君にしか分からないこともある。◆虞美人

gubijin.jpg

どうもこんばんはakaneです。
もう疲れまくってまさにHPは5くらいです。もともと20くらいしかないんだけどね!
何故akaneさんがこんなに疲れているのかきっと気になってらっしゃると思うので説明させて頂きますね。(1ミリも気にならないよ!)(早く虞美人の感想いけよ)
お金のないakaneさんは最近チャリで劇場まで行くという可哀想な感じなんですが、今日はまあまあ早めに出た訳です。大橋にさしかかったあたりでakaneさんは思います。
やべえな財布に1254円しかないぞ→まあギリギリパンフは買えるからいっか→けどさすがにアレやし銀行行くか→時間は余裕やな→今日は受付にチケ取りに行く必要もないしな→ん、チケ?

→ああああああああチケット忘れたああああ!!!!!(真っ青)

てな訳で大橋からUターンして家まで爆走し、家に着いたら光の速さでチケットを取り、そっからまた劇場まで爆走し、チャリ置き場についたのが14時50分過ぎ。途中でどっか適当にとめようかと思いましたが違法駐輪はいかんいかん!と何故か清く正しいakaneさん。無駄に。
爆走し、息も絶え絶えに席に着いたのは58分。死にそうでしたマジで。だからと言って始まってから入るのは絶対嫌なので、がんばりました。くそーチケットめ、しっかりしろよ!(お前が)
劇場付近を鬼の形相でチャリ爆走していたのは私です。お見苦しいものをお見せしてしまい申し訳ございません。

んで、虞美人ですが。
上記の通り全然時間なかったので恒例のパンフ鬼読みもできなかった訳です。一本ものやし登場人物も多いし名前も人物関係もややこしいし漢文の知識なんてとっくの昔に頭からポイされているので、1幕はからっぽの頭で超必死に見ました。そして幕間に即行パンフ買って鬼読みという。やっぱりこいつがなきゃ、俺だめだあ。(こいつ=パンフ)

んで。

だいもん、普通にめちゃくちゃかわいい。
まっつ、いけ好かない良いやつ。


というのが特に印象深いです。あとは音楽が良かったなあ。
詳しく行くのでネタバレ全開です。逃げてください。

むかしむかしのできごとです。
秦の始皇帝が亡くなってから、秦は荒れ放題。楚の武将の項羽◆まとぶんは「世界を革命する力を!(ウテナ風に)」と立ち上がる。たかたんたん。

では、以下に続く。うんざりするほど長いので注意。打っててもうんざりしました。だめじゃん。
休憩しながら読んでください。間違いなくうんざりします。
 
  
会稽の太守の殷通◆とみーは項羽と項羽叔父◆ふみかさんに「秦一緒に攻めようぜ!」と誘うものの項羽にえいやっと斬られ、臣下たちは項羽に寝返り会稽は項羽のものに。
というか、ここの場面の最初で、とみーに「お父さん、今日は嫌な予感がするの」というとみー娘がいた訳ですよ。あら、誰かしらあれ。可愛いわね、みたいな感じで見てたわけですよ。
そんでとみーが斬られてその死体を運ばれているとこを見たとみー娘は「いやああお父さんん!!」となり、ううむ誰なのだあの可愛い子は!と思ってたらだいもんじゃないすか!!
ナチュラルに娘役すぎて分かりませんでした。マジで可愛いんですが。すげえなーやっぱ役者だ。素敵よだいもん!ぴーぴー!
そしてとみーの臣下らはすぐに項羽に寝返るのですが、寝返り隊長の衛布◆みつるくん、めちゃくちゃかっこいい。ビジュアルが。ただし、いやなやつなのであります。

一方、劉邦◆えりたんは沛県出身のイケメン。何故だか彼は人を惹きつける魅力があり、人気がある。クラスに一人はいるよねこーいう子ね。項羽のことを知り、「俺も項羽の軍勢に加わるぜー」という展開に。えりたん妻の呂◆じゅりあちゃんは「あんたは天下をとる力を持っているわ」と不敵に微笑む。いよっ!じゅりあねーさん黒いわ!
というか劉邦に群がる娘役陣がすげー可愛いんですが。花娘ホント可愛いいな。さあや隊長を筆頭にもえ子、きらりちゃん、れみちゃん、ゆまちゃん、あまちゃきとかどんだけ可愛いねん。そして劉邦のとーちゃん◆よっち、また酔っ払ってます。上海の時の酔っ払いがウケたのかしら!(えー)
ところで劉邦がどうしてもUFOと聞こえるんですが、やっぱり私のHPが駄々下がりだったからでしょうかね。

