僕はこの瞳で嘘をつく。◆瑠璃色の刻

rurururi.jpg

こんばんは、akaneです。

みなさま素敵なGWを送っていらっしゃいますでしょうか。
ワタクシは3,4,5をまあまあ好きに過ごして本日は仕事からの宝塚でござんした。
やっぱり3連休挟むだけで割と休みボケしちゃうので、9連休なんかあったらもう二度と社会人に戻れないだろうなあ。。と思ったり笑

さてさて、本日はみやちゃん主演のドラマシティ公演見てまいりました!
そしてなんと、客席には真咲!あら~真咲きてんじゃーん!ひさしぶりー☆元気してたー?と遠く離れた後列より愛を込めてメッセージを送信してました。笑

では、感想は以下に!
ネタバレ全開です。まだの人は見ないでね!


・センターにバーンと現れるはサン・ジェルマン◆みやちゃん!きゃああああみやちゃんがついに単独センターよおお!!!嬉しいねえ。そしてDC公演ですが盆が回る回る!これも嬉しい。やっぱり舞台が動くと見応えがありますねー!

・テオドール◆としくん。おじいさんなんですが、私最初「あら、えまさん。どーも~」と半ば本気で思ってたんですが、あれ?でもあの人東京で殿下やってんじゃなかったっけ?って混乱しました。よく観たらおじじとしくんだったという。びっくりだぜ!

みやちゃんとかなとくんとか何なの?ビューティフルバイオレンスなの?かなとくん、ようこそ月組へ!でもあんまり違和感なくスーって観れましたね~。相変わらず素敵なえくぼの美形にーちゃんだよ。そして平民のシモン◆みやちゃんとジャック◆かなとくんのやりとり楽しいね!かなとくんのびびり方が微妙に声高くて可愛い(笑)

・サン・ジェルマン伯爵の居室で金目のものをあさる二人、賢者の石を見つける。色んなことを得る代わりに大切なものを失う石だと言う。「びんぼーな俺たちはなーんにも失うものないもんね~」ってけらけら笑う二人。ここで鋭いakane(笑)は気付く。きっと大切なものっつーのは二人の絆で、この後二人は仲違いしていくのだろうと…!!あらあらもうすでに悲しいわよ!

・サン・ジェルマン伯爵の肖像画がバーン!て出てきてシモンにそっくりー!っていう展開に。また肖像画のみやちゃんの顔が大変うるわしゅうございますの。普通あんなでっかい自分のアップ出てきたら耐えられないわよね!美形のなせるワザでございます。

・サン・ジェルマン伯爵にそっくりなことをいいことになりすますシモン。そしてかなとくんもテオドールに扮し、二人で大芝居をうってニヤニヤ。貴族たちの中に紛れてルイ16世◆るうくんやマリー・アントワネット◆さち花ちゃんたちにも一目置かれる。二人になってウキウキ歌い踊るみやかなの可愛いこと!

・ネッケル◆ゆうまでかー!(笑)さすがゆうまさん、出てきただけで貫禄ぱねえー!

・旅の一座、大根役者でなまりまくりのフィリッポ◆るねくん可愛いすぎゴロゴロ。下級生のヤン◆音風くんにも暴言吐かれるるねくん可愛すぎゴロゴロ。そしてアデマール◆うみちゃんは相変わらずお美しい。

・ロベスピエール◆としくんかっけえええ!!!
さっきまでヨボヨボのじーさんだったのに一気にイケメンにーさんに早変わり!ソロがあるのも嬉しい!つかえるにーちゃんだぜ!それにしても今に始まったことじゃないけどロベスピエールの登場率高いねー!今東京にもいるし大阪にもいるし今度大劇場にも現れるんでしょ?何かしら出てるスダマサキ並みの遭遇率。笑

・宮廷で行われた出し物で、自分たちがいた旅の一座が芸を披露。あわてふためいてヤンヤヤンヤ言い合ったり顔を扇で隠したりわちゃわちゃするみやかなが可愛い(笑)何も知らんと可愛い顔でハープみたいなの弾いてるるねくんがラブリーすぎるし、ジジ◆小雪ちゃんの谷間がもう大変よ。あ、失礼致しました。ひれ伏してる旅芸人たちがみやかなの聞き覚えのある声に「ん?」という顔してるのが面白い。笑

・もうそろそろ演じるのをやめようというかなとくん。貴族の生活より平民生活のほうが生きているような気がすると。でもみやちゃんはサン・ジェルマンをやめないという。少しずつすれ違っていく二人。あらーん!やっぱりあの賢者の石のくだりの通りじゃないのーん!

