愛してると言ってくれ◆エリザベート

erisora.jpg

こんばんは、akaneです。
毎日暑いですね。毎朝電車でオリンピックのハイライトを見て感動しながら通勤してます。

さてさて、エリザ役替わり公演見てきました。
以下に感想です。



本公演は2回目なので、印象に残ったところだけ。
全体的に、初見のときよりもかなりみなさん役作りを深めたり、演技が変わったり進化したりしててとっても面白かったです。

・トート◆まぁくんの歌、ほんと綺麗というか耳触りが良くてたまらないね。エコーのかかったビブラートも時々低くなる声もすごく良い。まぁくんを見てると、オサさんの面影をよく思い出します。

・シシィ◆みりおんの「パパみたいに」を可愛いなあと思ってニコニコ聞きながらふとオケピを見ると、演奏者の女性がノリノリでフルコーラス歌ってた(笑)しかも他の所は歌ってなくて、なぜかこのナンバーだけ笑

・ゾフィー◆せーこちゃんの怖さが倍増しております!!初見の時はもーちょっと怖さ欲しい!と渇望していたのでありますが、もうマジこえーこえー!謁見の間でも、強い声色に人を殺しそうな眼力!たまりまへん!そしてそんな鬼怖いおかんの前にちんまり座る金髪青年真風可愛いなオイオイ!

・バートイシュル楽しすぎて何回でも観れる。大好き。

・「ハプスブルク家だ!!!」のまぁトートのドス声あざーす!

・最後のダンス、まぁくんの歌い方がすごく変わってる。必要以上に語尾を伸ばしたり、ドスをきかせたり、歌での芝居を聞かせてくれて楽しい。どうでもいいけど「ハプスブルクは朽ち果て…」のくだりの黒天使ダンス好き。あれ結婚式の余興でやりたくなるわよね!(ならない)黒天使リーダーのかけるくんがもうレディースの総長みたいでツボってしまいます。笑

・女官ちゃんたちの中に小春乃さよちゃん発見。あんなにいつもにこにこ笑顔で可愛いのにめっちゃ怖い顔してる!!(震)

・せーこゾフィーの「顔は洗ったの!!!!」が怖すぎて死ぬ。あんなん言われたら1秒で洗いに行くわ。反抗できるシシィつよい笑

・「私だけに」の最後のシシィの叫びのようなみりおんの歌が圧巻。
あんなに細いのにどこからあんな声出るんだ!

・ウィーンのカフェで瑠風くん発見。よしよし、覚えました。やっぱりちょっと顔にオヅキの面影を感じるんだけれども多分akaneだけなんだろうな!

・シシィの寝室場面。真風フランツの「ドアあけて」ソングのあとのシシィとのやりとりが、結構このフランツも色々あるんだな~と感じるような歌い方でした。シシィのことは大好きだけれどもすぐには譲ってやれないというような。

・そしてその後のまぁトートの死の誘い、みりおんとの距離が近すぎて今日もフゥ~!ってなってました。照れちゃうね!でもシシィに拒絶されて部屋出た後、胸を抑えて届かない恋に苦しむ閣下にもだえるね!

・ミルク、今日もとっても良かった…民衆たち一人一人の顔をじっくり見てたらもう鳥肌だなー。最後のまぁくんの歌い上げもしびれまくり!!

・一幕最後の鏡の間、今日も「みりおんシシィの美しさどうなってんだ…?」って呆然と見てたら、また閣下がおけぴから出てくるところ見逃した。これでもう何回目だよ。てか多分今まで登場見れたことない。笑

・2幕のキッチュアドリブシーン、あいくんが「俺Tシャツこれ1枚しか持ってねえんだ~。俺にTシャツ買ってくれる?」とちっちゃい子を撮影してました。かわいい。そしてキッチュが始まるんですがもうね、私の横から爆音拍手が聞こえるのでうるせーな!って見たらおばーちゃんだったの。(パチばあと命名)めっちゃうるせーけどめっちゃ楽しそう。こんなばーちゃんになっても好きなことに夢中になれるっていいなあ…許可する。(真風フランツ風に)

・エーアンの歌手の瑠風くん、やっぱりあの平民?の格好のときは「しゅっとした子だな~」くらいですが、新公トートが恐ろしい脅威のスタイルに見えたのは魅せ方も上手いんだろうな!

・エルマー◆りくくんの老けた後がたまらない。ヒゲ!ダンディー!