項羽の愛する姫、虞美人◆あやねちゃん。項羽は戦にも必ず虞美人を連れて行きます。それほど愛してるのです。そして二人が初めて結ばれる予定の夜のこと。虞美人に片思いの王陵◆ネコがその想いを虞美人にぶつけます。ねこが歌って喋ってしている姿をみて「ああ、ねこが歌ってる…!一人で長々喋ってる…!」と感激のakaneさん。項羽がおるからごめんな、と虞美人に振られたネコは項羽に斬りかかり、逆に斬られる。おおい、ネコ死んじゃったのかよ!はやいな!そしてネコを斬った剣に口付けやってくれ、という項羽にブチ切れの虞美人姐さん。私と王陵の仲を疑ってるのかと。いやいや疑ってないよぉ、いいえ疑っています!などのやりとりの末、なんやかんやあって二人は結ばれます。(ええー)

下町では民衆たちがわいわい。はいはいきましたよールナくん。ルナくんとハルちゃんが絡んでいるのを見て、なんてakaneさん専用ポジなのかしら!と感動しながらオペラグラス愛。かなりの人数で、みんな小芝居して面白かったよー。でもakaneさんの視野は狭すぎます。すいません。そしてルナくんにもいくつか台詞があって嬉しかったです。ありがとうキムシン!!
そんなこんなしてたら、ちんぴらどもに絡まれた桃娘◆だいもん。つーか「とうじょう」って読むのな。「ももむすめ」やと思ってました。(アホ)ゆらりと現れた韓信◆みわっちが、剣を抜かずにちんぴらの股くぐりをして桃娘を助けます。きゃーみわさんかっこいい!民衆たちは腰抜けーとか言ってますが、張良◆まっつと范増◆ハッチさんはあいつ、できる!と見抜く。
一方、黒じゅりあ姐さんがだいもんの元を訪れ、「親の敵の憎たらしい項羽に復讐しなさいそうしなさい」とけしかけ、のってしまうだいもん。
だいもんは男の子に扮し、スパイとして虞美人に仕えるようになります。それを見抜いていた悪いみつるは「俺も項羽がいなくなり、上にいくことの望んでいる。お互い、秘密は分かち合おう」とか言ってだいもんに迫ってあんなことやこんなことを。ぅおおおい悪いぞみつるんやめなさい!!そしてみつるん×だいもんて!!なにそれ危険!!

楚の陣営の場面。名前ばかりのへなちょこ王◆王子を影で操っている武将らにぷんぷんの項羽。劉邦はそんな項羽に堂々と自分の意見を述べ、項羽に気に入られ、義兄弟の契りを交わす。
項羽は北から、劉邦は西から攻め、共に秦の都の咸陽をめざすことになる。
楚の軍師、ハッチ先生は項羽に「さっきの態度はなんやねん。虞美人には優しいくせに。みんなにもそーいう感じにせえ!」というと「じゃあ、みんなに優しくする代わりに、虞美人には虎みたいに接っしちゃうぞガオ~」「きゃはははやめてくださいうふふふ!」みたいな項羽と虞美人。なにこれ。は、はずかしい!

楚の将軍、宗義◆まりんは稚児の紅林◆いちかちゃんとばかりキャッキャうふふと遊び、ちっとも出陣の命令を出さない。見張りの兵士たちが凍えて飢え死してしまう!早く出陣せんかい!と項羽が怒っても聞き入れないまりん。項羽にぶったぎられる。ドドン。つーかいちかちゃん、めちゃくちゃ可愛いんですがどうなってるんだ。そして、いざ出陣する項羽ら。

一方劉邦組は、まっつ先生の知恵により無駄な戦いを避け、民衆から人気を受けて先に咸陽へ。項羽らも到着するものの、門が閉まっていて入ることができない。どーいうことやねんおらー劉邦め!何かたくらんでるな!とハッチ先生。劉邦の言い分を聞いて項羽は了承し、二人は和解。納得いかんハッチ先生は、宴の席でしゅん様ら楚兵に剣舞を躍らせミスったふりして劉邦斬れ!と命令。劉邦を囲んで剣舞を踊る楚兵。劉邦、オロオロ。そこへだいもんが「私も剣舞できるからやらせてください!」と剣舞に参加し、劉邦を守る。かしこいまっつ先生は女たちを呼び、躍らせ、剣舞組があれあれとなってる間に劉邦を連れて逃げる。
いやー、ここ面白かったなー。結構前半はスローな感じに思えていたのですが、ここは面白かった。また二階から見てると綺麗なのな。はーんなるほど!うまいねー!と思いながら見てました。(何が)

では2幕。ちょっと長くなってきたので巻きいれます。

ええっと、二幕ではまっつ先生大活躍です。まずは劉邦側へみわっちを引きぬきます。まっつ先生からみわっちを劉邦方へ道案内するように頼まれただいもん。それを聞いていた悪いみつるくんに再び迫られるも、斬りつけるだいもん!「心までは裸にされません!」と。きゃーだいもんかっこいい!!すてきよ!!そうよ、心までは裸にされなくてよ!(お前はひっこめ)
そしてみわっちは道案内してくれただいもんに求愛するのだった。どどん!私は汚されているからいけません、というだいもんを受け止めるみわさん。みわさんかっこええええ!包容力ぱねえ!つーかみわさん×だいもんて!!す、すてき!(ポッ)

