愛をこめて花束を。◆NOBUNAGA/Forever LOVE!!

nobunaga.jpg

こんばんは、akaneです。

気付けば20万ヒットです。こんなダラダラネタバレを垂れ流すだけの自分が忘れないためブログを覗いて頂いてありがとうございます。

さてさて、最近はホント仕事で参ってるのでこんな時は現実逃避!夢の世界!フォーエバータカラヅカ!
というわけでやっと月組さん行って参りました。

え?あんだって?
真咲の退団公演?

ぷーーっ(笑)
ちゃうちゃう、真咲の退団、アレ嘘やで!みんなもー騙されちゃっておバカさん!アホがみーるー!

…………うえええん涙涙

嘘だよー!嘘だと言ってよアンシー!うえええええん!!!-。゚(゚´Д`゚)゚。

てな感じで大変うざい感情の起伏のまま感想へ進みます。


まずはお芝居。

えーっとな!
さすが大野先生、パンフに字がビッスィリ。そして登場人物や役者への愛故に色々もうよく分からない(笑)
ストーリー的に面白いか面白くないかというと、正直あんまりだったんだけれども(というかついていくのが大変だった)、役を演じるジェンヌさんたちのことを思えば面白かったり。
大野先生の作品はスルメ作品が多いのでリピートしてなんぼなのよねえ。でも今回はこれっきりの予定なのでありんす。

・開演前のカチャとみやちゃんのマナー注意アナウンスめっちゃ面白かった!みやちゃんの「わしのけいたい、すまほはどこぢゃ!」が可愛すぎてな。そしてカチャ、めっちゃ声かっこよくなったな~と楽しく聞いておりました。あーいうのいいよね!

「月組の、龍まぁさきです」という開演アナウンスを聞くのもこれが最後かあ。ほろり。

・幕開き、真咲のピン登場の後の武士たちの総踊りがかっこいい!盆もまわるし、日本物だけどロックです!オペラグラスを駆使してみんなを見てたんですが。とりあえず覚えてる人たちのビジュアル吐き出し感想。

・羽柴秀吉◆みやちゃん、なんかちょっと前髪がアルトワちゃんみたいなもじゃもじゃ。あんな美しい秀吉いる?なにが猿か笑
・柴田勝家◆有瀬そうくんめっちゃ雄雄しい!ちょっと肩を開いて握り拳の姿勢が様になりすぎて(笑)
・加藤弥三郎◆るねくんニコニコ笑顔が可愛い。頭わしゃわしゃしてお菓子をあげて甘やかしたい。
・三淵藤英◆優ひかるくんの顔が好きです。あのイケメンしょうゆ顔。
・前田利家◆ゆうまくん、でかい!(笑)
・佐々成政◆ジョー、この人日本物メイクめっちゃ美形やン…「はっ!あの美形さんはどなた…?(ドキドキ)」と思ったら大体ジョーという笑
・毛利良勝◆しもんくん、こちらも相変わらずakaneの心をくすぐる美形ぶり!

てな感じでみんなのビジュアルを思う存分おたのしむ。

・帰蝶◆ちゃぴこが勇ましく剣を振り回しております!かわいいぞ!(なにこの感想)

今川義元◆るうくんが真咲にやられてからのあの歌、むつかしいねー!

・明智光秀◆カチャ、なんという王子様ぶり!そして「兄上様!」みたいな感じで駆け寄る娘役さん誰だ?めっちゃ綺麗な顔してるな!と思ったらまさかのあーさ!!きえええあーさ娘役やってんの!?むちゃくそ可愛いやん!この人イケメンにも美少女にもなるのね…恐ろしいわ…