・ちびルドルフ◆まどかちゃん、初見の時はすごくぼんやりした子に見えましたが、今日はすごく聡明そうな、はっきり表情の動く男の子に変わっていてえらいびっくり。歌もすごく安定してて良いよね。

・そういえば、グリュンネ◆すっしーの声が出にくそうだったね!風邪気味なのかしら?でもそのかすれ声がまた味があって良かったです。

・マダム・ヴォルフ◆うららちゃん。今日もお勤めごくろうさまーっす!!とウキウキ見てました。なんと美しいお顔か…。そして、歌も1回目より安定してる!!というかもう低音部分は全然大丈夫じゃん!!ひょっとして…もう歌もイケるようになったんじゃ…もう完璧じゃん…遠くにいってしまうのね…とか思ってたら最後の「頂いて帰るの」の裏声に切り替える部分が少し苦手そうで、お帰りうららちゃーん!!となりました。なんだこの感想。でもホントきれいなねーちゃんなだけじゃなく、ちょっと黒いキャラとかドスキャラもはまるようになってて色んなうららちゃんが見れてうれしい。

・マデレーネ◆結乃かなりちゃんと真風フランツの絡みを見ながらゲヘゲヘうららちゃんのほうを見るあいくんに、「最後まで見ときな」みたいにクイッと顎あげるうらら先輩がイケメンすぎて。

・心なしか、まどかちゃんのルドルフステップの完成度が上がっているような気がする。(いやどれが完成形か知らんが)あれもう可愛すぎて着ムービーとかにしたい。電話とかかかってきたらあれ流れんの。笑

・病院の場面、ヴィンディッシュ◆モンチの顔芸がものすごく良いのでみんなオペラで見てね。最初のエネルギッシュに暴れまわるモンチ、エリザベートに抱きしめられ、少しずつ歪んだ表情が浄化されていくような表情。最後、エリザベートから貰った扇を貰ってご機嫌になる表情。あわせて、ヴィンデッシュへの言葉はその場を収めるためではなく、心の底からの言葉なんだろうなあと分かってしまうようなみりおんの表情と、それを見て辛そうな顔をしているスターレイ◆愛白もあちゃんの表情が辛い。ここのみんなの表情芸が好きだよー。

・ルドルフ◆あっきー。臆病で真面目で優しい人なんだろうなあっていうのが痛いくらい感じる役作りでした。もう出てきた瞬間からずっと困り顔の彼ですが、横顔の美しさハンパねえ。やっぱりまとびんに似てるなーとも思ったり。「闇が広がる」の場面でも彼からは怯えや恐怖、不安がヒシヒシと伝わってきてさ。まぁくんもうやめたげてよーという感じ。彼には無理だよ。とりあえずはトートの言葉で奮起した彼ですが、「だが私は反逆者!!!」と叫ぶ痛々しさがもうな。。エルマーもうやめたげてよーという感じ。そして、エルマーの言葉でまたしても奮起する彼。ルドルフの理想の場面では母のエリザベートから王冠を貰ってニッコニコ。でも逆にその表情を見て、もうこの人どんだけ不安定なんだよ…と痛い。周りの言葉が作り上げた土台では戦えない。彼には、無理だよ。

・独立運動が失敗し、銃声に怯えながらも必死にエルマーたちを逃がし、まさに失意の表情で父フランツの言葉を聞くあっきー。この後のシシィとのやり取りももう駄目よ。こんな状況になってまで、彼はシシィなら自分のことを分かってくれると信じ込んでいる。失意の表情が少し明るくなって、「ママは僕の思い全て分かるはず」と語りかけるルドルフ。しかし、人形のように表情の動かないシシィの唇からは「分からないわ」と言う言葉がスルリと落ちる。その言葉でひどく傷ついたのにまだ母親を信じている彼は、最後のハートを振り絞って母親に打ち明ける。しかしそれすら母親に拒絶され、縋りついた手も簡単にすり抜けられる。そりゃあ、あきルド死んでしまうよ…。「もう…これ以上…生きるあてもない…」と呟く彼が悲しすぎる。

・黒天使たちに翻弄され怯えるあっきーの表情も必見よ。むしろ銃で自害した時、それこそ「やっと、安らぎを得たんだなあ」と感じてしまうくらい、この世界はルドルフにとって残酷なものだったね。

・ところで話は戻りますが、ルドルフとシシィの場面の最初後ろに女官たちがいるじゃない。「ママの帰りずっと待ちわびてた 二人きり話がしたくて…」とルドルフが歌うのを、とっても辛そうに聞く彼女たちの表情が印象的。もしかしたら、女官たちの方がシシィよりもルドルフの気持ちを察していたのかもしれない。

・みりおんシシィはもう、心がとっくに死んでるんじゃないかと思うくらい表情がないので、葬儀の場に限ったことを言うと少し感情移入しにくいような。ルドルフの死を悔やむような言葉はこのシシィには似合わないような気さえする。ただ、トートにすがり死をせがむ彼女はよく分かる。この時点でもう、彼女はボロボロなんだ。早く連れて行ってあげて欲しいとさえ思う。しかしトートは「死は逃げ場ではない」と言い、彼女を拒絶。「まだ受け取れないその命を 俺のこの愛を求めぬ限りは」と苦しそうに歌うトートさん。そんなこと言わずもう連れてってたってーなと思う気持ちもありますが、とにかくみんな苦しいねえ。と切なくなりますね。

