ガチンコ!まぁくんVSみりおん◆エリザベート

erisora.jpg

こんばんは、akaneです。

月日がたつのは早いもので、真咲のサヨナラ公演が終わったかと思うともうエリザがスタートという。
目まぐるしいですねえ。

真咲といえば、スカステのまさみりトークが見たくて死にそうだったので、スカステ見れる親戚のおうちへ行ってまいりました。
泣いちゃうからあんま書かないけど、あの雰囲気思い出したらやっぱりだめだねえ。お互いに今は今のカラーがあるけれども、二人が揃えばいつでも「二人の時間」に戻るんだなあ。懐かしいよ。
真咲もミーマイくらいからますますカチャみやコマたちとゲラゲラ楽しくやって今やもう説教タートルですが、そうそう、元々はずーっとこういう雰囲気だったよな~。「ああ、まさみり見てるわあ。。」という感じがしてとてもうれしかったです。ありがとうスカステさん一生ついてく。加入してないけど。

さてさて、そんなこんなで本日は宙組さんエリザベッを見に行ってまいりました!
以下に感想だす。


いや~~、めたくた良かったよう!!
ポケモンGOよりエリザへGOだよ!

とりあえずさくっとメインキャラの感想。

トート◆まぁくん

このトートさん、従来のトートよりも髪も衣装も暗めなので、舞台に溶け込みすぎて「いつの間に出てきたんだよ!」みたいな場面がしばしば。ひっ!いるしー!みたいな笑
とりあえず最初の登場時の貫禄ぱねかったです。静かに歌いつつ響かせるビブラートも美しい。ポーカーフェイスに見せかけつつ、胸を抑えて恋に苦しんじゃうし、みりおんべいべに何度も拒まれて傷ついちゃう。
ナンバーで特に良かったのはやっぱ、1番に『最後のダンス』。めっちゃくちゃかっこよかったよう!!でかい身体から出る大迫力のアサカボイス。「くぁーつーのはぁあ!!うぉおおおおれぇええすぁああああ!!!」の最後のガッツポーズ!きまったああ!!と胸アツでした。2つめは1幕最後の「私だけにリプライズ」のところ。最後の歌い上げも最高でした。
とにかく、冷たさ・不気味さ・色気・人間味を兼ねそろえた、歴代トートともまた違ったまぁくんのトートだなあと思って大変楽しく見れました。いや~歌えるって素晴らしいね!

エリザベート◆みりおんべいべ
いやあもう…最高だったよみりおん。。王家といいエリザといい、主役をはれるような娘役の大きな役をいっぱいやってくれてありがとう。今回の彼女からは、シンプルに「自由を手にしたい」という、その気持ちが痛いくらいに伝わってきました。また後で感想に書くけど、とにかくそれだけ。なんて正直でまっすぐな人なんだろうって。お願いだからもう、彼女を解放してあげて。と、初めてラストで泣いてしまった。
そしてとにかく綺麗でござんした。ハンガリーでの三色旗お披露目や鏡の間でのお姿。息を呑む美しさでした。。歌えて芝居できてその上美しいなんてなんて仕事の出来るヒロインよ…

フランツ◆真風くん
真風くんの顔が好き過ぎて泣いてる。出だしのよわっちそうなへなちょこ美形青年から始まり、年老いてじーさんになるまでずっとかっこいいんだよ。。若い頃は、後半とのギャップを出すためにものすごく爽やかボイスでリーゼントもビシッときまりまくり。めちゃくちゃ優しそうでめちゃくちゃヘタレそう。歳を重ねるごとにダンディになり髭もたくわえ、リーゼントも少し手ぐしっぽくなるのが素敵。声も低くなって、「あの青年がこんなに大人に!」という。老けて容姿が変わるごとに「きゃああ髭が生えてる!きゃああ白髪になってる!きゃああもみあげ濃くなってる!きゃああよぼよぼ!」と大喜びの俺。一番びっくりしたのはフランツの歌ってわりと難しいのに、無理なく歌いこなしてたことですね。ますますスターじゃんまかじぇ。。

ルキーニ◆あいくん

パンフレットを見たときから打ち抜かれました。いやあ、めっちゃくちゃかっこいいんやて。。ルキーニがあんなにスタイリッシュイケメンなんて…街角歩いてたらモデルにされちゃうって…多分この夏は黒上下にボーダーシャツが流行ってしまうって…
あいくんと言えば昔からビジュアルはとても良いので、声が低くなればな~と思ってましたが、ルキーニの声もだいぶ良くなってて良かったです!貴公子や二枚目や変態と実にさまざまなキャラをやってきて一皮も二皮もむけた彼が作り上げたルキーニ、とても面白く見させてもらいました!しかしあれだな、あとは笑い方だな!笑


では、場面を追って印象に残ったところを書きます。

・裁判官の声はかけるくんなんですね!ちょっとエコーききすぎて聞き取るの苦労しましたがいい声だ!

