怖くても立ち向える。◆エリザベート新人公演

erisora.jpg

こんばんは、akaneです。

もともと仕事でブロークンハートしてるところに先週末もっとブロークンする出来事があって、もうハートはブロークンどころか爆発してこっぱみじんになってました。
月曜しんどいしんどい仕事を引き受けた代わりになんとか本日に新公見に行ける時間にあがったった!

というわけで本日は宙組さんの新公エリザ行って参りました。
疲れた心にフレッシュな風を与えてきたよ。

以下に感想です。


まずは主要人物をかんたんに。

トート(本役はまぁくん)◆瑠風輝くん。

なんという脅威のスタイル。なんという脚長スラリ長身さん。出てくる度に「ひいい!スラリ!」とびびってました。最初の冥界シーンで椅子に座ってせり上がってきたとき、ヴィジュアルに目を奪われましたね。ちょっとヅカ銀英みたいで、ともちんオーベルを彷彿させるような。そんで私だけかもしれませんが時々オヅキに似てるなあと思う時がありました。
とっても歌ウマさんで、伸びやかないい声してます。少し惜しいのが、ちょくちょく声が上ずってしまったりひっくり返ってしまったことかな。なんとなく以前星組にいた88期のじゅんなを思い出しました。とっても歌ウマさんなのに時々声がケロってしまう感じが。特に愛と死の輪舞、最後のダンスはハラハラしましたが、とってもかっこよかったです!
そして特筆すべきはルドルフへの死の口付け。ここがもう超色っぽくてだな。表情は冷たいのに。そして終始、わりとポーカーフェイスなので最後の最後の場面でシシィへふっと笑う笑顔にやられる。なんやねんギャップ狙いかいな…(ドキドキ
ところでさっき見たら公式身長174cmなんだ?!普通にともちんくらいあるかと思ったわ…てかもう190くらいいってんのかと思ったわ…(どんだけ)スラリとしてるんで舞台映えしますねー!

エリザベート(本役はみりおん)◆星風まどかちゃん。

彼女は誰に似てるんだろう。ちょっと雪組のあんりちゃんに似てるのかな?とか考えてました。本公演では素敵なちびルドを見せてくれましたが、シシィもなかなかがんばってました!出だしはちょっと演技や歌が不安定でしたが、まあ子供シーンなので逆に子供っぽさは出てたかな。ところで私が2階の端っこで見てたんで、家庭教師にする「べーッ」がもろ正面から見れました。超可愛かった。うらやましいだろう。(ドヤァッ)
だんだんエンジンがかかってきて、「私だけに」の「たとえ王家に嫁いだ身でも…」から完全にスイッチ入ったなー!と感じました。子供から大人になった瞬間というか。圧巻でした!
鏡の間の彼女も美しかった!結局まどかちゃんに見とれてたら絶対見たろー!と思ってたオケピ登場トートをまたも見逃してしまいましたわん。

フランツ(本役は真風くん)◆留依蒔世くん。
るいくん、途中まで衣装がでかいな~と面白く見てました。どんだけでかいんだよ真風!(笑)と思ったけど3cmしか変わらないのか。結婚式までの衣装がえらくでかく感じました笑
彼も歌ウマさんなので、とっても聞かせてくれました。「嵐も怖くない」の声高めの若い感じも良かった。「好きだ…」が超甘くて素敵でした。扉を開けてくれ、からいきなり低音になり、
おじさん演技もお手のもの!
そしてなんと言っても「夜のボート」ですよ。いやあ~~新人公演とは思えないほどのおじじぶり。なんて切なくもじじくさく、素敵に歌うんだろう…と感動しまくり。若い声からじじいボイスまで、芸達者ですねー!!

ルキーニ(本役はあいくん)◆そらくん。
いや~、そらくんルキーニめっちゃくそ楽しみにしてたんですが、出だしのルキーニの語りはやや緊張してたのか、やや走り気味に感じたかな!歌いだすとやっぱりアルトヴォイスのいい声でめちゃくちゃかっこいいんだけれども、台詞芝居や演技芝居はまだまだ伸びしろがある感じ。
とにかく舞台をチョロチョロしておりますので、別の人をオペラで見ててもチリチリ頭の浅黒ちょび髭そらくんが映りこんできます。このオペラ泥棒さんめ。
冒頭の「エリザベーッ!!」のところとか、最後の法廷シーンのところの台詞のあと、本公演なら霊魂たちがわらわら出てきたり最終答弁があるんだけれども今回はないので、ルキーニのバーン!とした台詞のあとがいつも静かな感じでそらくん雰囲気作るの大変そうだな~と思って観てました。
最後の狂気の演技は、もうとにかく元気!(笑)正のオーラに包まれた人なので、負のオーラとか不気味さとか陰気さとかが取り入れられたらもっと演技の幅が広がるだろうなあと思いました。
キッチュのアドリブは「きれーなねーちゃんがいるぜー!俺、今日しか撮らないから貴重だぜ。自分で言うなって思っただろー?早く撮んなきゃ話が進まないので撮るぜ。鳩が出ますよ!」みたいな感じでおもろかったです。ルキーニダンス、めっちゃ楽しんでやってる感じでかっこよかった~。会場の雰囲気を掴むの上手いねー!

