FC2ブログ

まわるまわる。◆白鷺の城/異人たちのルネサンス

rune.jpg

こんばんは、akaneです。

お久しぶりです。ちょっと寒くなってきましたね。
相変らず日常はうんざりするようなこともよく起きているのですが、今日は宝塚さんでリフレッシュしちゃうんだから!!

というわけで本日はローチケ公演だったわけですが、周りが割と宝塚あまり知らない方が多かったので私もご新規さんのような顔をして観て参りました。
てかさ、床と前の座席の前に隙間があんじゃん。私あそこの隙間にめっちゃ物落とすのよ、アホなので。マジであの隙間なんかで埋めてほしいわ。。今日もパンフ落としちゃってさー。前の人にとってもらう時の心苦しさよ。すんませんな!前なんか開演直前にオペラグラス落としたしな。。(そのときのやつ)マジあの隙間天敵だわ。。

ではでは、以下に感想でーす。

まずは和物ショー。
今回はストーリー仕立てだったので個人的にはいつもの和物ショーよりもとっつきやすかった!

・プロローグ、化け物退治に意気込む宮本無三四◆ずんくんがせり上がりながら歌いますが、なんとなくみやちゃんに見えた!(みやちゃん復帰おめでとう!)なんか宙組の和物ってめちゃくちゃ久しぶりじゃない?石田三成以来?それはいいすぎ?

・真風くんの和物メイク、さぞ切れ長な感じがお似合いなんでしょうなー!と思いきや、割と普通公演メイクの方が好きかもしれないということが判明しました。(どうでもいい情報)なんかもっとかっこよくなると思うんだけどなー!愛くんもしかり。全体的に宙組のみんなの和物メイク見るの結構新鮮。キキくんとあっきーの和物メイクが上手いな~と思って見てました。

・化け物退治への同道を請う幸徳井友景◆真風くん。その理由を問われると、彼が繰り返し見続ける夢を語り出す。そうすっと過去にさかのぼっていきます。玉藻前◆まどかちゃんによりそう鳥羽上皇◆りんきら。最初登場したとき「研3くらいの子かな?」と思ったんですがよく見たらりんきらじゃん!なにそのおぼこい表情は!たまにあるんですが、この人おっさんプロフェッショナルなくせに突然新公学年みたいなピヨッとした表情見せてくる時ないですか?笑

・というかまどかちゃん、怪我したってきいたのでとても心配でした。どこの怪我なんだろうか?早く治りますように。

・平安時代後期の場面。ここでちょんぱ!遅れて来たちょんぱ!龍頭船にのって現れる陰陽師・安倍泰成◆真風くんが素敵。真風くんは玉藻前が魔性の者である事を見抜いていた。というかパンフ落としたりしてタイムロスがあったのでストーリー分からず観たのでもう歌詞をききとるのに必死よ!

・そういや音楽がどれも結構良かった気がします。

・平安時代中期の場面。葛の葉は松本先生!あらー先生お久しぶりでございまするぅ~!いやあ、、貫禄というか雰囲気というか、すごいですねえ。ちなみに葛の葉は安部泰成の祖先で清明の母で狐の化身だったのだ!盛りだくさんよ!人ならぬ身なので、夫の安倍保名◆愛くんともお別れする。松本先生にすがる愛くん…。すごい組み合わせだ…。しかも松本先生は台詞ないんだな~と思って観てたら一言だけ台詞があって、うぉおお!!!ってなったわ。

・銀橋でのせーこちゃん、瀬戸花まりちゃん、みねりちゃんの3キツネ女子可愛い。せーこの「キツネは肉食!!だから!!」が超肉食そうでした!笑

・古代中国の場面。どんどん時代が変わるので「これはさかのぼってるってことでいいのかな??」とついてくの必死のぱっちよ!妲己◆まどかちゃんと踊る吉備真備◆真風くん。まどかは可愛いし真風はかっこいいし…どうなってんだよ…。真風くんの何筋か落ちた前髪が色っぽい。陰陽道を学びに中国にきていた真風くんは魔性の者が住むというこの廃墟を滅ぼしに来たが、妲己を哀れに思ったので廃墟をそのままにしておくことにした。妲己は後に真風くんを追って日本に渡り、やがて玉藻前となったのであった!へーー!なるほどね!!じゃあ平安時代の後期の場面でまどかちゃんが「またそなたか…」ってのはこの中国の時を指すのかな!