・プロローグ良かった!やっぱり宙組のコーラスはいいねえ。真風くんの低音ヴォイスに痺れる。そして霊魂の人たちの高いところで光を浴びていい気持ちになってるあいくんかっこいい。でもあいくん、「ガーハッハッハ!!」みたいな豪快な笑い方が苦手なのかわざとしないのか、「ぐぇへっへへ」みたいな感じでわらける笑

・ちびシシィのみりおん可愛すぎる。「パパみたいに」をちょっとたどたどしく歌いながらまりんパパとたわむれる。ラストでここの場面思い出すとめっちゃ泣いちゃう。

・ちびみりおんが綱渡りの仮死状態から復活したところ、ベッドからトートへ無邪気な顔で歌うみりおんと、胸を抑えて初めて知る愛情をかみ締めるトートお兄さんに痺れます。あかん…もうどんどんシシィ沼にはまってるわ…みたいなまぁくんの顔がたまりまへん。

・ゾフィー◆せーこちゃんの顔の怖さといったらもう!ハマコゾフィー並にこええよ…と思ってあとで雪エリザ見てたら眉毛の角度はせーこちゃんの方が怖かった(笑)いくら真風くんがイケメンでもあの怖いおかんが漏れなくついてくるなら…わたし、涙を飲んでお別れします…(別に求婚されてない)

・それにしても、ほんと真風くんのへたれ優しい感じたまりまへん。死刑囚の母親◆花音舞ちゃんの願いを却下した後の辛そうなお顔よ…頭まで抱えてかわいそうに…やっぱりお別れするのやめようかしら…(別に求婚されてない)

・ヘレネ◆桜音れいちゃん、「選ばれな…嫁にいかな…」みたいな気迫がひしひし伝わってくる(笑)なので選ばれなかったときのびっくり顔が可愛い。

・バート・イシュルでシシィとルキーニが仲良くしてるのみたら、あとあとあんなことになる二人なのに…とちょっと面白い。そして、フランツがシシィ選ぶシーン大好き。みんなのびっくり顔と、「計画どおりいかない」のナンバー楽しい!

・嵐も怖くない、最高でした…。真風くんがもうさあ…コイツ優しすぎだろ…なんて優しい顔してんだよ…。そしてみりおんベイビーのまだあんまり分かってない幼い表情が可愛いんだよう。最後のまかじぇくんの「すきだ」の歌詞が「すきーだぁっ!」ってちょっと力入っててラブい。(デレデレ)

・上にも書いたけどもまぁくんの最後のダンスはほんと圧巻!カゲソロはずんくんだったのか~。後で知ったわ。また次見るときしっかり聞こう!

・せーこちゃんの「皇后の務め」はどんなに恐ろしいかと期待してましたが、顔は怖いのに意外と歌声や台詞はそこまできつくない感じ(笑)もっともっと怖くなって欲しい!せーこちゃんの今後に期待。笑

・確かに自分の意志でフランツと結婚をしたんだけれども、自由が大好きな彼女はあまりにも無知で。だからこそゾフィーのやり方や従順なフランツの態度が受け入れられない。「私だけに」を歌うみりおんめっちゃ良かったです。最初は理想と現実を思い知り、いっそ死んでしまおうかと思うくらい悲しみや悔しさに歪んだ顔をして始まったのに、自由を好む自分の姿を歌っている間にどんどん強さを取り戻していく。「いやよ!」と腹の底から歌うみりおんが気持ちいい。そうやってオペラでガン見してたらいつの間にやらまぁくんトートが現れてたのでびびる(笑)そしてせっかく死を期待して現れてみたのにナイフをしまったシシィを見て「えっ、しなんのかい」みたいにびっくりしてるまぁくん笑

・ハンガリー訪問の場面で、一度は引っ込もうとしたフランツにシシィが「まって、フランツ」とつぶやくところいいね!そして、ゆっくりマントをとると三色旗。ひっ…ひぃいい!!!三色旗だ!!三色旗を着ている!!と俺も民衆に混じってワーワー言いたい!そしてみりおんシシィの美貌にひれ伏さざるを得ない。

エルマー◆あっきーがシャープでかっこいい。なんとなくまとぶんの匂いを感じる。トートと握手をした時の「あれ…?手ぇめっちゃ冷たい…」みたいな細かい演技がたまりまへんね!