ルドルフ(本役はずんりくあっきー)◆鷹翔千空くん。
前回の歌バウでも思いましたが彼、結構注目株ですよね!ものすごく良いモノを持ってるんですが、まだまだ荒削りなので上手く出し切れなかったり上手く使いこなせてない感じはするかな。でも今回の公演で強く感じたんですが、なんというか彼からはとっても昭和ジェンヌのにおいがする。サラッとしてなくてちょっと独特で個性的な感じの芝居、歌。クセになる感じが面白いのでこの路線で突き進んで欲しいな!
瑠風くんとの「闇が広がる」もとっても良かったです。基本的には上手いんですが、時々ポーンと音程がどっか行ったり「僕はママの鏡だから」も半テンポ遅れる溜めっぷりを面白く見てました。笑
そんで特筆すべきは、ピストルで自害した後の目の動きが完璧だということです。もう怖すぎ。オペラで見なければ良かったと後悔したわ。なんだあのリアルな死に顔(笑)


その他色々。

・どんな感じの演出なんだろうかと思ってましたが、省きながらも結構どの場面も撫でてくれた感じですね!最初新公パンフ見たときに本公演の場面と照らし合わせても場面タイトルがほぼ載ってたので驚きました。

・裁判官の声◆穂稀せりくんの声、いい声だな~!!と思ってたらマックスパパの役も彼だったんですね。パパもいい声だし上手いな~と思ってたので、後で裁判官の声が彼だとわかって納得。

・ ルドヴィカ◆里咲しぐれちゃん。シシィママでございますが、なかなか歌ハラハラしましたが気合で押し切った感は割と好きです笑

・ ゾフィー◆瀬戸花まりちゃん。髪型がすごい!顔が怖い!!まりちゃんといえば目力ですがもうビーム出るかと思いました。とっても歌ウマさんなイメージですが、やっぱりゾフィーの歌って難しいのな~という。ふとしたときに結構声が弾み気味になってしまうのよね。台詞は時々静かに、時々めっちゃ怒鳴ってくるので気が抜けない笑

・死刑囚の母◆天瀬はつひちゃんがすがりつき演技がなかなか良かったです。悲壮感があって。

・ラウシャー◆水香依千くん、シュヴァルツェンベルク◆秋奈るいくん、グリュンネ◆秋音光くんの3人は割と低い音程で歌うところがありますが、なかなか歌えてました!

・バートイシュルでのまどかちゃんとそらくんの仲良しぶりといったら。そらくんがニコニコまどかちゃんを帽子であおいで、まどかちゃんも風を受けて超うれしそうにニコニコ。なにこの可愛い二人。あとで殺し殺されるなんてうそだと言ってよ!

そらくんオレンジ転がすの早すぎてまどかちゃん追いつけないという(笑)侍従さんが拾ってくれるんですが、鷺世燿くんかな?めっちゃくちゃ耳がインパクトあって目を引きました。すぐ覚えれていいね!

・嵐も怖くない、のところ「愛の証なんだ」とるいくんがネックレス出すところちょっと遅れて、まだつけきれてないけどとりあえず「とても重い♪」と歌ってくれるまどかちゃん。まだつけてない(笑)とかつっこんではいけない!

・最後のダンスのカゲソロ、結構個性的な声だな~と思ってたらやっぱり鷹翔くんでした!

・シシィの寝室場面、シシィとゾフィーのやりとりがなかなか入ってこない!なぜなら、女官たちのダンスがキレッキレすぎて!揃い過ぎて!!あれめっちゃ練習したんだろうなあ…とうっかり涙がにじんでしまうほどもう完璧にそろってるの。あのちょっとへんてこな女官ダンス。しかもakaneさんの場所が2階の端っこだったため女官ダンスが後ろの角度から見えて「より変な動き!(笑)」とツボってました。いやー、あれはすごい!

