かわからなんだわ!ところで、アキラべーちゃん仙名さん柚香くんマイティって完全に次郎吉メンバーじゃん!あ、イブ氏も!笑 

・一幕終わりは南部の人たちが奴隷制度がなくなったら困るから、それやったら北部とは決別するもんね!みたいな感じで終わる。アキラくんは大統領選挙に敗れたことにぷんすかしてるので、自由な国を作るというリンカーンに対して「そんなことができるのかァァア!!」とエキサイト。アキラさん落ち着いてー!!笑

第2幕。

・リー◆英真さんとトドさんのシーンは舞台がしまるなあ。

・サムター要塞のシーン、兵士たちの輪唱がきれい。そして、兵士の舞月なぎさくんがめちゃくちゃ立ち姿かっこいい。劇中で色んな役してる彼ですが、兵士の格好が一番かっこよかった!しゅっとしてるのでメンズっぽくて良く似合う。

・北軍と南軍との戦いが続き、一度は仲間となったリーが故郷である南部に戻り戦いに加わるという。あんなに力のある人が南軍に加わったらやばいぞ!!というアキラ。1幕に比べてアキラがマイルドに。恐らくこれはだんだん味方になるやつだな。そして、トドさんとアキラのやりとりの後ろでマイティーが少し悲しい顔をして立っているので「マイティー!!なんでそんな顔してるんか知らんが憂いのある表情もさいっくぉお!!」と鼻息荒くオペラロックオンしてたら、なんとマイティーはニューヨークで軍を起こすという。とめるトドさんに、自分もアメリカの国民として役に立ちたいと訴えるマイティー。そうか、彼は、だからあんな顔をして思案していたんだな。マイティーよぅうう。。ずびずび。。

・そして現れる青年ボビー◆亜蓮くん。おお、少年聖乃くんは青年亜蓮くんに成長したのか!(笑)新しい役かと思ったわ!亜蓮くんはエイブに、なぜエルマーを止めないのか、と泣きそうな顔をして訴える。そうか、忘れておった。亜蓮くんて演技上手い子じゃん…絶対これ泣くやつやん…と構える俺。

・ボトマック川の戦いの場面。兵士のマイティーの美しさよ…軍服を着て帽子を深く被っているのに滲み出る王子さ。銃を構えたり戦いのダンスを踊るマイティーがかっこよすぎてクラクラさ!そして娘役ちゃんたちも軍服着て戦いに加わってるので、戦う娘役大好きなakaneはとってもテンション上がりながら見てました。次々と撃たれていく兵士たち。ついにはマイティーも銃弾を受ける。彼は瀕死になりながら、階段を駆け上ぼり、「アメリカ…万歳」と呟いた瞬間蜂の巣になる。(またこの撃たれ方がうまいのなんの)そして勢いよくバタっと階段で倒れる。すげえ、この人、死ぬ演技も上手いし階段芝居もヤス並みに上手いよ!!とか言ってる場合じゃない。観客の脳裏には「せんせー!!」と呼びかけるセピア色のエルマーが映し出され、もう二度と彼の「せんせー!」が聞けないんだと涙涙。

・自分も北軍に志願するというボビー。ここで亜蓮芝居炸裂。止める仙名さんとトドさんに「なんでだよ!?エルマーのことは止めなかったのに、自分の子どもだから止めるのか!?今までずっと、親らしいことなんかしていなかったくせに!エルマーだけが、僕の、唯一の友達だったのに!!!」と叫ぶ。思い出しても泣けるぜ。亜蓮くん、ほんと芝居上手いよねえ。構えてたけど完全に破られました。泣くしかない。仙名さんが息子を行かせたくないとわめく芝居も、トドさんが一人になってからそっと涙を拭う芝居も泣ける。ずびずび。