・夜のボートの場面、ここも苦しい。真風フランツの穏やかな語り口にも強い思いを感じたり、でもやっぱりみりおんの表情は死んでいたり。ほんと、もう彼女は生きてるのか死んでるのかよく分からない。それこそ生きるあてなどもうないのかもしれない。それでも生きるのは、トートに拒絶されたこともあるけど、もしかしたらルドルフへの贖罪もあるのかな。「ボートつけようとしても(死のうとしても)夜霧にまかれ相手見失う」って、どっちの意味も想像できて面白い。

・最終答弁、真風くんvsまぁくんから目が離せない!真風の「彼女に愛を拒絶されるのを!!!」がかっこ良過ぎて、今日の最終答弁は真風くんに軍配!1回目はまぁくんだったけど!

・そういえば忘れてたけど、初回見た時は「あいくんの笑い方(笑)」と思ってたけど今回全然気にならず、ちゃんと高笑いを身に着けていた!!最初のゲヘゲヘ笑いもそれはそれでよかったけど笑

・エピローグ。彼女に愛を拒絶されるのを恐れていた、という真風くんのご指摘どおり「黄泉の世界へ迎えよう…」と歌うまぁくんの表情は「いけるかな…だいじょぶかな…」というような色が見えますが、みりおんの返事を聞いて口元が緩み、一瞬優しい顔になるのが「あんた!!よかったね!!もう50年くらい片思いしてたものね…」とハンケチ取り出しちゃう。

・そして、みりおんがさー。もう、やっと笑ってくれるんだよ。シシィの笑顔なんてもうどれだけ見てないんだよう。地上では生きる屍のようになっていた彼女が今、この世界でやっと人間らしい表情に戻っている。彼女の求めるものは全てここにあって、その化身がトートなのかもしれない。安心しきった子供のような表情でまぁくんを抱きしめるみりおん。それでは昇天、ここでおひらき。


フィナーレ。

・ロケットの時、瑠風くんや鷹翔くんがセンターに居るのをキャッチしました。と思ってたら横からもうパチばあが爆音をかましてきます。うるせーぞパチばあ!という感じですがまあとりあえず許可しとく。(雑)

・男役たちの階段ぞろぞろからの闇が広がるダンスかっこいいよねー。あの両手を伸ばしてクイクイするフリが好きです。

・デュエダンも最後のキメポーズがやっぱりとても素敵だ!

・パレード。もう、パチばあ血管切れるんとちゃうか!と心配するくらいのけぞり気味で力の限り爆音拍手。うるっせーよいい加減にしろ!!と思いながらもパチばあに何かあった時のことを考えてハラハラしたわ(笑)

・ところで、パレードではトート閣下の一人称が「僕」になりますが、劇中では「俺」「私」を使い分けてるじゃない。あれってなんかルールみたいなのあるのかな?たとえば感情が高ぶったときは俺、紳士ぶってるときは私、とか。


ではでは。

次は、桜華に舞え!
コメント

パチばあの襲来にめっちゃ笑いましたww
お気の毒でしたねー><

私も瑠風さんと緒月さんちょっと似てると思います!
全体的な感じと、表情が似てるかな

確かにみりおんシシィはルドルフの死に対して「ようやく安らぎを得たのね」ってところが強く出てて、蘭ちゃんシシィは「ママはあなたを見捨ててしまった」ってところが一番伝わってきました
演じる人で全然変わりますね~

Re:

さやか様

いつもながらおそくなりまして申し訳ありません。
パチばあ、めっちゃ楽しそうだったんで良かったんですが出来ればもう二度とお隣には行きたくないですね!笑

やっぱ似てますか。二人並べると全然似てないんですが、やっぱりふとした時の表情ですかね( ´ ▽ ` )ノ

はじめまして!

はじめまして!
アルテミスと申します。

エリザベートの感想をネットで探していてこちらに辿り着きました。


もう、最高のレポートに爆笑&感動を覚え、メッセージを送らせて頂きました‼


パチばあの件なんてもう爆笑しすぎて死にそうになりました(笑)

それにしても、なんという文才!!!!
素晴らしすぎて、読んでいると、ああだった、こうだったといろんな事がよみがえってきました。


これからも楽しみに拝読させて下さいー!
akane様、万歳!!

Re: はじめまして!

アルテミスさま

はじめまして、akaneと申します。

検索で来られたのですね。変なブログですみません。ようこそ辺境の地へ。

無駄に長いで割にあまり内容のないブログですが、一応頭を振り絞って覚えてることをツラツラ書いてます。そんなこともあったなあ…と思って頂ければ幸いです。

もったいないお言葉をたくさんありがとうございますm(_ _)m
これからも宜しければ遊びにきてください( ´ ▽ ` )ノ
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する