・この時代の公演に出てくるルイ16世ってなんでみんなあの話し方なんだろね(笑)そこは演目関係なく共通なんだな~笑

・いまやサン・ジェルマンは国の重大決定事項まで占うポジションに。ネッケルの罷免も問題ないというサン・ジェルマン。それを苦しい顔をして「シモンー!!」と叫ぶかなとくんが切ないね。そして閉まる1幕!どうなるどうなる!

・2幕。賢者の石を持って踊るみやちゃん。途中賢者の石をとり落としてしまい、豪快に転がる賢者の石さん(笑)全然止まらずゴロゴロゴロー!と回る回る。あああ今日はDVD撮りの日なのに!!と手に汗握る客席(笑)

・ロベスピエールにネッケルの罷免のことや国民鎮圧の話を伝えるジャック。でもサンジェルマンの正体だけは言わない。えらい…えらいわかなと…!そしてもううみちゃんもシモンのことを知っている設定らしい。正体はロベスピエールに伝えなかったものの、もうあいつのことが分からない!と苦悩するかなとくん。うんうん、いい感じにすれ違ってるわね!その後もぶつかり合う二人とか見て、みやちゃんとかなとくん初めましてやけどテンポいいな~とか思って観てました。ぎゃいぎゃい言い合うみやかなを観ながら「美しい二人がバトッてる…美しい…」と思って観てました。

・ところで踊り子のアデマールはアントワネットに気に入られて王宮の舞踊団的なところに入れてもらったワケだが、平民出のアデマールは貧しさゆえに父母を失った恨みを深く持っている。アントワネットと二人になった時に怒りをぶつけまくる。このときのうみちゃんの熱さがいいねえ。そしてアントワネットにナイフを向けるが、なっちゃんキャンセルにより失敗。「これは芝居の小道具よ」とアデマールを庇うアントワネット。さち花さん…!

・国民たちが蜂起しているとの知らせが入り、誰がネッケル罷免のこととかを漏らしたんやー!サンジェルマンに暴いてもらおう!という展開に。みやちゃんはかなとくんが漏らしたと知っている。前の場面で大きくかなとくんと衝突したみやちゃんですが、彼は「分からない」と言い、ペテン師だと貴族たちに責められる。みやちゃんもかなとくんも仲違いしながらも、絶対に名前を言わないところがアツいよ。。ひどく皆に責められる中、アントワネットだけが彼を庇うのであった。さち花さん…!

・フランス革命の場面、としくんとかなとくんを始め民衆たちかっこいいよー!

・革命が終わり、貴族たちの天下は終わった。貴族たちはみんな逃げ去ったが、みやちゃんとうみちゃんはアントワネットを案じとどまっているのであった。みやちゃんとうみちゃんのここのやりとりいいよねえ。うみちゃんが「シモン…」と呟き、みやちゃんが優しく「俺は、サン・ジェルマンだ」と言うところが切ない。

・ルイ16世や子供たちの未来をみやちゃんに占って欲しいというさち花ちゃん。みやちゃんは、安寧は守られるとハッキリ言う。なんかルパンのちぎみゆのやりとりを思い出すねえ。そしてみやちゃんが去った後、うみちゃんがサン・ジェルマンの正体を言おうとして「いいの、あの人が誰だって構わない」というさち花ちゃん。なんやて……王妃様、知っとったんやて…?さち花さん…!!

・そしてそのままさち花ちゃんのソロに突入。聴き応えのあるナンバーでした。いやあ、女優だねえさち花ちゃん。たたずまいもとても気品があって、でも温かくて、母性なんかも感じる。影の主役級に空気を動かしてくれました。1幕のゆうまくん、としくん、2幕のさち花ちゃんと言い、センター以外の人たちにも適所でソロがあるのいいなー!真ん中だけ芝居じゃなく、必要なときに必要な人がしっかり魅せてくれる芝居が好きだ。

・貴族は殺せ!といきり立つロベスピエールさんたち公安の人々。サン・ジェルマン伯爵を殺せ!となってるのを見て、「あれ?スカピンでもサンジェルマン出てなかったっけ?パーシーに逃がしてもらおうとしてマルグリットに居場所ばらされて殺されたのってサンジェルマン伯爵やったっけ?あら!もしかしてスカピンでもあの人魔術師的な存在やったのか!」と思ったり「あれ?それか拷問されてアルマンのところに逃げ込んできた人サン・ジェルマン伯爵やっけ?」とかもう無茶苦茶(笑)前者はサンシール公爵やし後者はドゥトゥルネー伯爵やし全然違うという。スカピンで聴き覚えが…!と思って後で考えたら、マルグリットやアルマンの姓の「サンジェスト」やなっていう結論に至りました。笑