・子供をゾフィーにとられてシシィおこ~みたいな場面はそらくんの語りで終わり、エーアンハンガリーの場面もカットなのでいきなり登場するハンガリー独立派のエルマー◆真名瀬みらくん、シュテファン◆潤奈すばるくん 、ジュラ◆琥南まことくん。あんたら誰やねん感がハンパないけど新公なのでしゃーないか。ところで琥南まことくんのセンター分けの髪型がめっちゃかっこよかったです。

・ウィーンのカフェ、なんてそらくんエプロンが似合う浅黒ちょび髭にーちゃんなんだ!とわらけました笑

・シシィの寝室から出て行くトートさん、まだドアしまってないのに「ててーてててーてー」という『闇が広がる~トートふられバージョン~』が流れてしまって「ああ!まだトートさんドア閉めれてないよ!」とあわあわする俺。(いらん)

・ミルク、めっちゃくちゃ良かった!!!少ない人数で、下級生だけで、よくあれだけの迫力とコーラスを…えぐえぐ…銀橋での民衆たちの気迫と、トート閣下の素晴らしい立ち姿と、いちびってるそらくんがたまりませんでした!

・ちびルドルフ◆湖々さくらちゃん、とっても可愛いお顔でakaneさんニコニコしちゃったよ。歌も上手でした。瑠風くんと並んだらちっちゃく見えて余計に可愛い。でもさくらちゃん161なのか。おそるべしスラリトートさん。それにしても、まあないだろうとは思ってましたがやっぱり「皇后様は一時も~♪」っていう場面カットだったのでルドルフステップ見られなかった!ざんねん!

・マダム・ヴォルフ◆華妃まいあちゃん。そうか、前の歌バウで見てるのか!とりあえずマダムヴォルフの格好したまいあちゃんがツボすぎて「なんだあの可愛い子は!」ロックオンしておりました。それにしても、歌バウでは歌ウマさんだな~!と思ってたんですが、今日は緊張してたのかちょっと難しそうなところもあったね!そらくんへの強引なちゅー面白かった笑

・ところで、新公とは関係ないけどこの場面の娘役ちゃんたちの衣装すけべよねー!なんかあの肌色に近い衣装がさあ…ってごめんごめん黙るね。清く正しいブログだものね。(どこが)マデレーネ◆優希しおんくんも色っぽかったです!

・運動の間でのトートvsシシィも二人とも本役さんほどのバチバチじゃないけど、いい感じにバトってました!

・独立運動の場面で王冠をもらう鷹翔くん、被り方がちょっと斜めなってるのにめっちゃ満足げなのを見て、「へたっぴ~~かわいい~~」ってツボってました笑

・「最後の証言」がないの、冒頭も霊廟ないからしゃーないけど瑠風くんvsるいくん見たかったなー!!

・エピローグ、やっぱり物語の全てがこの場面で浄化されるというか、リセットされるというか、この世の苦しみや悲しみが全て終わって愛だけが残るようなこの場面が新人公演をするみんなの心情に重なったような気がして(勝手に)感動する俺。いやあ、みんなよくこの大作相手にがんばったね。またこの場面の瑠風くんとまどかちゃんの表情がとっても良かったんですわ。そして二人の身長差がリアル男女で素敵でした。

・そうそう、最後にいわせてください。誰も信じてくれないだろうけど、昇天していく瑠風くんと目がガッチリ合ったからね。目線をありがとう。(2階端っこより愛をこめて)



終演後の挨拶。

そらくんが長としてしっかりした挨拶をされてました。彼の歯が白すぎて(顔が浅黒いから特に)目が釘付け。いやいや、でも本当に挨拶も言葉をひとつひとつかみ締めるように話していて、おにーさんになったなあと思いました。

そして主役の瑠風くん。彼も本当に良くがんばったなあと親戚のおばちゃんみたいに見てました。「多くの課題が残りました」と少し悔しそうに話しているのも印象的。そうだな、失敗も成功も次に生かしてくれたらいいね。面白い舞台を見せてくれてありがとう!

ほんと、仕事で色々大変なことも多いけれども高い壁に挑戦する彼らの姿を見ていると本当に励まされるというか勇気をもらえますね。いつもありがとう。俺の心のバイブルだ!!


ではでは。
お次はローマ!
コメント

瑠風さん、素晴らしいスタイルですよね~(*^^*)
本公演でも目立つ位置にいてすごいな~と思って見ていました
ロケットのセンターでもスタイル抜群でしたね!これからの活躍が楽しみです

そしてエリザは段取りも多そうだし新人公演は大変だろうな~><
それだけに得る物は大きいんでしょうね

Re: タイトルなし

さやか様

こんにちは。
新公とっても良かったです。
若手のみんなが頑張ってる姿ってうまい下手にかかわらず素敵だなあと。
これからのみなさんの活躍が楽しみですね!

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する