心から強く望むなら。◆オームシャンティオーム

osom.jpg

こんばんは、akaneです。
本日久々に東京遠征いたしまして、現在は東京駅近くのマクドで感想うっております。


今日は富士山も綺麗に見えました!
国際フォーラムにも無事到着して良かった良かった。席番全く見ずに行ったら安定の最上階最後列で、東京でも期待を裏切らないお席でした笑


べにあーコンビ、プチお披露目おめでとうございます!

てか、呼び方これでいいの?(笑)違ったら教えてください。何食わぬ顔で訂正するので笑

さてさて、感想は以下です。

印象に残ったところをダラダラと。

・本日もオペラグラスの調子が悪い!これはもう替えんといかんかなー。というわけで本日も後ろの子たちの芝居があんまり見えず。残念。

・オープニング、チョンパみたいな感じで豪華に始まる!華やかだー!そしてセンターはもちろんこの人、ベニーさん!驚きの手脚の長さ!どんだけ長いねん…こうなったらもう、まぁくんと手脚の長さでタイマンはってもらうしかない。

・シャンティ◆あーちゃん、南太平洋のリアットを彷彿とさせる黒塗り美女!めっちゃ可愛いぜ…

・リシ◆ポコくん、ファザコンで嫌味なおぼっちゃん役者みたいな役ですが可愛い。おっさんやらせたら超ダンディやのにこんなに可愛いなんて!

・アホなオペラグラスで一生懸命後ろの子たちも見てたんですが、星組のヤングなみんな、顔が把握しきれていないぜ…。とりあえずるひくんが可愛いなあってのと、拓斗れいくんがイケメンなのは分かった。そして、「お?この男前な子は誰だ!」と思って後で調べたら綾凰華くん。この子は誰だ?って思う男役は大体綾くんっての多い!

・万年脇役俳優のオーム◆ベニーの母親はベラ◆みきちぐさん。自分でセリフにエコーかけたり面白いし歌えば母性が溢れ出してるし踊ればめっちゃチャーミングなんだぜこのおばはん!

・パップー◆せおっちがベニーの親友と知って、「へー!せおっちが!」と思って見てましたが、二人の掛け合いめっちゃ面白かったです。ちょこちょこくり出してくるベニーのアドリブを適当に流す感じがとってもいいよね!笑

・ベニーの歌も踊りも本当に個性的なんだけれども癖になるよね。でも歌にちょっと繊細さみたいなのを感じてさ。ベニーが緩急を使うことなんか覚えたらますます目が離せなくなっちゃう!

・憧れの女優、シャンティが目の前に現れ大興奮で思わずシャンティに手を伸ばすオーム。ここのスローモーションがおもろかった(笑)ベニーとせおっちの顔芸。笑

・ムケーシュ◆まこっさんは今回はどうやら悪役のようね!悪い匂いがぷんぷん!まことから悪い男の匂いがぷんぷんするわよー!!少し掠れた低音がしびれちゃう!

・ウットリしながら服を頭から被ってあーちゃん気取りであーちゃんの台詞をオカマモードで話すべにこおもろい笑

・今は貧乏脇役俳優でも、いつかは絶対有名な俳優にになって外車を何台も持ち、映画のセットみたいな家に住み、召使いもたくさんいるような未来を描くベニー。そして有名になったときように素晴らしいスピーチの練習もしちゃう。ブラボーブラボーと感動しまくるせおっち。せおっちベニーに甘々だな!笑

・ロケ現場のべにせおのやりとりめっちゃおもろかった(笑)せおっちの書いた「火事だー、逃げろー!」という台詞をディスりまくるベニー(笑)散々バカにして頭悪そうなセリフやとか言ってたのに、せおっちが書いたと聞いて「めっちゃええ台詞やないの!」みたいに無茶苦茶なフォロー笑

・ロケ現場が火事になる場面、あーちゃんを助けに行ったベニーめっちゃかっこよかった!!格好は変なターバンに変なつけヒゲでふざけてんのに(笑)そして地味にせおっちの「オーム、やめろー!!!」という叫び声もめっちゃたぎったぜ!!