・ツェップス◆メガネで長髪オールバックのりんきら、あふれ出るインテリおじさんぶり素敵!

・シシィの寝室の場面。もっともっと真風くんにドアに向かってすがってほしい。いやこれは個人的な欲求ではありませんよ。それにしてもここの場面とかは歴代色んなシシィの反応があるけれども、みりおんシシィは割と冷静です。やっぱり、愛だけでは難しいと。色んな条件を飲んで欲しいと。すでに強い意志が感じられる。

・それにしてもこの後の場面でのまぁくんトートのやらしい迫り方(笑)もうお色気たっぷりよ!距離も激近でございます。でも「出てって、あなたには頼らない!!!」とみりおんベイベにめちゃくちゃ突き放されちゃうまぁくん。作戦失敗でめっちゃ傷ついてるトートさんドンマイ!

・ミルク、もうさいっくぉー!!死ぬまでにミルクを最前列で見てみたい。

・鏡の間の場面、大好きです。まずは真風くんのシシィへのラブソングも素敵でした。あんなにヘタレ美形まかじぇが、ついに信念を破ってシシィへの愛を選んだなんて…!!ときゅんきゅんしまくり。ここの歌好き過ぎて、ホンマみんな恋人にリクエストして歌ってもらったほうがいいと思うよ。「君の愛が僕には必要 君なしの人生は耐えられない」「君が望むものは君のものだ」「だが君を失うくらいなら信念も破ろう」ってどんだけラブいのおおおお!!!

・いまかいまかと待っていたのに、白いドレスに身を包んだみりおんが綺麗すぎてまぁくんがオケピから出てくるところ見逃してしまった!最後の「お前しか見えない 愛しているエリザベート」と歌い上げるまあくんも圧巻!!!最高の余韻に浸りながら休憩に突入してポケモンGOしたよ…大劇場でゴルバットを捕まえたよ…

・そして二幕はキッチュから始まります。ちなみにパパ(珠城りょうくん)が来てたみたいで、美人の写真はパパ(笑)あいくんが「おにーさんかおねーさんかわからねえが…」って言ってた(笑)そして始まるあいくんリサイタル。客席は大盛り上がり!ちなみに各国の美人はオランダがえびちゃん、中国がリサちゃん、日本が愛白もあちゃん、インドが桜音れいちゃん、スペインが瀬戸花まりちゃん、エジプトがららちゃん、スコットランドがりらちゃん、アメリカが華妃まいあちゃんでござんした。みんな可愛かった~!

・「私が踊るとき」よかった~!もう二人とも歌えるし強いので、ガンガンぶつかりあってる感じがたまらん。男1vs娘1のガチンコ対決面白すぎる。お互いに背を向けて歌い、向き合っても挑発的。いやーんたまらぬぁーい。まぁくんが手を差し伸べても、フンッて歩いていくみりおんにしびれちゃう。

・少年ルドルフ◆星風まどかちゃんとっても良かったです。幼い顔立ちで、なんかまだあんまり色んなことが分かってないんだろうなあみたいなところが余計に切ない。 ぽやーんとしてるのに、ママに会いたい、どうしていなくなるの?勇敢になればいいの?と子供心に色々考えている様がなあ。。

・それにしても、ゾフィーのサロンの場面でおえらいおじさん方がゾフィーとたわむれてて楽しいけど、この人らも最初出てきたときは割と色男たちだったのにねえ…みんな年食ったねえ…と面白い笑

・マダム・ヴォルフ◆うららちゃん。ひぃいい……ひぃいい………あかん…あかんで……。めちゃくちゃうららちゃんあらぶってるやん…なんやこんなお綺麗なマダム・ヴォルフ反則やで…。遠慮せず気取らずにあなたを召し上がりたいのだけれどもいいのかな?はいはい黙る。マリーやロミーやタチヤーナやミツィーよりもお前だよ、ヴォルフ。はいはい黙る。

・ところで真風くんがマデレーネ◆結乃かなりちゃんに誘惑されてる間、いつもお偉いおっさん方が娼婦たちとイチャこいてるんですが、シュバルツェンベルク◆さおくんは女の子と駅弁してるわ、ケンペン◆星月梨旺くんに至っては娘役ちゃんの股間に完全に顔をうずめております。おいおいおっさんら……いい加減にしなよ…笑

