ネコとみさきが力を合わせてみんなの幸せを。◆虞美人新人公演

gubijin.jpg

こんばんは、akaneです。
やっと春以降の大まかな予定が決まり始めたので、そろそろ鼻息荒くチケ取りを始めたいと思います。ふんふん!まだスカピンのチケも新公しかとれてないのだ。早くとらねば。

んで、今日はヤンフラたちの虞美人さん見に行ってきました。
本役さんたちゾロゾロ、の時に蘭子が目の前を通り、蘭子ー( ;∀;) となっておりました。そうか、もう花組なんだなー。

ではちょっと駆け足気味に感想いきます。
その前に言いたい。

ヤンフラのみんな(中でもネコと実咲ちゃん)、お疲れさんでした!

 


()は本役さんです。


とりあえず一本ものということでプロローグやなんやらかんやらは削られて、いきなり殷通(トミー)◆夏城らんかくんと桃娘(だいもん)◆実咲凜音ちゃんのお芝居から始まり、カットしたり短縮したりしながら、ポイントだけ押さえて話は進んでいく。
本公演の1幕分を7時過ぎまでやり、結構きっちりやってた感じだったので、この調子で2幕突入したら尺大丈夫かしらと思っていると、そんな心配なんのその。
幕前に現れたネコと実咲ちゃんが、喋る喋る。一気に韓信と桃娘のラヴストーリィはぶっ飛ばされつつも、一応こんなやり取りで結ばれたよ、みたいに台詞だけが微妙にかわされる。桃娘の苦しい気持ちも、韓信のパネェ包容力も説明だけ!ひぃぃ!マジでか!それを楽しみにウキウキ来たのに!(それもマジでか)
そして劉邦が勝手に攻撃しちゃって項羽鬼切れコノヤロー!なシーンも説明のみ。いきなり柚香くんとか劉邦側トリオが「勝ったぞー!」とウキウキ幕前にくるものの、すぐに「でも負けました」みたいな説明後、しゅんとしながらはけていく。
客席に散々笑われながらも一通り説明したネコと実咲ちゃんは、突然みわさんの持ち歌になりそうな、あの「♪俺の包容力マジパネエ」を歌う。(そんなタイトルではない)
なぜここで!Σ ゚д゚ と思いつつも、歌から駄々漏れる包容力オーラの力技でねじふせられ、なんとなく黙らされたakaneさん。周囲の人は爆笑しながら見てましたが、始終( ゚д゚)ポカーン状態でした。ほら、akaneさん急な展開についていけないからさ。ネコ&みさきちゃん、マジでおつかれさんした!

項羽(ゆうくん)◆まゆくん。
いやあ、すごい男前でしたよまゆくん。やっぱりまだ幼さや女の子っぽさが少しあるイメージだったのですが、そんなイメージを取り払ってくれるくらい熱演でした。まとぶんに比べるとシャープさにはやはり欠けてしまうのですが、でもやっぱり「若大将、大暴れ」という感じで、ヤング項羽でした。歌もちゃんと聴かせてくれるし、何より声が思ったより出来ていたので辛くなかったです。怒れる少年、という感じで宗義に「あなたはいらない!!」と言い切った時はしびれたなー!
虞美人が死んだ後は、思わず泣いちゃったよ。呆然と悲しみに暮れる項羽の気持ちが伝わってきました。最後のシーンもちょっと髪の毛がもっさりしていましたが(あ、こら)本当によく演じられてたと思う。死に姿も綺麗でした!

虞美人(あやねちゃん)◆あまちゃき
アホなので、「アレ?そーいや虞美人て誰だっけ」みたいな感じで今日を迎え、パンフを開きあまちゃきだったことを知りました。ごめんねごめんね。おお、あまちゃきか!とウキウキ見てましたが、やっぱり上手かったです。顔立ちは少し幼さもあるのですが、なんだろうな。あやねちゃんとはまた違った虞美人で、可愛かったな。
虞美人が牢屋で語る言葉は、後々の展開を考えるととても重いものなんだな、ということに今日気づきました。そして最後の剣舞を舞うあまちゃきの表情がほんとに良くてさ。項羽のことを愛で満ちた目で見てるの。それなのに、彼女は逝ってしまうんだな。愛しているから逝ってしまった。泣いちゃったよー。

劉邦(えりたん)◆アキラくん。
本当に彼は舞台姿が映えますね!そして声がかっこいいんだな。ちょっとえりたんぽい感じもしたんですが、えりたんのかっこよさが盗めてるなら良いことだと思います。
2幕、状況説明だけでいきなり「俺はひとりぼっち…」という展開に入らなければならず大変だったと思いますが、そこはしっかり”孤独な劉邦”が演じられていて良かったです。そして戦いの決断を下した時、「ゆこう!!」と言った後物凄く辛いカオをしていて、ぐっときました!

范増(はっちさん)&張良(まっつ)◆いまっち&アーサー。
この二人、うまっ!!
いまっちのおじじ振りには前回も感心させられましたが、マジで上手いなこの人。登場時から「うまっ!!」とびっくり。しかも、ぶれませんでしたね。安定してました。
アーサーは、まっつの役本当にぴったりだと思います。何あのええ声二人。すかしたキャラが上手いんだアーサー。そして歌もちょっと最初は緊張気味っぽかったですがやっぱり上手い。
二人のシーンといえば、はんぞー先生の最期のシーンですが、あそこも良かったなあ。いまっちの「いけえー!!!」が痛すぎた。アーサーも痛い表情してて、切なかったです。
この二人は本当に見てて安心できました。そう思わせてくれるってすごいよなあ。

韓信(みわっち)&桃娘(だいもん)◆ネコ&みさきちゃん。
上にも書きましたが、二人ともマジでお疲れ。客に笑われながらも、すごく頑張った。特にみさきちゃん、まだまだ下級生やのにすごく肝が据わってるなー!と感心しました。
そして役の話ですが、実咲ちゃんむっちゃかわいかったです。やっぱり桃娘は可愛い女の子ポジションじゃないですか。それを普通にこなすだいもんすげえ。
ネコはイケメンでした。歌も上手いから、包容力パネエの歌も良かった!(だからタイトルが)

項梁/王翳(ふみかさん)◆ルナくん。
相変わらずむちゃくちゃ好きなカオのルナくんなのですが、そうか。ちょっと声がまだ出来上がってないので髭面の顔とギャップがありました(笑)
歌とか声とかがちょっとまだ出来上がってなくても、やっぱ良い顔するんだよなー。民衆の中での馬鹿の歌でめちゃくちゃ良い顔してました。でれでれ。しかもルナくんは正直に「鹿です」と言って処刑された人の役もしていて、「うわー!」とか言ってるのが可愛かったんだけどきっとこんな説明じゃ何も伝わらないだろうな!
最後の銀橋の歌は普通にいい感じで、オペラグラス愛で釘付けでした!

・王媼(梨花さん)◆くまちゃん。民衆の中に紛れて登場ですが、「誰だあのいきなり貫禄のあるお方は!」と思ったらくまちゃんでした。いやーんくまさーん。ま、悪いんですけどね!
・宗義(まりん)◆たそ、変態っぽくてウケた(笑)稚児を見る目がもう愛で過ぎで、大興奮(笑)そして宗義の格好してたらすごいいい感じのおっさんになってて良かったです。
・戚(れみちゃん)◆姫花ちゃん、久々にこりん星ヴォイスが聞けたーーーヾ(*´∀`*)かーわーいーいー!



色々大変な構成でしたが、お疲れヤンフラ!
本公演も、前楽いきます。ラストまとあやです(泣)
あやねちーん!

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する