・あーちゃんを守って火傷を負ったベニーがせおっちに憧れの女性を守ったことを熱弁してるとそこへ入ってくるあーちゃん。びっくりのせおっちと、あーちゃんに気付かず喋りまくるべにこ。「お前人の話きけや!ほんましょーもない台詞しか書けへんくせに!なにが、火事だー逃げろぉ~や!」みたいにまたせおっちをディスり始めるべに(笑)「そんなん俺やって書けるわ!ご飯だ!食べろぉ~!車だ!のれぇ~!」とかいうくだりにめっちゃわろてもた(笑)悔しい(笑)しかもツボに入ってそのあとのべにあーのやり取り中もずっと引きずってました笑

・あーちゃんと友達になれて大喜びのベニー。「友情にはありがとうもごめんなさいも無しだぜ!(ドヤッ)」と映画の台詞をあつらえておおはしゃぎ!あーちゃんからスノードームの贈り物を貰って更に有頂天。

・でもあーちゃんは誰かを想っていて、それは届かないんだという。あーちゃんを励ますベニー。泣けちゃう。彼女が去った後、せおっちから上手く行ったのかと聞かれて「…ああ」と優しく、切なく微笑むベニー。泣いちゃう。いいやつだなあ。

・実はシャンティはムケーシュと二年前に結婚していた!なんとまあ!でもムケーシュは映画をプロデュースする上で都合が悪いのであーちゃんにも秘密にさせていた。なんとまあ!しかしあーちゃんはすでに身ごもっていた。ムケーシュの態度がガラッと変わってあーちゃんを優しく抱きしめるまこっさんだが、顔顔!わっるい顔してまんでー!!

しっかしこの悪い男、うたうめーな!なんかちょっとみっちゃんを感じさせました。気のせいかな?

・失恋して悲しみに暮れるベニーだが、なんとなく嫌な予感がして撮影所に戻る。そこには、ムケーシュが優しい言葉で映画のセットのあるこの場所へシャンティを連れ出していた。子供のできたシャンティでは映画は撮れない。なんとムケーシュは無駄になった映画のセットとシャンティを、お腹の子供もろとも焼きはらおうとしたのだ!げー!まこっちゃんカスやないの!!

・炎の中のあーちゃんと、彼女を助け出そうとするベニー。詫びの言葉をいうあーちゃんに「友情にゴメンはないと言っただろ!!!」と叫ぶベニー。ここ、ちょっと泣いちゃったよう。必死なベニーが泣けるんだよう。

・しかし、なんと応援を呼びに言ったベニーはラージェシュ◆しーらんの車に轢かれる!えええー!なんやてーー!!(いい客)

・ロケ撮影時のように彼は彼女を助けることができなかった。ベニーもあーちゃんも死ぬんだけれども、ベニーが死んだ日に生まれたしーらんの子供はオームと名付けられる。ま、まさか…!?そして、いつかベニーが有名な俳優になって贅沢をして暮らすことを思い描いていたモノローグが大袈裟な音楽と共に流れる。ま、まさか…!?そして1幕最後はベニーらしき姿の人物が贅沢に暮らしてファンにお手振りをしている後ろ姿。ま、まさか…!?ベニーは生まれ変わったというの…!?(いい客)

・2幕は30年経ってて、映画監督のれんたもバカ息子のポコくんもみんな歳とってる笑

・そして生まれ変わったオーム(ベニー)はイケイケのハデハデのいかにもボンボンの嫌味なにーちゃんに大変身!1幕のベニーがおバカで優しいやつだったので、2幕の鼻につくにーちゃんになってるのがギャップを感じますね!

・時々、炎の中で自分に助けを求める女性の夢を見ることに苦しむベニー。自分が自分じゃないような気がする時があると。そして、ベニーを見かけて半狂乱で駆けつけてきたみきちぐ母さんに戸惑いつつも冷たく追い払う。みきちぐ母さんー(泣)そして隣には同じく歳くったせおっちがいるんですが、何故かメガネにマフラーというヨン様スタイル(笑)

・そういえば、なんかクラブでベニーが皆と歌って踊る場面、「アイムなんとかかんとか」ってやつ、完全にパーフェクトヒューマン思い出したわ(笑)べ・に・こ!べにこべ・に・こ!ってやらなあかんのかと思ったわ。笑

・フィルムフェア授賞式の場面、1幕の30年前にも同じような場面あって、司会のヴィミー◆なっちゃんが全然年取ってないなー!と思ったら美魔女設定らしい笑

・そして名誉ある賞を受賞してスピーチをするベニー。話しながら、昔、生まれ変わる前のオームだった頃にせおっちや町の子供達の前でスピーチした言葉が蘇ってくる。ここもグッときちゃった。。ベタベタな設定に弱いのよあたい…

・ムケーシュと再会したオーム、記憶を取り戻す!この場面わりとあっさりしてて、もうちょっとこうガツーンとしたやつ欲しかったなー!この辺がちょっとあっさり気味だったので、この後のみきちぐ母さんとのやりとりも急に感じてしまいましたが、とりあえずなんかその後の楽しいナンバーでノリノリのみきちぐ母さんとせおっちが可愛すぎたのでもういいや。

・まあこうきたら、あーちゃんの生まれ変わりもくるでー!と思ってたらやっぱり現れました、シャンティのそっくりさんのサンディ◆あーちゃん。でもこちらは生まれ変わりっていうかそっくりさんみたい。ベニーの大ファンということで以前と逆ですね。サインを欲しがって、紙ないので背中にお願いします!って背中に突き出すあーちゃんが可愛い。

・一緒に仕事をすることになったムケーシュに、むかし中止になったオームシャンティオームをもう一度やりたいというベニー。もちろん復讐のため。というかまこっさんが白髪混じりの長髪を束ねてやらしいメガネかけて渋い声で、完全に大御所業界人!貫禄出てるー!この二人が以前カップルだったなんて!(笑)このダンディじーさんがキャピキャピのおねーさんだったなんて!あいらっびゅー首ったけよだったなんて!!

