よっしゃ、はじめましょう!◆グランドホテル/カルーセル輪舞曲

grhl.jpg

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ、よろしくお願い致します。

さてさて、本年度のヅカ始めは月組さんから!
「グランドホテル」を観に大劇場行って参りました。

たまちゃぴコンビ、大劇場お披露目おめでとう!

感想は以下です。

まずはお芝居から。印象に残ったところだけ書きます。

こちらの作品、かなめさんの退団公演ということでもちろん生では観ていませんが、なんかヅカ好きの親戚にCDを聞かせてもらったことがあるような。要所要所、「はー、こんなところあったかな?」と感じるところもありましたがほぼ覚えていない。なのでほぼまっさらな気持ちで見て参りましたとさ!

・幕開きすぐに大ピンチ。なんと、オペラグラスのピントが左右合わない。どうやっても合わない。調整しようともがけばもがくほどパパ(珠城りょうくん)やみやちゃんの顔が2つとかに見える。ちなみにもうほぼ終盤までずっと合わなかったです。今もあんまり合ってるとも思えないけど…。困ったもんだ。前回のオペラグラスもピント合わなくなって使うのやめたんですが、今のやつキャトルで一昨年くらいに買ったばっかなのになー!ぷんすか。っていうかオペラグラスの話長いわ。何が言いたいかと言いますと、オペラグラスが言うこと聞かないので全然後ろの子たちの小芝居とか表情とか観れなくて残念、ということであります。

・プロローグのホテルの回転扉から次々に登場人物が入ってくるところテンション上がるねー!

・地階の労働者のみんなの空き缶ガシャーン音がマジびびる。
あれ寝てる客起こすのにちょうどいいね!(笑)ちなみに労働者のみんなイケメンです。英かおとくんが目を引いたな!そしてその後床掃除しながらキーキー歌ってるマダム・ピーピー◆なっちゃんが可愛い。

・金なし男爵のフェリックス◆パパにはよ金返せとつっつく運転手◆としくんのうさんくささたまりまへん。いっぱい主役に絡むのも美味しいぜ。

・病気で余生短いオットー◆みやちゃん。93年の時はオットーが主役でしたね。この役をみやちゃんがやってくれるというがなんとも感慨深い。そしてみやちゃんほっそいので病弱な役が似合う(笑)かなめさんの役なので歌も難しいけど、みやちゃんめっちゃ歌うまなってる。。感動だ。。前回のアーサー王で女役やって高音よく出てたから、苦手な高音上手くなったらもともと低音は素晴らしいから鬼に金棒じゃん!

・人気激落ち中のバレディーナ、グルーシンスカヤ◆ちゃぴこの付き人、ラファエラ◆ありくん、最初観たとき「なんじゃこのかつらは!?」と思ったら「あ、そういえば天海さんも被ってたっけ…」と思い出す。そして話し始めて「あ?!ありくん女役なんだ?!」って驚いて「あ、そういえば天海さんも女役してたっけ…」と思い出す。ありくんが全然女役ボイス作ってないのがおもろい(笑)でも、天海さんもそこまで女女してなかった気がする。役柄的にはちゃぴこに長年付き添い、恋い慕っているという深い役どころ。宝塚ではかなり珍しい役柄ですよね。お金だって、いつでもちゃぴこの支えになるように給料は全てちゃぴこ貯金にしていたんだぜ、泣けちゃうよ。あーさくんの出番が短いので、この役あーさくんでも見たかったな~と思ってたら役替わりなのか!しらなんだ!2017年もなんもしらねーな俺!よし、またあーさverも観にいこーっと!

・フラムシェン◆わかばちゃん。よしこちゃんの役どころですね。チャーミングできゃんきゃんしてて可愛い!パパとわかばちゃんがいい感じになってるので、二人にカクテルを奢ろうとしてまごまごしてるみやちゃん。あんまスマートじゃないところが可愛いよね(笑)そしてこの「イエロー・バヴィリオン」のシーンかな?群衆のみんなの動きがめっちゃ素敵。なんというか、人だけで素晴らしい背景を作り上げているような感じ。良く分からんね。見てね!