・戦国時代の場面。ここも音楽かっこよかった!!男役たちの声が野太くてかっこいい。さすが、宙組のコーラスはすごいなあ。栗林義長◆真風くんの身を案じる八重◆みねりちゃん可愛い。よーし、やっとみねりの顔を覚えて来たぞ~。(遅い)

・真風くんたちが敵に向かっていき、銃弾に倒れた後、大地が割れる。陰陽師の呪いが解け、すげー壮大な感じで登場する玉藻前まどかちゃんのラスボス感ぱねえ!真風くんを失ったみねりちゃんを、過去の自分に重ね合わせます。それはやっぱり中国時代の時のことをさしてるのかな?

・そして冒頭の江戸時代初期に戻ります。友景の話なんかしらんしらん!狐なんか斬って斬って斬りまくったれー!!という無三四。狐たちの術に翻弄されるずんくんら一同。みんな長い棒持って華麗に踊るのがすごいな~と。一歩間違えたら危ないよね!

・まどかちゃんと対峙する真風くん。繰り返される因果を終わらせるために、あなたを手離さないと。まかまどがロマンチックな感じになってるっつーのにKYの無三四が隙をついて玉藻前を斬りつける。何しとんねんこのぼけえ~!!KYとか久しぶりにゆーたわ!!真風くんはまどかちゃんの亡きがらの傍で自害する。二人の亡骸の前に現れたのは葛の葉さん!!と狐たち。汚らわしい亡骸をどっかやんな!って言ってる狐たちに「おまち!!」という葛の葉。まどかちゃんと真風くんの手を握り合わせてあげるのであった。たかたんたん。だからあんなに複雑な倒れ方だったのねまかまど…。

・というかね…もう書かずにはいられないんだけども…この「おまち!!」の破壊力がすごすぎてな…松本先生、お願い…この「おまち!!」を取り直してほしい…。お願いだ…。笑ってしまう…。(本当にすみません)ちゃうねんちゃうねん、先生の素敵さは本当に分かっておますねん…。この後の「いま…ひとたびの!!」はとっても素敵でありますねん…。「おまち!!」だけが…「おまち!!」だけが…取り直してほしいねん…。

・素晴らしい先生にとんだ御無礼を申しました。本当に申し訳ございません。しばいときます。

・最後の場面、男役のブルーと娘役のピンクがめっちゃ綺麗やったな~。狐の嫁入りの格好はなんか怖かったけども…(笑)青天の男役軍団が素敵なんだけども、みんなマゲが曲がってなかったらもっとよかったのになーと思いました。運命のように出会う真風くんとまどかちゃん。ちょっとまどかちゃんが少年のような格好をしてるのが余計に素敵だ。二人の手をつながせる、芸妓の松本先生。もう先生大活躍よ!青天の真風くんに手を引かれながら照れくさそうに歩いて行くまどかちゃん。ちょっと話は微妙に小難しかったけど、幸せな終わり方でした!


続いてお芝居。

・幕開き、フィレンツェ司教のグイド◆愛くんとローマ教皇◆すっしーとの謁見場面から始まる。枢機卿も交えてやいやい話しててすでに難しい!全力で置いてかれてる!油断してた!すでに良く分からない!愛くんが悪い司教っぽいことだけ分かったわよ!