・みやちゃんを探すかなとくん。二人の運命が大きく変わったサン・ジェルマン伯爵の居室へ向かう。白骨化したテオドールも発見される。こえええ。本気のやつ(笑)あれ1列目で観たらけっこー怖そう。ああ、としくん変わり果てた姿に…。

・そして居室では、シモンとアデマールが腰掛けて芝居の台詞を話している。静かに、穏やかに言葉をつむぐ二人。このときのみやちゃんの優しいアルトヴォイスがたまりまへん。そして、観ていたかなとくんがみやちゃんの台詞に同じように台詞を重ねる。

・サン・ジェルマンとして処刑を受けるというみやちゃん。その言葉をじっと聞くかなとくん。二人のやり取りを聴きながら、「かなとくん、喉のところまで”お前は平民のシモンじゃないか”って出かけてるんだろうなあ。でも、みやちゃんがもう余りにもサン・ジェルマンだから、言わないんだろうなあ」と思って観てました。そのまま芝居が進んでいくのを観て、ああもうみやちゃんはサン・ジェルマンとして死ぬんだろうなあと。しかし違った。死を覚悟し、最後の頼みとしてうみちゃんを託そうとするみやちゃんをじっと見ながらついにかなとくんは言う。「俺の前にいるのはただの旅の役者だ。そうだろう?シモン…」と。かなとくんの静かな言葉が、サンジェルマンに取り付かれたみやちゃんの呪縛を解いていく。

・上に書いたようにみやちゃんがサン・ジェルマンを貫いて死ぬエンドもいいんじゃないのかね~と思ったり、あんなにサンジェルマンに固執してたのに割とあっさりシモンに戻ってきた感じがするな~とも思ったりもしたんですが、これまでにジャックとの絆を見てきたので納得はできました。というか、普通はこの呪縛を解くのはヒロインポジのうみちゃんかと思いきやかなとくんでしたね。ふむふむ、ヒロインはかなとくんだったということね。(結論)

・おわり。


フィナーレ。
・男役のダンスかっこよかった!みんなをオペラグラスでガン見。やっぱりゆうまくんからはともみんのニオイを感じる。そしてニヤッと口角上げながら挑発的な表情で踊ってる子がかっこいいな~と思ってたら彩音星凪くんでした。若い頃のナギショーみたい、と思ってたんですが名前も似てた(笑)

・娘役をはべらせて踊るかなとくんかっこいいよー!!おかしらー!!

・白い衣装で踊るみやちゃんとうみちゃん。綺麗なお二人だわ。。ああ、みやちゃんが遂に単独主演だよ…。本当に嬉しい。気付けばこんなにかっこいい男役になってたなんてさ。まさにプリンス。ああ、かっこいい!綺麗!このディファインいらず!(ほめてる)

・終演後の挨拶でDVDになるよーってことを宣伝するみやちゃん。テレビの前の人にも手を振ってくれてます(笑)そして真咲くんがきてくれてることの紹介。嬉しかったんだね~よかったねえ~。真咲もすっかり綺麗なおねーさんで、手振ってたね~。

・みやちゃん、おめでとう!更なる活躍を応援しております!!



ではでは。
お次は長崎しぐれ坂!遠征しちゃうわよーん!
コメント

No title

さち花さん・・・!
私さち花さんかなり好きな娘役さんなんですが、そんないい役なんだ!
DVD買おうかな。。。(笑)

そして我らが雪組の御曹司、月城さんは月組デビューか~
みやちゃんとの相性も良さそうでなによりです^^
たまきちと並んでも骨太な感じで絶対いいはず!

歌劇とか読んでても、月組のみんなが月城さんに優しくしてくれてるみたいで、目を細めながら読んでいます(笑)
絶対さち花さんなんてめちゃんこ優しいはず!
どうかうちの月城をよろしくお願いします!!(どの立場や)

Re: No title

さやか様

こんにちはー^_^

瑠璃色楽しんできました。さち花ちゃん大事な役で良かったですよー!
是非DVDをお買い上げください。(回し者)

かなとくんは相変わらずお美しく、みやちゃんと並ぶと美のバーゲンみたいになってました。
今後、月組が全員集まった公演が楽しみですね( ^ω^ )
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する