・オットーとフラムシェンの踊り場面いいよね。猫背で足元ばっかり気にしてぎこちないみやちゃん可愛い。フラムシェンもおバカなとこもあるけど良い子だよな~。

・舞台に行っているはずのちゃぴこのネックレスを盗みに入ったパパ。でもちゃぴはアンコール貰えず落ち込んで部屋に帰ってきたため、パパと鉢合わせ!パパはお前何しとんねんみたいに言われて「私は、あなたの呼吸を呼吸しに来たのです!」みたいなことを言う。なんやその言い訳新しい!今度からつーかおっと!

・ちゃぴこは39歳と39か月らしい。なんと40オーバーとな!こんな美しい40オーバー見たことない!なんという美魔女ぶりか!!でも確かにちゃぴこが年齢を上げているような芝居をしているのはヒシヒシと伝わってくるので上手いなあと。ほんとちゃぴこさんの貫禄ぶりよ。。小娘にも美魔女にもなれるなんて。。それにしても、〇歳と〇ヶ月っていう言い方いいよねー!今度からつーかおっと!

・パパとちゃぴこの歌う主題歌?めっちゃくちゃいいよねえ。。二人はこんな出会いだったものの深く結びつき合う。部屋の外ではエロ実業家のプライジング◆みつるくんがわかばちゃんと話してたり、ラファエラが切なくちゃぴこへの想いを歌い上げている。ちなみにこの歌パンフに載ってなかったから朧気ですが、すごく切ない歌だったような。やっぱり彼女には頼れる人が必要なんだ、みたいな。うぉおおお頑張れオカッパァアアア!

・えーと話を戻して、部屋の外はそんな感じやのに、部屋の中では暗闇の中でパパがちゃぴこの衣装をゆっくり紳士的に脱がし、見つめ合い、ベッドに誘い、抱きしめ…とかやってるのが素晴らしいね。シルエットが美しい。パパの男くささと、ちゃぴこの可憐さがたまりまへんな…。そして朝になって不安になるちゃぴこを強く抱きしめ口づけるパパ。ひいいい、パパめっちゃちゅー上手いぜ…ホントにしてるみたいだ。そして一緒にウィーンへ行ってほしいとお願いするちゃぴこ。金がないと表情を曇らせるパパに「お金なら私があげるわ!!」というちゃぴこ。ちょっとマナキさん!もちろん二人の恋はめっちゃ応援してるけども、ありくんの貯めたちゃぴこ貯金には手を付けさせないわよ!!(ビシィッ)

・パパが出発の時に駅でバラを抱えて待っていると言い残し部屋を去った後、一人でソファごろごろしながら訪れた恋に喜び歌うちゃぴこが超かわいい。パパとのラブシーンまでの場面はずーっと怒ったり泣いたり悲しんだりしてるところしかなかったので、ちゃぴこがニコニコ楽しそうにしているのが幸せだね!でれでれ!

・パパからすすめられた株が上がり、「株が上がる間私がしていたことといえば、寝てただけ~」とか言いながらポールに二つ折りになってブラブラしてるみやちゃん可愛い(笑)そしてここのみんなで踊るシーンめっちゃ楽しい!あの踊り可愛いよね、よく宝塚の海外ミューとかで見る動き!でもめっちゃ激しいからみんなよくこんなに手やら足やら動くなー!と思いながら見てました。いやー楽しい!最後のパパがみやちゃんを抱きしめて終わるのも可愛かった。