・覚慶(足利義昭)◆コマガタさん、頭トゥルットゥルやないの!つるっぱげやないの!しかしもはや生え際丸分かりのつるっぱげカツラを被っていたって愛おしいのさ。

・それにしてももう、真咲が喋るたびに「おお…俺真咲みてるわあ…」と心のそこから思うあの感覚はなんなんでしょ(笑)真咲くん独特の喋りで、語尾が上がったり下がったり「やりやがれ~☆」みたいな☆がついたり(笑)ほんと、歌うように喋るというか。なんか今回の信長喋り聞いてたらアルジェの男のジャック思い出した笑

・それにしても、月組の日本物って久しぶりだな。やはり立ち回りは少し弱いかな~…まあ、なんせ前まで雪組の人たちが鬼のような立ち回りを見せつけてきてたからさ。でもまあ真咲くんの立ち回りがすごすぎたらそれはそれで真咲じゃないので(失礼か笑)真咲はこれでいいのである!

・宣教師グネッキ・ソルディ・オルガンティノ◆からんくんの「信長はツヨイ」の説明歌めっちゃ可愛いな!ロルテス◆パパのワイルドヒゲもじゃ男とのギャップよ(笑)うふふ、と笑ったり無表情のロルテスに能天気な笑顔で笑いかけたりするからんくん可愛すぎてポッケに入れて持って帰る。そしてパパはあのヒゲ本物なの?(真顔)

・フランシスコ・カブラル◆ナガさんが恐ろしくイケメンなんだが。みんなみてね。

・象に乗って登場する真咲。冒頭の乱れ髪姿と違い、まげを結わえて髭も生えている。正直、「真咲の信長な~…」って感じはポスター見たときからずっとしてんたですが、俯いたまま上を睨みつける表情に「ひええええかっこええやんまさきち信長やん!!」って痺れちゃったわ!それにしても、ここでの歌途中で真咲の声が珍しく少し掠れてた。ちょっと喉疲れてるのかな?ついスカピン時代のことを思い出して心配になるよ。

・将軍家御所での「コマガタおこソング」めっちゃ可愛い。なにあのバカ殿ぶり。「んもぉ~!みんな、のぶながのぶながってぇ~!」ってぷんぷん歌って怒って、南蛮人たちにちょっとおべっか使われると一気に気を良くしてご機嫌に!コマの表情がクルクル変わるので楽しい。

・みやちゃんやカチャらが信長のことを「遠くを目指している方だ」と言う。そして、自分たちはこの道を選んだが間違いではなかった、と言う。なんかここ、組替えしてきた二人が言うのでとても感慨深いよ。そう言ってくれてありがとう。(月P気取り)

・この後家臣たちで「最初はうつけ者だと思ってたけど~」「愚か者だと思ってたけど~」みたいな感じの歌が始まって、真咲ディスられてるよ!(笑)みたいな。でもそれは最初だけで、めちゃくちゃ真咲はすごくて強い!という歌でした。いい場面だなあ。

・象使のインド人、一星慧くんかな?結構台詞もいっぱいあって目立ってるな~!と。しかもちゃんと外国人アクセントがあって「喋り方上手いな!」と思って観てました。めちゃくちゃ下級生なんですね!

・織田信行◆れんこんくん、この子やっぱり上手いし顔も綺麗な~とか思ってたら登場1分で殺されちゃう!おおお、なんということでしょう。しかも次の場面ではもう何年も経った後みたいな設定。もうバンバン進んでいくわよ!みんなついてこれてる!?(お前だよ)

・みやちゃんが酔っ払ってまつ◆みらちゃんの膝に寝転がってゆうまくんが怒ったり、ねね◆わかばちゃんが「こっちでしょ~!」って言ってみやちゃんがわかばちゃんの膝にありついたりする場面超かわいい。

・清洲城にてちゃぴの家臣の女の子たちが剣術の稽古をしておる場面。妻木◆あーさくんめちゃくそ可愛いぞやっぱり。しかもなんと佐脇良之◆ありくんとあーさくんはラブラブ設定らしい。ありくんが「つまき、つかまえたぞ~(デレデレ)」と後ろからあおい◆はるちゃんを抱きしめてしまい、「それ妻木じゃないわよ~」みたいにみんなにいじられ、あーさくんは「いつまで抱きしめてるのよっ!」てぷんぷん怒って退出。「つまき!つまきー!!」ってあせりながら追いかけるありくん。なにこれありくん年下彼氏なの…?年上彼女がやきもちやいて出ていくとかあーさ可愛すぎか(机バンバン)いやー、このカップル新鮮で面白いね!