・レオナルド・ダ・ヴィンチ◆真風くん。ほんの少しゆるやかにウェーブした金髪の彼がもう…かっこいいの…。さすがのヴィジュアルさんやで…。ちびレオナルド◆愛海ひかるくんとカテリーナ◆夢白あやちゃんの場面可愛いです。二人は幼い頃、神父の飼っていた小鳥を逃がしてやった。狭い鳥かごからはばたかせてあげようと。めぐまれない環境で育ったレオナルド。辛く当たる声、厳しい声で彼の名前を呼ぶ音が舞台に次々と流れる。最後に優しい声で「レオナルド」と呼ぶ声。カテリーナだけが彼にとっての光だったんだろうな~。

・サライ◆みねりちゃん。みねりちゃん、男の子役上手いな~。顔は可愛いけど声はしっかり少年。阿弖流為の菟穂名も上手かったもんな!みなしごのサライはレオナルドに絵を教わるふりをしてお金を盗もうとしていた。サライの保護者?のロザンナ◆あおいちゃんがさすが上手い。

・レオナルドの親方、ヴェロッキオの工房の場面。アーティスト仲間はクレディ◆そらくん、ベルジ―ノ◆あっきー、ボッティチェリ◆りくくん、フェルッチ◆瑠依くん、シニョレッリ◆瑠風くん。豪華豪華!あっきーがめちゃくちゃイケメンお兄さんなのでくらくらしちゃう。芸術品を没収されそうになって「やめろよー!」って役人たちに食い下がってるりくくんがりくくんらしくて「俺、りく観てるわー!!」って気持ちでりくを見てた。笑

・過去の回想でちびレオナルドが父親の星月くんに怒られているところ。星月くんが顔つき・体つきともにリアルメンズっぽくてハスハスしておりました。

・強大な力を持つメディチ家の当主、ロレンツォ◆キキくんとその弟のジュリアーノ◆ずんくん。ずんくんはキキくんの策略で政略結婚させられることに激おこぷんぷん。キキくんの滑らかでいやらしい話し方よ(笑)というか、二人とも衣装が赤いしキャピュレット風なの。ずんくんは頭ちりちりだし。ティボルト出て来そうなの。

・レオナルドを自分のお抱えにしたいロレンツォはレオナルドの工房を襲ったわけで、レオナルドは親方ヴェロッキオの釈放と工房の営業再開を直談判にくる。そこへ小鳥を追いかけて現れたカテリーナ◆まどかちゃん!逃げた鳥の名前は、子どもの時に一緒につけた「アンジェラ」と同じ名前。はい、再会再会!カテリーナは愛くんの差し金でロレンツォの元に送られていたのであった。愛くんめ!

・酒場でもお酒没収されたりして激おこのジュリアーノさん。「なんだいなんだいどいつもこいつも!」ってぷんすこ。そんな彼に近付く、ロミジュリの時の”死”が着てた怪しい人!中の人はりんきらさん!こちらのりんきらさんはショーと違っていつものおっさんりんきらよ!はいはい、見慣れたりきんらさんね!笑

・娼婦の花菱りずちゃんかな?ナイス谷間でした。ありがとうございます。(ニ階席より愛をこめて)

・ロレンツォの妻のクラリーチェ◆せーこちゃんとずんくんはお互いロレンツォにないがしろにされてるもの同士、悪態をつき合う。やめときやめときずんくん!せーこには勝てへんて!(笑)と思いながら観てました笑

・ずんくんの政略結婚相手はイザベラ◆ららちゃん。ららちゃん相変らずかわいい。にこにこしちゃう。しかしジュリアーノはカテリーナにホの字なので、めちゃくちゃ情熱っぽいずんアイズがまどかちゃんをとらえております。そこへ「カテリーナを絵のモデルにしたい」と踏み込んでくるレオナルド。もうまどかちゃんたら男役1・2・3・4と総ナメじゃん!無双じゃん!