・みつるくんがじとーっとわかばちゃんの足を眺めているシーンがもうすでにやばい。その後、「ダーリンなどと呼んでほしい」とかお願いしたり、「私のために踊ってほしい」と彼女の踊りを特等席でじとーっと見たり。もうやばいよこのおっさん。ムラムラ度が上がりまくってるよ…。そしてまたとりあえず踊るわかばちゃんが超嫌そう(笑)それにしても踊りがさっきの場面で楽しかった踊りみたいなやつなのでなんか嫌そうに踊るのがシュール笑

・そしてエロみつるは止まらない。わかばちゃんに服を脱がせて、抱き寄せてお触りしまくり!どうでもいいけどこのエロみつるシーン長いな!(笑)ムラムラ度がゆっくり上がっていき遂に爆発するプロセスがよく分かったのですがこんなにじっくりいらんわって感じ(笑)こんなにセクハラシーンをがっつりやるのも海外ミューならではであります。笑

・そしていいタイミングで泥棒に入ってたパパがセクハラシーンを見て、たまらなくなって助けに入ってくる!ナイスぬすっとパパ!しかしパパとみつるくんはもみ合いになり、銃が発砲されパパは銃弾に倒れる。その後、舞台にはウィーンに出発するちゃぴこを駅で花束を持って待つパパの描写、そしてそのまま薔薇がバラバラになってソファに横たわるパパの描写、黒いドレスを着たちゃぴこと踊るパパ。彼は死んだんだなあ。ああ、もうちゃぴことは会えないんだ。

・エリック◆あーさくん、彼に子供が生まれる。その喜びを朗々と歌い上げる声が心地いい。また七三分け眼鏡のあーさくんが美しいのよ。電車にこんなリーマンが居たらおどおどアドレス渡しに行くのにな~。(通報される)

・フラムシェンと残された未来を歩んでいきたいオットー。彼がオドオドと、たどたどしくも誠実な言葉でフラムシェンに話すのがとても心打たれる。愛しているとも、好きだとも言っていないけど、最後のパートナーに選んだんだなあと。きっと、初めてダンスを踊った時から強く心を動かされていたんだろう。なかなかオットーの言葉に首を縦に振らないフラムシェン、実はおなかに子供がいるらしい。それを「なんて素敵なことだろう、私は赤ちゃんが生まれる瞬間をまだ見たことがないんだ」とほほ笑むオットー。きええええなんて素敵な言葉を言うんだ!好きになっちゃう。。

・ラファエラはフェリックスの死をグルーシンスカヤに告げることができない。彼をウキウキと待つちゃぴこに、もう出発しましょうと言う。きっと彼は駅にいるんだと。そしてちゃぴこも「そうよ、彼は薔薇を持って駅にいると言っていたわ!」と席を立つ。そして物語はここで終わりなんだ。駅についてからも物語が生まれそうですがそこは脳内補完。きっと誰もいない駅にちゃぴこは絶望し、膝から崩れ落ちるんだろう。そんな彼女に、ありくんはフェリックスはどうしても事情があってこれなくなったんじゃないかと話すか、彼はものすごく悪党で、一緒に行かなくてよかったと言うか。なんにしろ、きっと傷ついたちゃぴこをありくんが全力で支えてくんだろなあ。

・回転扉でちゃぴこが出ていくときに、ふっとパパの幻が現れる。あの演出も素敵だ。

・一度幕が下りてグランドホテルの電飾が出た後、再び幕が開いてみんなで最後に歌い踊る。こちらも素敵な演出でござんした!


続いてショー。

・プロローグ。
白馬のオブジェがすごい。きれいだー。ちなみにみんなが白いタテガミを頭につけてるんですが、それがなかなかシュールなので見てね(笑)なんかタテガミになってる人もいれば毛糸みたいになってる人もいて面白かった笑
下級生もオペラでじっくりウォッチング。うんうん、なんとなく顔わかる子たちが多い。相変わらずトッキーは美形全開でござんした。
主題歌もなんか優しい曲調でいいですね。真ん中で歌うパパに全然違和感がないというか、始まったなーって感じ!