・あーさくんとちゃぴこの場面もいいね。同期の二人ですがあんまり本公演での絡みを見たことがない気がする。ちゃぴこにありくんのことを話題に出され髪の毛いじいじしながらあからさまに照れだすあーさくん。なにこれこっちが照れるわ。なんなの?ラブなの?(机バンバン)

・そして現れたひげもじゃパパがあーさくんに怪しい煙を吸わせて心を乱し操るという悪い男ぶりを発揮。前半はパパ、ちょっと出てきては急いで走り去るっていうのが多すぎてわらけた笑

・家臣チームにみんな嫁がいるのに「いいんですよぅ…僕だけ一人ぼっちですから…」といじけて妻木を恋しがるありくん可愛い。なんというか、ありくんてまだ男役としては幼いと思ってはいるけれども、彼から女の子さはあんまり感じないのよね。可愛い顔してるけど。彼から溢れる背伸びした少年ぽさがとっても魅力的なのです。

・あーさくんと真咲のシーン、あんまりエロくないのが真咲クオリティだね!そうなの、真咲さんは攻める方はあんまり上手くないの!受けるほうは上手いんだけどね!(いらん情報)でも最後信長さん妻木さんの足の間に思くそ手入れようとしてたのでコラコラ!ピーッピッピ!いやーこれ真咲だから大丈夫だったけどさ、パパだったら多分もう客席のみんな鼻血たらしながら通報しかけてるからね!笑

・そしてロルテスに操られている妻木は、信長を妖しく誘惑しながら剣を振りかざして襲おうとするものの正気に戻った信長に斬り捨てられる。おおう…!!なんという展開でしょう…。倒れたあーさくんを抱き寄せて嘆き悲しむありくんと、妹を斬られたことに憤慨するカチャ。いやーこれはなんというロルテスのバカヤロー展開!いちおロルテスさんはロルテスさんでロルテスさんなりの事情があるらしい。家名を名乗れないような裏切り者家系で、信長をぶっ倒して日本を手に入れれば家の名誉回復に近づけるらしい。な、なるほど…っていやいや、しらんがな!それでつまきちゃんを利用して殺していい理由になんかならないでしょおおお!!!(妻木うちわを振りながら)

・ロルテスさんが悪いことをしているのを知り、前回登場時の能天気さとはうってかわって「ロルテス…?お前がここにきた理由は、私と同じ道を歩むためではないのか…?」と失意の表情で尋ねるからんくん。いやー、シリアスな演技の落差がたまらないね!からんくんとパパの歌を聞きながら、からんくんが大劇場でこんなにいっぱい歌うなんて…!と胸アツ。色んな人にたくさん台詞や場面があってうれしいなあ。

・パパはカチャにも言葉巧みに言い寄るのですが、その時の後ろで踊るシスターたちの踊りが可愛い笑

・みやちゃんとわかばちゃんのコンビいいねえ。みやちゃんもお調子者の場面が多かったので、「私でも、天下をとれると思うか?」とわかばちゃんを抱きしめながらイケボで聞くシーン痺れたわよ!