・あいくんとうららちゃんのコンビいいね~。うらら様に「どんな偉いお方でも男は男…」とバカにされた表情で言われたいよね!あ、いちおー女だったわ!うららちゃんからあいくんへの熱烈キスと、その後の「あーーーはあっはああ!!」っていう下品な笑い方がたまりません!よし、マダムうららのコレクションに加えてもらおう。はいはい黙る。

・まぁくんの「死ねばいい!」いただきました!あたーす!ベッドに乗ってマントをコウモリみたいに広げるまぁくんがコワかっこよすぎて!しかしみりおんにまたも拒まれ、「違う!!!」と思いっきり否定され、出て行けといわれる。いやー、ここもまぁみりのバチバチ感がたまりまへんでした!

・エリザベートがずっと旅行に出かけて全然帰ってこーへんみたいな歌ん時のルドルフのフリ大好き!心の中ではルドルフステップと呼んでおります(笑)

・病院の場面、ヴィンディッシュ嬢はモンチなのか!意外すぎる。「わたしは~エリザベッ!!」のところ、モンチが完全に少年漫画のオープニングみたいにイイ顔してるので面白かった(笑)叫びまくるし元気なので取り押さえるのが大変そうでした。ここでエリザベートが「もし替われるなら替わってもいいのよ。私の孤独に耐えられるのなら」「あなたの魂のほうがずっと自由…」となんともいえない表情でヴィンディッシュ嬢に語りかけるところがすごく好きだ。彼女の口からこぼれる偽りのないその言葉が痛い。そしてエリザベートの腕に抱かれ、自分のことを良く言ってくれるエリザベートの言葉ににっこり笑顔を浮かべるモンチも印象的。

・エリザベートと行動をともにするうちに少しずつ彼女の苦しみや心の内が分かって来たのか、スターレイ◆愛白もあちゃんのエリザベートを見る目が切ない。

・ルドルフ◆ずんくん、めっちゃくちゃ良かったよ!!さすが、歌も上手いし表情も良い。「闇が広がる」のまぁくんとずんくんのデュエットも良かったなあ~!ずんくんの心の葛藤と、決意と、恐怖がよく伝わってきました。「王座!」と口にした後すぐに頭を抱える彼ですが、最後の「肯定ルドルフは立ち上がる」では強い表情を見せる。ところでずんくん見てるとじゅりぴょんの現役時代を思い出しますね。なんとなく似てない?

・控えの間の場面。旅から帰ってきたシシィとルドルフが久々に顔を合わせるんですが、もうとにかくみりおんの表情が凍ってるの。ずんくんが駆け寄って肩を触っただけでゆっくりと振り払うの。そして自分の気持ちが分かるはずだというルドルフに「分からないわ」と冷たい表情で言う。グッと傷ついた顔をしながらも、父への説得を訴えるが、シシィはそれすらも「ごめんなさい、ルドルフ」と手を引っ込める。フランツから皇位継承は難しいと見放され、母親からも見捨てられ、呆然と立ち尽くすずんくん。スルッと口から零れ落ちるように「もうこれ以上、生きるあてもない…」とつぶやく。いやあ、そうだよなあ……悲しいよう。同期コンビの悲しい場面でござんした。その後トートや黒天使に翻弄され、自ら命を絶つずんくん。うえーんうえーん。

・そして鏡の間。ルドルフの棺に手を置いて、無表情のまま少しずつ俯くフランツ。頭や肩、手が震えててさ。こんな泣き方してるフランツ始めて見たわあーああもう無理ー。このフランツ優しすぎるのに色々だめだめで泣けるんだよ。そして、みりおんも棺に倒れこむようにして涙する。いやあ、もうなあ。。この人はもう、自由を望みすぎて、息子までかえりみることができなかったね…。間違いなく、最後にルドルフの死を後押ししたのはシシィだと思う。だから、ルドルフの死を嘆くシシィを見て勝手だなあと思う反面、もう彼女を早く解放してあげて欲しいとも思う。

・失意のシシィの前に満を持して現れるノリノリトートさん、ルドルフの棺の上に横たわるんじゃないよ!これはもう絶対いけるわ!と現れたのに彼女が望む死は自分の望む死ではないと分かり「死は逃げ場ではない!!」ときんぱっつぁんみたいに怒ってあげる閣下。いやあ、ほんとに閣下、シシィのこと好きなんだねえ…色々歪んでるけども…