・ほんでよー、また亜蓮くんがさあ、あんだけタンカきったくせに、いざ戦場に行くと経験もないから腰抜けてびびりまくってるのよ。それがまた泣ける。(もう亜蓮くんが何しても泣いてます)怖いのに、びびりなのに、彼はエルマーのために戦うんだ。次々と撃たれていく仲間を見て泣きそうになりながらも、なんとか食らいついてへっぴり腰で銃を構えるボビー。うええええんん。(うるさい)

・戦争を終わらせたいエイブ。奴隷解放を憲法に制定するというが、票が足りないと。ずっと会話を聞いていたアキラが、「民主党が…協力する」と名乗り出るんだぜ。いやーーーんアキラあああああ!!!やっぱりあんたできる子だと思ってたわよ!!

・戦争終結の場面のみんなの大コーラスが素晴らしい。トドさんもいるから低音がよく響いてて、アルトパートは男っぽくてかっこいい。今回はこれでもかっちゅーくらいコーラスナンバーがあるんですがどれもホント感動させられます。戦争終結にあたり、エイブの前に跪くえまさんと、手を差し伸べるトドさんのシーンも良い。べーちゃんも号泣してるし、兵士の帆純まひろくんも感極まって顔をくしゃくしゃしながら歌うのでまた泣いちゃう。(おばはん涙腺ぶっ壊れてます)

・そして、イケメンアキラ先輩と仙名さんの場面。なんかアキラが娘役と二人の場面をすると、自動的に「アキラ、口説く気だな!?」と思ってしまう私なのでありますすいません。なので、今回もありえんと思いながらも「まさか、アキラこの期に及んで仙名さんにアタックするつもりでは…?やめとけ、やめとけアキラ!」と心底いらん心配してました(笑)息子を止めなかったエイブのことをぷんぷん怒っている仙名さんに「彼は、大統領なんです。あなたは、正しい結婚相手を選びましたね(おぼろげ)」みたいなこと言うイケメンアキラ。べジータがカカロットを認めたときのようなデジャブ感。しかしそんなこと考えてる場合ではない、なんとアキラは体を悪くしており死んでしまうのです。咳をしながら胸を押さえ、小さく呟きながら倒れる。アキラ、死んじゃったよ…?とちょっと戸惑いつつも、倒れてスポット絞られていく最後、絵になるなあと思ってみてました。

・ボビーは自分の父親の偉大さを知り、父親と和解。そこも感動ポイントなのです。そしてふじPがトドさんに「南部の残党に気をつけろよ」というのでもうトドさんの死亡フラグばんばん。すべて終わり、一人スポットを浴びながら階段を上っていくトドさん。なんて絵になるんだあ…と惚けてたらいきなり鳴り響く銃声。止まる音楽。倒れるトドさん。ひええええ、やっぱりいい!!!!てか、リンカーンて死ぬんだっけ?ってずっと劇中考えてたんですがやっぱり死ぬんですね。学生時代リンカーンの伝記も読んだはずなのにすっかり忘れとるわ。アホは辛いよ。

・リンカーンを偲んで、最後はみんなで歌う。誰も居ない階段にピンスポがあたり、まるでそこにトドさんがいるように感じる。そこにゆずかくんが跪いて手をつく。さっきから絵になるって言い過ぎですがまだ言う。絵になる。良い演出だなあ。白い燕尾のリンカーンが登場し、みんなは力の限り歌うんですが、もう仙名さんもべーちゃんも頬に涙が次々と伝ってて、下級生も目が潤んでて、本当にみんなの気持ちがどれだけ熱いのかがビンビン伝わってきてさ。胸が震えるよ。途中で、マイティーとアキラがスポットに照らされながら現れるのも良いよね。多くの人が死んだ舞台でしたが、その命と引き換えに、誰もが自由に暮らせる国を作り上げようとしたんだなあ。全身全霊でFor the people!!と歌うみんなの顔を忘れない。

・ショーナンバーはありませんでしたが十分。フィナーレのみんなの笑顔がとっても良かったです。

・おわり。



ではでは、お次はるろ剣withお友。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する