・なんかもう岐阜城の場面はてんやわんや!裏切ったり撃たれたり斬られたり。なんかまさちゃぴの場面はどうも、うーん。という感じですがまあ仕方ないのかね。やっぱちゃぴこの扱いがあんまり好みでないなあ。なんか近年男1が先に退団する公演てコンビの書かれ方微妙ですよね。今回といい、かなめ氏の時といい蘭とむの時といい。

・ひげもじゃパパの「俺は…負けたのか…」からの、信長に撃って貰おうとしたら十字架に跳ね返されるやつ、とりあえずパパの吹っ飛び方がうまいなあと思いました。(そこか)そして十字架を握って見つめる彼を見て「ほら、やっぱりお前にはからんだよ!」って客席は思うよね。

・ただ、信長が裏切ろうとした家臣たちに言う「天下にのし上がる覚悟はあるのか?恨みつらみ、全ての責任や苦しみを背負って頂点に上り詰める覚悟が」みたいな、多分全然違うけどそんなニュアンスの台詞は真咲を重ねて「ものすごい説得力だなあ」と思いました。そりゃみんなも裏切るの辞めてしまうよ。そして信長の歌を聞くみんなをオペラでじーっと見てたんですが、途中でリアル男がいるよ!!と思ったらゆうまだった(笑)

・本能寺の変のシーンで森蘭丸◆あーさくん復活!メンズに戻っております!美少年であります!

・あんだけ悪い奴だったロルテスさんが信長の一番の家臣になってる感じが面白い(笑)ロルテス「大海の彼方を目指しましょう」信長「お前…私の心を乱すのだな」ロルテス「はい!!!」って即答するパパ笑

・「暴れまわって来い」とパパへの二番手タッチシーンもあり、最後は真咲のソロ。感想を見てお分かりの通り、正直個人的に展開自体はそこまで楽しんでないんですが、やっぱり最後の場面は今までのことチャラにされかけるくらいのいい感じで終わってくれました。ここの真咲の衣装もかっこいいね。刀を振りかざすと、龍の絵が描いた幕が垂れ、満足そうに微笑む真咲。ずるいなあ、あの笑顔は。

・ストーリーはおいといて、信長と真咲くんて合うのか?という疑問のほうが大きかったですが、「ああ、大野先生はこういう真咲が書きたかったんだな」ということも分かりました。だからとっても複雑なんですよね、別に悪い意味でなく。
今回の感想は難しい。上手く言葉に出来ないですが、とにかく真咲は最後まで真咲だった。それを、大野先生は書こうとしてくれた、というのはすごく分かりました。きっとスルメ公演なんだろうなあということも。笑


続いてショー。

プロローグ。
・チョンパで始まるのが綺麗。しかしみんななかなか斬新な衣装ですね!ちょっとエリザベスカラーっぽい襟でピンクの衣装。と思ってたら、真咲のスーパーモフモフ衣装にびびる(笑)しかも襟元はもうエリザベスカラーどころか浮き輪くらいの厚みに!

・しかし、「真咲派手なモフモフだなあ…」と思いつつも、曲を聞いてたらやはり心にきますね。また歌詞が聞き取りやすいんだよ。ちょっとだけ「僕こそミュージック」を思わせるような、でもきっと真咲だけの歌詞。「バレエは苦手」という歌詞に「あ、ついに言っちゃったか!」と面白かったけど(笑)月組への、舞台への思いがたくさん詰まった歌にもう冒頭から胸をうたれるワタクシなのです。

・主題歌はもう、なんちゅうの?ラブだらけでもはや「チャプチャプ」に聞こえてくるんですが、めちゃくちゃ耳に残るね!さっきも体重はかりながら「らぶらぶらぶ♪」と歌ってハッとしました。しかも体重は全然ラブな感じじゃなかった。
んなことは置いといて、月組生たちのお顔をオペラでしっかり拝見。うんうん、みんないい笑顔だ。下級生たちも…と思ってみてたらやっぱり目を引くね、トッキー!!なにあの王子様感やべえな!オペラグラス止まるわ!そしてちゃぴこのわっかのドレス衣装がすごい。ちゃぴのおみ足が~!かわいい~!(デレデレ)