・ムケーシュへの復讐のために素人のサンディを起用することにしたベニーは演技の練習をさせる。ド下手クソなので、何故か演技指導係のみきちぐ母さんが見本を見せることに。ここはアドリブシーンみたいで、キレッキレで江頭みたいな動きや恋ダンスしながら台詞を言うみきちぐ母さん(笑)そしてそれをあーちゃんも一緒にやらせるけどめっちゃ可愛い(笑)せおっちも巻き込まれてたけどそっこー間違えてみきちぐ母さんに突っ込まれてた笑

・そしてついに始まるオームシャンティオーム!サンディを出してくることであーちゃんの影に翻弄されるまこっつぁん。まこっさんを追い詰めていくベニー。なんか、セットといい衣装といいスカピンの仮面舞踏会の場面みたいだ!予習もできていいね!(笑)まこっつぁんの目をギラギラさせた顔芸もすごいよ!状況に耐えかねたまこっつぁんはサンディを部下に拘束させる。そして逆に証拠がないならどうにもならんもんねー!お前の輪廻の話なんか誰が信じるもんかい!って反撃。たじろぐベニー。(たじろぐんかい!笑)

・しかしそこへ現れるあーちゃん!万策尽きたとしょげるベニーと、お前らの作戦は失敗なんだもんねー!というまこっつぁん。二人がサンディだと思い込んでいるこのあーちゃんは、実はシャンティの亡霊だった!事件の日のことを話すシャンティ。遺体がなかったのは、まだ息のあった自分をムケーシュがシャンデリアの下に埋めたんだと。ぎええええ、この悪いまこっさん、あーちゃんを焼き払った上に生き埋めにしただと!?もう、クズのクズやないの!!!ムケーシュから銃を奪い、ムケーシュを撃とうとするオームを制止するシャンティ。「この人を殺すのはあなたじゃないわ」と悲しげにムケーシュを抱きしめ、口付けながらシャンデリアの下敷きになるムケーシュとあーちゃんの亡霊。あーちゃんんん!!!こんなクズ男のこと、ホントに好きだったんだねえぇえ…えぐえぐ…

・そしてサンディやみきちぐ母さん、せおっちと合流し新しい人生を始めるというべにこ。もちろん、サンディと一緒に。さっきまであーちゃんがいた場所に何かがあるのでオペラで見たら、す、す、スノードームやないのぉおおお!!!大昔にあーちゃんがベニーにあげた、あの、思い出のスノードームやないのおおおおお!!!!(いい客)

・というわけで、笑って泣いて楽しい舞台でございました!

・フィナーレ、金髪でがしがし踊るめっちゃかっこいい男役さん、誰かと思ったら我らがしーらん!さすが、キレッキレよ!

・新生べにあーコンビ、どんどん楽しませて欲しいです!スカピンも見にいくよー!!


ではでは。
お次は未定!


拍手お返事です。
アルテミス様>あけましておめでとうございます。お久しぶりでございます。そんな風に言って頂きありがとうございます。楽しんで頂ければこちらも嬉しいです!今年もよろしくお願いします^_^

k様>ありがとうございます。共感して頂いたなんて感激の極みです笑)ぼちぼち更新しますのでまた覗いてみてください(^^)
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

この度は間違い探しありがとうございます。プチじゃなくてプレか!全力で間違ってますね!というか元々間違って覚えてた感さえあります(笑)今度しれっと修正しときます。わざわざ教えていただきありがとうございました!

akaneさん、明けましておめでとうございます!
今年もブログ楽しみにしてます(*^^*)

やっぱりオームめっちゃ楽しかったんですね!
感想読んでますます見たくなりました。
夏の梅芸は行くぞー!

そしてまこっさんの実力が今回も半端ないんですね…
ほんま恐ろしい子やわ(笑)
梅芸バージョンはひろきがムケーシュかな?
まこっさんのドラマシティ公演も楽しみですね^^

Re: タイトルなし

さやか様

こんばんは。
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いしますね^_^

オーム、面白かったですよー。来年の夏にやると知り、遠征しなくても良かったかな…と一瞬思いましたがプレお披露目だしキャストも変わるし宝塚初演だし遠征して良かったはずだという結論に落ち着きました笑
ぜひぜひ、夏の公演は楽しんでください!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する