・カテリーナを絵のモデルにしながら静かにレオナルドが絵を描く場面好きだったな~。たっぷり間を使って静かに話す真風くんが超いい。この人「日のあたる方へ」の時もビデオ撮影の場面がすごくよかったのよ。神のご意思だと言われながらずっと愛くんの思い通りに育てられて来たカテリーナ。レオナルドは鳥かごの中で飼われているような彼女を救いたくてたまらない。かつて、彼が暗闇の中から彼女に救われたように。「なぜ飛び立とうとしないんだ!!」というレオナルドの言葉がしみるわ。。

・工房に向かい、親方に会いに来たレオナルド。冷たく追い返そうとするまっぷぅ親方だが、実はレオナルドの才能を無駄にしてほしくなかったのであえて辛く当っていた。まっぷぅ親方の不器用な優しさに、ベタベタながらうるっとしちゃった。そしてそれを陰から盗み聞きして「わーっ!」ってなって出てくるみんな。完全に漫画であります。ここで「レオナルドとカテリーナの仲を応援しちゃう!」ってみんなで歌うところ楽しい。瑠依くんの歌久しぶりに聴いた気が。やっぱりうまいなー!

・カーニヴァルの場面。カテリーナの小鳥は逃げたのではなくクラリーチェが殺したということが発覚。せ、せ、せ、せーこ…(震)

・工房のみんなが協力してわちゃわちゃし、レオナルドとカテリーナは秘密のアトリエへ。そこにあるのはレオナルドが作った大きな翼。その前にカテリーナが立って手を広げると、本当に翼を広げたみたいに見えました。でもさ、思うんだけどもなんでこうもりの翼みたいな感じなの?(笑)なんかもっと天使のふわふわな感じでもよかったのでは…と無粋に思ってました。レオナルドの言葉が少しずつカリーナの心を溶かし、彼女は少女の頃の気持ちに戻って行く。

・このあたりからクライマックスにかけてが盛り上がって来ます。
カテリーナと一緒に逃げようというレオナルド。その伝言は、サライが愛くんとりんきらによって買収され、ウソの伝言をつたてしまうサライ。サライ…レオナルドと友情がはぐくまれたと思ったけどやっぱり買収されちゃったか…まあ子どもだし仕方ないか…。っていうかマジでみねりちゃんの少年芝居が最高だ。るろうにの時のみちるちゃんみたい。

・愛くん、りんきらによって情報が操作され、カテリーナ、レオナルド、ジュリアーノ、ロレンツォが巻き込まれてく。舞台セットも動きまくりで盆まわりまくり。それがこのタイトルの「まわるまわる」です。舞台転換がかっこいいのでハラハラドキドキしちゃう!

・教会で待つカテリーナのもとに現れたのはレオナルドではなくジュリアーノ!しかしそれをグイドたちからたれこまれていたロレンツォが発見する。兄への劣等感、恨みを終わらせるために勝負を挑むジュリアーノ。しかしグイドがジュリアーノを斬る。「ジュリアーノ!!」とロレンツォが言うところでぐっときちゃった。べただけど。最低な兄貴だったけど、やっぱりこうなると弟の名前を呼ぶよな…。っていうか、ジュリアーノさん芝居のあいだずーっと怒ってて、愛するカテリーナには全然振り向いてもらえず、最後は殺されちゃうんだけども…なんかあんた…来世では絶対幸せになってくれよな…

・教会にかけつけたレオナルドの前にはジュリアーノは死んでるし敵はいっぱいいるしロレンツォもいるし。なんじゃこれ状態ですよね。愛くんやりんきらさんのくそったれコンビが真風くんに「ロレンツォを倒したらカテリーナは自由にできちゃうぞ~」みたいにけしかけ、真風くんはいったんキキくんに剣を向けるも、キキくんとともに愛くんたちと戦うことに!「お前に与えられる自由など…!!!」がもう最高にたぎったわ。これはカテリーナの言葉でもあるよね。。それをレオナルドが言うのがアツい。これがエモいという感情か…!