・Vlolent LOVE

バイオレント・ガイのみんながソフト帽を深く被ってるので「誰だ誰だ!」と見てたんですが、としくん・しもんくん・あーさ・ありくん、そしてキングオブ真咲でした!みんなが割と濃厚に真咲君に絡んでいくのですが(特にとし紫)、としくんと紫くんと絡む真咲を見ていると感慨深いね。下級生時代からよく一緒にやってきてさあ…えぐえぐ…割と絡みもあってさあ…めそめそ…。と思ってみてたら真咲とあーさの絡みはめっちゃ爽やかで二人とも笑顔!そんな真咲の股の間からありくん登場!すごい、足が長いと大人サイズでも股くぐれるんだな!akaneがやると100パーありくんつっかえる!!(やるな)
銀橋で掛け声かけながらお客さんにおらおらアピールする野郎どもが大変イケメンでした!

・Adult LOVE
アダルトラブって書いてるのでどんなもんなんでしょ!この三人だし!とわくわくしてましたがこれはアダルトラブなのか!?まあ、ある意味アダルトラブかもしれんが…(アダルトラブから離れろ)
「あ、やっとまさちゃぴが踊ってる!」と嬉しくなったよ。でもなんかあとあと良く考えたらこの場面が一番絡んでるまさちゃぴなのでは…?うおおん。
それにしてもまさちゃぴが楽しく踊ってるところに「僕も入れて!」と入ってくるパパ。しかも真咲とパパがちゃぴを、というよりはパパ→真咲←ちゃぴな感じがおもろい(笑)あの客席降りのところ恥ずかしいけどおもしろいね!ちゃぴこがもう可愛くって多分近くで見てたら変な声でてる。そしてパパの「たまきもたまにはよろしく!」みたいなオチに吹く笑

・Sweet LOVE
カチャの女役キタね!!ほっせえ…一体ありゃどうなってんだ…。しかもめっちゃ可愛いやんけ…。真咲と並ぶと二人とも細いのでホント漫画みたい。後ろの下級生たちのダンスもいい感じ。ちなみに、最後カチャを後ろから抱きしめてなんか言うのはアドリブなの?なんか今回は真咲が「アーッ……」みたいに溜めながら抱きしめて、うおおなにが始まるんだ(恥ずかしい意味で)と思ってたらなんも始まらず、カチャが思わずニヤニヤしだし、真咲も「どしょかな」と半笑いで後ろの下級生たちもニコニコ。結局ガシッとカチャさんの身体をホールドして「あんもぉぉあおあれぇえぇ~!」でしめるというよくわからさ!笑

・Fantastic LOVE

お次の女役はみやちゃんでございます!みやちゃんがまさかの裏声!!しかもカスカスじゃない!(失礼か)めっちゃ可愛い声なのにあせる(笑)この人だんだん娘役極めてきたね!そしてまたこちらも細い(笑)

・Funny LOVE
最後の女役はコマガタさんであります!!ちょっとー!コマガタさんはパッツンクルクルショートだからちょっとネタっぽくなってるけどもこの人金髪ロングで前髪横分けだったらマジで美人なんだからね!(笑)
最後は真咲を巡ってバトる女装男役3人!なんという争いでしょう(笑)でも結局キュート・ドールのまいまいが気に入っちゃってキスする真咲。ぷんぷん怒る3人。最後はける時の、コマ「おこってるのよ!」真咲「おこってるの?コマ「おこってるのよ!」真咲「は~コマ「おこってるのよ!」にがツボにはまりすぎてしばらくわろてた(笑)甲高い声で「おこってるのよ!」っていうのみんなで流行らそう。

・Fresh LOVE
ロケット、かわいいね~!そして銀橋で踊るまいまいにほろり。決して目立つほうではなかったけど、いつも月組おねーさんチームで頑張ってくれてたね。

・中詰め
スターたちの銀橋渡りを楽しんだり、コマガタさんの歌を堪能したり。なんかめっちゃエフェクトかかっててすごかったね!コマの歌がたくさん聴けて嬉しい。そしてすーちゃんもいっぱい歌ってくれるんだけれどもなかなか難しい歌だな!男役のクロ燕尾の場面はみんな色気があって良かっただす!