項羽や虞美人がふるさとへ戻り、親族との再会に喜んでいると、ハッチ先生が「王のくせになんで都離れたんやーー!」と怒りに来る。ハッチ先生の読みどおり、劉邦らが挙兵したとの知らせが入る。
劉邦的には別にそーいうつもりじゃなかったようなのですが、項羽的には「俺のおらん時を狙って何しとんじゃうらー!!劉邦め裏切りやがって!」とブチ切れ。怒りMAXまとぶさんが見れるのは大劇場だけ!
逃げなきゃ逃げなきゃ!と劉邦は逃げだし、じゅりあ姐さんやよっちらは項羽の人質となる。劉邦は一人ぼっちになり、俺は自然と人から愛されるが、俺は本当は俺以外誰も愛したことなどないんだろう、と嘆く。
そこへ現れる村娘の戚◆れみちゃん。れみちゃんきたー!!かーわーいーいー!れみちゃんに助けられ、初めて人を愛する劉邦。

戚のためにも、何としてでも項羽に勝ちたいんやー!という劉邦。何故項羽に勝てないのだと思うか。それは、項羽側にハッチ先生がいるからなのだ!というまっつ先生。まっつ先生の策略により、ハッチ先生は劉邦側とつながっているという噂が項羽の臣下達に伝わり、項羽のもとから去らざるをえなくなったハッチ先生。凍えそうな夜に一人、馬の動かない馬車に乗っていた。そこへまっつが現れ、「どうか自分の用意した馬車に乗ってほしい。そうでなければあなたは凍え死んでしまう」という。
こんときのまっつの表情がなー。いけすかないキレ者の顔じゃなくて、心苦しそうに歪んでるんですね。これからは心に傷を負う戦いになるんだとまっつは劉邦に言いましたが、一番心に傷を負ってるのはまっつなんだろうな。何度も「馬車に」というまっつに、「手段を選ばずに勝ち進んだやつはだんだん人を信用できなくなるぞ。劉邦もきっとそうなる。馬車はいい。もう行け」と強く言うハッチ先生。そのまま凍えて息を引き取ります。

項羽と劉邦は激突しますが、お互いたくさんの死者を出し、戦い疲れた項羽と劉邦は和議を結びます。
しかし、みわっちやまっつは「いったん手引いた振りして、やつらを襲え!!」と劉邦に言い、臣下たちもそれに頷きます。「義兄弟を裏切るというのか。俺を信じてくれた人の背中を斬れというのか」と劉邦は悩み嘆きますが、ついに攻めろという命令を出します。
ここも哀しかったなあ。えりたんの苦悩がすごく見えました。うぉーえりたーん。

四方八方敵で固められた項羽と虞美人。
二人で愛を語り、虞美人は項羽に歌ってくれという。項羽が歌い、虞美人が項羽の剣で剣舞を舞う。
そして一瞬の隙をついて、虞美人は自らの首を剣で斬る。これ以上自分がいても、足手まといになるだけだと。
ここ、本当に彩音ちゃんが泣いてて、ちょっと泣きそうになりました。彩音ちぃぃん゜(゜つД`゜)゜。
足手まといだなんて、項羽には関係なかったのにね。そこに居てくれたら、良かったのにね。

最後の戦い。
項羽方から劉邦側に寝返ったたくさんの兵士がたった一人の項羽に立ち向かう。元項羽軍だった兵士がなかなか項羽を斬れないところがまた泣けるんだ。
元項羽軍のトミーに向かって「お前に俺の首をやる。俺が信じられないか。俺は誰も裏切ったことはない。今までずっと」と言って、自分の首を斬る項羽。

勝った劉邦は二人を思って歌う。
白い衣装の項羽と虞美人がせり上がり、二人だけの世界で踊る。
たかたんたん。

フィナーレ、結構大人しめでしたが(太王四神記に比べて)とりあえずいいたい。あの「ダダダダ~♪」はどうなの!(笑)普通に歌詞歌えばいいやんという。なんであえてダダダなんだろうね!ふしぎ!
パレードはちょっと太王四神記チックでよかったです。
いちかちゃんエト→れみちゃんまーくんだいもん→みつめお→まっつ→みわっち→えりたん→あやねちん→まとぶん。
あやねちんの歌が結構難しくて、大丈夫かなーと思いましたが、とにかくあやねちゃん綺麗でした。あああこれが最後のまとあやなのか。寂しいなあ。


最後になりますが、花組さん初日おめでとう。


みどころ絵。

gu.jpg

あやねちーん。


ではでは、前楽も行くのでその時は多分一人一人について書こうと思います。


最後に拍手お返事です。
3/11の16時台の方>貴重な情報有難うございます。CSは見れないびんぼ人なので大変有難いです。そうか、ちーとえりちゃんは恋仲ではなく双子だったのですね。もしかしたら劇中の中でそう行ってたかもしれないですが、聞き逃してたかもしれません。つーかあの二人を恋仲だと思って妄想文をつらつら書いたり床を転がったりしてた自分超恥ずかしい。何事もなかったようにすくっと立ち上がろうと思います。ありがとうございました!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する