・妖艶(アメリカ・ニューヨーク)の場面。
ちゃぴこ中心の娘役ちゃんのナンバー可愛い。男はみんな荒れ馬よ!みたいな歌。ちゃぴことあーさくんのコンビが素敵でした。あーさくんがめっちゃ挑発的にちゃぴこと踊るんですがちゃぴがあんまり相手にしてない感じがたまりまへん。ちなみにちゅーちゃんとまんたろうが組んでるのかと思ったら別々だった。しょぼん。二人とも退団しちゃうんだなあ。。結構愛でてた二人なので残念極まりない…

・旅路(汽車のラインダンス)の場面。
最初はちゃぴこ率いる女子チームが引き続き歌うんですが、娘役ちゃん中心の場面なので嬉しい楽しい大好き。ちゃぴこ「いい男のいるところに行きましょう~」女子たち「イエス!!!」が楽しい。akaneも「イエス!!!!!!」って参加しに行けばよかった。笑
ありくんやうみちゃんら、汽車の人たちに女子チームが混ざってみんなで踊って楽しい場面でござんした!

・楽園(メキシコ)
みやちゃんやとしくんがエロく登場するのでたまりまへん。月男たちがテキーラ歌いながら格好良く踊ります!いやーんかっこいーん。

・祝祭(ブラジル)
水先案内人のみつるくんが歌ってくれるんですが、お歌はもひとつで「ああ俺みつるくん見てるわぁ(笑)」って愛しく見てました。プロローグは良かったんだけどね!(笑)でもゆうまくんや貴澄くんがバックアップしてくれてた笑
カポエイラしてるみやちゃんとパパ。あー、星組のカポエイラ思い出すね!今回は軽めにやってたけど、パパにガチでやってほしい。想像しただけで鼻血出るな?ちなみに終盤はありくんが誰かとめっちゃ楽しそうにずーっとカポエイラやってた笑

そして次の場面では羽しょったパパとちゃぴこが登場。旗を振るちゃぴこが「なに旗ふってんの笑」って面白かったのでオペラで見てたら、めっちゃはにかんでて可愛すぎて俺は死んだ。なんで、俺は、旗じゃないんだろうって思った。ここのちゃぴこマジでかわいいのでみんな見てね!
そしてみんなでリオのカーニバルして踊りまくり。カラフルで超賑やか!あの身体を小刻みに揺らすダンスさあ、めっちゃ痩せそうよね。俺もまざろうかな。あんだけ人数いたらバレんだろ。(一秒で発見)

・飛翔(インド洋)の場面。

始まりを告げるような場面ですね。この場面、みんなの踊りもきれいだし、色んな人が影ソロしてるのが良かった。あれ誰が影ソロしてるのか知りたかったなー!

・吾が巴里よ(日本 タカラヅカ)

パリよ、って言ってるのに日本です。(笑)男役の黒燕尾がっこよかったー!あの階段ぞろぞろ降りはたまりまへんなあ。改めて、学年的にはかなり若いトップさんなので組子の年上の先輩たちの表情が引き締まってて、珠城を支えるぞー感がいいですよね。そしてデュエダンも、ちゃぴこのあたいが色々教えてやんよ感が素敵だ。対等な感じがしていいなあ。パパ、その素晴らしいガタイで思う存分トップスターになっておくれ!

・パレード
でかい羽根を背負って降りてくるパパ。
おめでとう、ここから新生月組と、今年1年が始まっていくんだ。がんばろう、月組!!



ではでは。
お次は東京遠征!
オームシャンティオーム!


拍手お返事です。
さりい様>あけましておめでとうございます!お返事が遅くなってしまいまして申し訳ありません。そんな風に言っていただいて勿体無いやら嬉しいやらです。ありがとうございます!今年も宝塚を見て夢見ましょう!ご家族の方には現実逃避して何が悪いのかね?(真顔)というスタンスを貫き通してくださいね^^それでは、今年もよろしくお願いします!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する