・もうバッタバッタ斬りまくって倒れまくり。大殺界。りんきらに斬られながらも斬り返してとどめをさし、倒れるキキくん。グイドがレオナルドに斬りかかったのを庇おうとして斬られるまどかちゃん。ま、ま、まどかー!!!!本日ニ回目やないのおお!!!
そして最後の力を振り絞ったキキくんがちょっと起きあがってグイドをさくっと殺すところちょっと面白かった。。(←コイツ)でも哀しいよ…せっかくまどかは鳥かごから出られたのにさ…。まどかちゃんを胸に抱いて、「カテリーナ…」と小さくつぶやく真風くんに泣いちゃう。

・それでも、最後に彼女は自分の意思で飛び立てて、魂は救われたのかなあと。愛くんという絶対的な存在が作り上げた神という存在に縛られ、操り人形のように生きていた彼女が、最後は自由になれたのかな、と。

・その後。なんと、ロレンツォさんは生きていた!こいつオバケか!しかもジュリアーノが果たせなかった政略結婚を自らがしちゃう。この男…!イザベラさんもめっちゃ変わり身早い!(笑)まあこんなに立ちまわれるのはある意味才能か。そして、レオナルドがロレンツォの前に現れ、完成した絵を披露する。それは「モナリザの微笑み」。まどかちゃんがモデルになっているのである。なぜ少しほほ笑んでいるのかと聞かれると「彼女は愛を知っているからです。あなたがたには知りえない、愛と言うものを」といって去って行く真風くん。でもキキくんも絵を前にして表情が変わっているのを見ると、何か感じることがあったんだろうなあ。

・おわり。


フィナーレ。
・真風くんと宙娘たちの場面めっちゃかっこよかった~。まず登場時の娘役の手の動きがカッコいい。そして真風くんのキザっぷりがカッコいい。娘役ちゃんを呼ぶ手の動きやら、せーこちゃんとえびちゃんの肩に置いてウインクしながら降りてくるご様子がもう。。宝塚じゃなかったらネタだよ…絶対降りにくいだろ…でも宝塚だったらアラ不思議。驚愕のかっこよさよ。。

・とにかくロングヘアのおねえさんたちがみんなお綺麗なので「そらむすめ……!!」ってなってました。そしてさっきまでめっちゃキザってたのにいきなりめっちゃキョどりだす真風くん。きれいな宙おねーさんたちに絡まれては拒む。もしかしてまどかか?まどかを探しているのか!

・男役たちの大階段ゾロゾロ降りもかっこ良い。なんか結構ダンスが斬新というか新鮮な感じがした!てか音楽がかなりデカく聴こえてビシビシ身体に響いてたんだけども俺だけ?

・デュエダン。まどかちゃんの代役は夢白あやちゃん。研2らしい。きえー、大抜擢ですね!そうか、さっきの子供カテリーナの子だな!顔ちっちゃ!まどかちゃんもちっちゃいけどこの子もどえらーちっちゃい。真風くんと並んだらリアル男女よ。。リフトはちっちゃめ(まどかちゃんの怪我の影響もあるのかな?)でしたが、頑張って大役務められてたと思います!

・エトワールはみねりちゃん!きれいなお声でございます。かけるが階段から穏やかな笑顔で降りてきたとき、ああ、かけるも卒業するんだなあと。卒業する人にしか出せない笑顔を携えた彼を観てしまったらさ。かける、研1の時から見てたよ。宙組本で 「なんじゃこの子可愛い!」ってなってた日からもう随分経つんだなー。卒業おめでとう、かける!

・パレードの銀橋、えびちゃんの生腹!めっちゃ割れてる!シックスパック!あおいちゃんも生腹見せてくれてたんですが、あおいちゃんもうっすら割れてたのよ!すげえ…やっぱジェンヌさんはすげえよ…(自分の生腹を見て涙を流しながら)

ではでは。
お次は明日のメサイアライビュ!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する