・Persist LOVE
真愛涼歌ちゃんのソロ!この子はA-ENのときの食堂のおばちゃんですよね。歌が上手くて愛らしかった。卒業はとても寂しいですが最後に歌があって嬉しいよ。
そして前回のゴールデンジャズでもちゃぴこのダンスシーンあったけど、今回もいいね!カツラも野生的で、娘役の枠を飛び出しててとても素敵です。ガシガシ踊るちゃぴを見て、残ってくれてありがとうとさえ感じました。泣き虫だった彼女はもう、一人で踊れるし歌える。新しい道を歩んでいける。真咲に鍛えられたちゃぴこだもの。

・Ardent LOVE
かちゃみやの場面ですね。いやあ、かちゃも専科移動ということで、この二人の場面を見るのも感慨深いです。真咲がトップの時間、ずっとこの二人が近くで支えてくれてた。ずっと真咲の無茶ぶりに笑顔で振り回されてくれてた。本当にありがとう。そして、舞台ではスーツケースを持って白いコートに身を包む退団者5名。みんな、月組を支えてくれてありがとう。そして藤井先生も、退団者の場面はたくさんたくさん作ってくれてありがとう。

・Memory LOVE
87期の場面がまた粋でさ~。嬉しいよね。多分自分が87期生だったら泣いちゃう。(結局ただの一般人なのに泣いてる)
白い衣装に身を包んだみんなの場面、綺麗過ぎてなあ。退団者のみんなもすごくフューチャーされててさあ。ああ、卒業していくんだなあって。一人一人のソロも嬉しい。
そしてセンターで歌うちゃぴこやパパを見て「ちゃぴぃいい…パパぁあ…あとは頼んだわよぉ…えぐえぐ…」ってもうお前誰やねんみたいな感じで見てました。
まさちゃぴシーンは少なかったけど、ちゃぴこと真咲くんがお互いをとても温かく見つめていて、ああこれがまさちゃぴの形なんだなあ。と。でもちゃぴことのデュエダンがなかったのは割と本気で残念でしたが。

・Forever LOVE

最後の真咲くんは黒燕尾。彼が歌い、手を広げると大階段がライトアップされる。なんて素敵な演出!
ニカッと笑顔を見せる真咲くんを見ながら、色々思い出したりしてさ。

ほんと、月組って昔から変なことするじゃない。特に真咲くんやみりおくんの時はそれが目に余るくらい。でも彼は、表ではひとつもそれに対しての触れず、ただ前進するのみだと語った。いつも怒っているのは俺の方で、真咲はただ前を見て、与えられた期待や課題に全て応えていった。あんなに華奢な身体で、幾つも幾つも高すぎる壁を登っていってた。そしてそれに必死に食らいついて一緒に戦っているみりおくんがいて、だからまさみりがすごく好きでした。
彼らを見ていると、自分の身に起きる小さな困難を乗り越える勇気を貰えた。真咲はいつも、出来ないことなんてないんだよと教えてくれるみたいでした。

って色々浸ってたら最後の銀橋での全力での変なおじぎに爆笑。真咲、いい加減にしろ!(笑)


真咲くんの思い出の公演を羅列しようかと思いましたが数が多いのでやめました。月組カテゴリに概ね収納されてます。

小生意気で、繊細で、優しくて、変で、可愛くて、意味不明で、とにかく面白かった真咲が。長い間、俺の心を惹きつけて止まなかった彼が、ついに卒業するんだな。

まだなんか、心がついていかないね。
でも、実感する前にお礼を言いたい。

本当に、爆笑と愛をありがとう。
真咲、ラブフォーエバー!


『このこみ上げる気持ちが愛じゃないなら 何が愛かわからないほど!』



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する