・夜のボートの場面。なんて切ない場面なんだよう。フランツは出会ったときからずっとずっと、シシィのことを本気で愛していたことは痛いほど分かる。同時にシシィの冷たい表情を見ると、フランツが過ちを犯した日からもう彼への気持ちは完全に凍結させてしまったんだなあとも。二人とも、どちらも悪い訳ではないんだけれども確実に目指すべきゴールが違う二人だったんだろうなあ。それでも「わかって欲しい 君が必要だよ 信じて欲しい 君を愛してる」と語りかける真風くんの穏やかな声と、拒絶はしないけど決して受け取らないみりおんに泣けるんだよ。

・最終答弁、大好き!!フランツが若い姿なのがいいよね。まぁくんvs真風くんの歌でのバチバチの戦い最高!「あなたは恐れている、彼女に愛を拒絶されるのを!」「ちがぁああああううう!!!!」が震えるわー!!

・エリザベートを刺した後のあいくん、高笑いがへたっぴなので「ぐぅぇええへえええ」「ぐぁあへえええ」みたいな感じ(笑)

・そしてエピローグ。もうここがなあ。。あんまり覚えてないけど初めてここで泣いた気がする。何に泣けるってみりおんの表情に。ずっと考えてたわけです、みりおんの表情について。子供のころ、彼女はジプシーのように自由に生きたいと歌った。でも、彼女の生活は自由から程遠いものだった。後半はずっと氷のような表情をしていて、苦労して取り返し姑と争ってまで教育権を勝ち取った実の子供のことだって冷たく突き放した。いくら美しくても、もう彼女の心はボロボロでとにかく疲れ果ててた。ルキーニに刺され、死の世界へ行った後も「連れて行って闇の彼方遠く 自由な魂 安らげる場所へ」と歌うところくらいまではまだ表情はほぼ動かないまま。それが、トートに歩み寄り抱きしめられた瞬間、やっと彼女が微笑むんだ。昔、自由だったころみたいに。天へ上っていくとき、一瞬驚いたような顔をしながらも、最後はトートに抱きしめられて笑顔を見せる。ああ、やっと解放されたんだ。時間がかかったけども、ついに彼女は自由なんだなあって思うと涙がぽろりんちょでした。


フィナーレ。

・男役群舞はおなじみの「闇が広がる」にて。やっぱり分かっててもかっこいいねー!そらくんやかけるくんも黒天使役でガシガシ踊ってましたが、フィナーレは人間に戻ってかっこよく踊ってくれました!

・そうそう、てんれーさんですが。お芝居では大司教のラウシャーさんしてたんですが、「てんれーが珍しくあんまり怖くない…だと…!?」と驚いてたわけです(失礼か)これがサヨナラ公演だからか前髪パッツンな髪型のせいか、なんか穏やかというかむしろ可愛いキャラなくらいでな。宅配のところも「…すこし(きゃぴっ)」って可愛い感じでな。あらあら、あんなに散々怖かったのにラストてんれーは怖くないのね!と少し残念に思っておりましたら、最後の男役群舞でしっかり怖いお顔しをしいたので「きゃーてんれーさんこわーい!!フゥ~ゥウ!!」と大喜びの俺(笑)ありがとう、長らく宝塚No.1ヒール顔の座をものにしてくれて!!

・デュエダン、すげーよ!まぁくんの銀橋ジャンプダイナミックすぎて、あれはきっとちぎたでもびっくりするぞ!(笑)そして最後のキメポーズもどんだけ腕長いねん!!とロングハンドに驚愕します。お楽しみに!


というわけで、ものすごく良かったです宙エリザ。またいくぞー!

ではでは。
お次はローマ!
コメント

最後のダンスすごかったですよね!
ダイナミックすぎて、「まぁ様さすがやで!!」と思いました(笑)

真風さんもあの難役をよくこなされましたよね。意外と当たり役かも!と思いました
夜のボートのおじいさんから、フィナーレでキラッキラの真風さん出てくるんで、「うわー!目がつぶれる!」って感じでした(笑)

そしてうらら様のマダムはやばすぎ
主人が一番美女ってどういうことやねん(笑)
あまりの美しさにうらら様のスチール買っちゃいました!(≧∇≦)

Re:

さやか様

こんばんは。
宙エリザ、面白かったですねー(*^o^*)
一人一人がいい味だしててとっても美味しく頂きました!
また見に行く予定です( ´ ▽ ` )ノ
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する